シフトアップ:ステラブレードの今後の計画と新プロジェクト

0
22

韓国のゲーム開発スタジオ、シフトアップは、成功したゲーム「ステラブレイド」のPC版と続編を計画している。Gematsuによると、この情報は同スタジオが最近、韓国総合株価指数(KOSPI)に提出したIPO申請書によるものだという。さらに、シフトアップは「Project Witches」というコードネームの新しいクロスプラットフォームプロジェクトに取り組んでいる。

提出書類によると、Project Witchesは現在初期開発段階にあります。このゲームは、コンソール、PC、モバイルデバイス向けに、クロスプレイ機能付きでグローバルにリリースされる予定ですが、2027年までにはリリースされる予定です。 シフトアップは、プロジェクトウィッチーズを「勝利の女神:NIKKEを超える次世代のサブカルチャー知的財産(IP)」と説明しています。類似のサブカルチャーIPには、『幻神インパクト』、『本海スターレール』、『Fate/Grand Order』などがある。同スタジオは2024年、新たな雇用を迎えて開発を強化する計画だ。

ForステラブレイドPC版および続編が検討されており、正確なリリース日は未定。申請書には、”2027年以降のリリースを目指し、新規IPであるProject Witchesを開発中であり、続編と同様にPC版Stellar Bladeも検討している “と記載されている。シフトアップは、既存IPに依存する他のゲーム会社と比較して、成功する新規IPを開発する能力が、同社が持続的に成長することを可能にすると強調している


ステラブレイドの詳細

ステラブレイドは4月26日にプレイステーション5専用ソフトとして発売され、ソニー・インタラクティブエンタテインメントより配信されました。このゲームは、シフト・アップの期待以上の売上を記録しています。PC版や続編の可能性に加え、ダウンロードコンテンツやIPとのコラボレーションなど、新たなゲームプレイ要素も計画されている。シフト・アップ』は、一貫したゲーム体験を保証するため、全世界で同時にアップデートを配信するグローバルなアプローチを取っている。

この文書はまた、God of WarやFinal FantasyといったAAAコンソールタイトルが、それぞれ6,600万本以上、1億8,500万本以上を販売し、大きな可能性を示していることを強調しています。これらの成功は、シフトアップが高品質の続編を通じてステラブレイドの寿命を延ばし、長期的な収益基盤を構築するためのモデルとなります。

シフトアップの戦略は、既存のゲームを拡張するだけでなく、業界を形成することができる新しい革新的なIPを作成することに重点を置いています。Project WitchesとStellar Bladeの拡張予定により、当スタジオは将来の成長とゲーム業界における持続的な成功に向けて自らを位置づけています。