11.9 C
Berlin
土曜日, 10月 1, 2022

CoD MW2」の小さな赤い点をめぐる抗議の嵐、今度はGlobalESportNewsが開発者に聞く

Follow US

80ファンいいね
908フォロワーフォロー
55フォロワーフォロー

『モダンウォーフェア2』では、ミニマップが大きな反響を呼んでいます。特に競技シーンでは、過去の名作機能の復活を求める声が上がっています。

現在、開発元のInfinity Wardへの批判がSNSで山積しています。その骨子は、発売中の「CoD Modern Warfare 2」のミニマップです。

MW2ベータ版で開発者が現状を擁護した後、特に競技シーンやCoDインフルエンサーから怒りと失望が沸き起こりました。その内容を正確にまとめました。

ミニマップってなんだろう


『CoD モダン・ウォーフェア2』では、通常通り、画面左上にミニマップが表示され、マップレイアウトなど、目の前のゲーム環境の概要を把握することができます。以前のCoDパートでは、サイレンサーなしの武器を撃つと同時に敵もそこに赤いドットで表示されていました。

しかし、近年はこの機能が縮小されています。2019年からの「Modern Warfare」、2021年からの「CoD Vanguard」では、ミニマップにプレイヤーの発砲が表示されなくなった。赤い点は、CoDではキルシリーズ(MW2ではスコアシリーズもある)で獲得できる偵察ドローンがアクティブなときのみ利用可能でした。

現在発表されているもの


また、Modern Warfare 2の最初のベータ版週末には、プレイヤーが武器を発射した際にミニマップが赤い点で表示されないことがありました。その代わり、コンパスで撮影方向を読み取ることだけは可能です。

マップ上の敵を見るには、チーム内のプレーヤーが偵察用ドローン(UAV)をアクティブにしておく必要があります。開発元のInfinity Wardはこの原則を守り続けており、どうやらシステムを変更する気はないようです。Blogpost)の中で、メーカーはベータ版のフィードバックに触れ、こう書いています。

ミニマップ決定の背景には、射撃でプレイヤーを罰したくないという理由があります。ミニマップの赤いマークを追いかけるだけでなく、プレイヤーが積極的に射撃音の発生源を探さなければならないようにしたいのです。今後もこの問題に対するフィードバックを注視していきます

モダンウォーフェア2』で大きく進化したのはオーディオシステムで、足音から前作よりもはるかに正確に敵の位置を特定できるようになりました

批評家のコメント

Infinity Wardの声明後、この決定に対する批判が相次いでいます。どうやら多くのプレイヤーは、開発者がこの決定を修正し、赤いマーカーがついたクラシックなミニマップに戻ることを望んでいたようです。

しかし、今のブログの記事は、すぐに変化が見られないかのように読めます。特にYouTube、Twitter、Redditでは、コミュニティの意向を無視したInfinity Wardを非難する投稿が山ほどあります。

CoDのエキスパートとして知られるTheXclusiveAce氏は、「(開発者、編集部注)圧倒的な量の批判を浴びても、これだけ動けないようでは心外だ」

と書いています。

YoutuberのFrizzeyesは、「クラシックなミニマップは、Call of Dutyの初期から存在するものです」とコメントしています。なぜ、今まで問題なかったものを変える必要があるんだ?”

..

CoDファンサイトCharlieintelは、「ミニマップの赤い点が主流のゲーマーにとって否定的だと思われるなら、なぜInfinity WardとActivisionがそれに気づくのに15ものCoD部品を必要としたのか」と書いている。


批判は主に競技志向のCoDプレイヤーや、Call of Dutyを長く追いかけているインフルエンサーから寄せられています。赤い点がないことで、初心者やカジュアルなプレイヤーには使いやすく、マップを読み慣れた熟練プレイヤーにはクラシックなミニマップの良さが伝わるというのが、彼らの主張です。したがって、開発者は、新参者をあまり怖がらせないために、ここで意図的にハードコアファンをないがしろにしているのだ、と告発している。

反対意見もあるのでしょうか


すべてのプレイヤーがミニマップを大きな問題視しているわけではありません。シューターストリーマーのBuffNerdGamingは、「君たちはここでレッドドットについて怒っている」とややシニカルなコメントを寄せている。バトルフィールドのコミュニティが今どんな気持ちか想像できますか?」と、BF2042を取り巻く失望感を暗に示しています。

Thomas
Thomas
年齢: 31 出身地:スウェーデン 趣味:ゲーム、サッカー、スキー 職業:ネット編集者、芸能人

RELATED ARTICLES

新ポケモンはディグダに似ている~真紅と紫からの新バージョンはこうなる

任天堂から紫と深紅でできた新しいポケモンが登場しました。しかし、それはよく知られたディグダを強く想起させる。名前もそれにちなんでいるんですよ。 任天堂は2日、紫と深紅でできた新しいポケモン「シュリグダ」を発表しました。しかし、このウナギのようなポケットモンスターは、名前だけでなく外見も初代から馴染みのあるポケモンを彷彿とさせるようです。 このポケモンはディドガに似ていますが、シュリグダはポケットモンスター第1世代の子孫ではありません。少なくとも任天堂は、このウナギのようなモンスターが完全な新種であることを発表している。それでも似ているのは事実で、英名のWiglettもDiglett(Digda)とWiggle(wiggle)を組み合わせたもののようだ。 庭園のうなぎポケモン、ウィグレットに会える! ディグレットに似ていますが、まったく別の種類のポケモンです。ウィグレットは砂から体の一部を突き出して海で餌をとる。 ❤️💜 https://t.co/85oE3Bmcvm pic.twitter.com/poHuBru7gL- ポケモン (@Pokemon) September 29, 2022 。 新ポケモンの見た目は細長い白いディグダで、その名前からして常にふらふらしているような感じです。シュリグダはウミウシをモデルにしているようで、主に水中で生活しています。また、海底に垂直に埋まっている筒状のウナギに似ている。そのため、シュリグダも体の一部を砂から突き出して、海の中で餌を探します。ディグダとは異なり、純粋な水棲ポケモンである。

リアル系ハードコアシューター『Road to Vostok』のプレイアブルデモを公開

ハードコアゲームファンには、Steamで無料体験版を配信中のサバイバルシューター「Road to Vostok」がおすすめです。新トレーラーでは、開発元がその詳細を紹介し、あなたを待ち受けるコンテンツについて知ることができます。 ストーカーシリーズに登場しそうなシーンをご覧いただけます。ここでは、主人公は森の中の一見全く無人の場所を探索するが、最終的にはいくつかの敵から武力で身を守ることになる。その後、開発者がゲームの操作方法について詳しく説明し、予定されているロードマップを予告しています。 しかし、具体的にいつ頃発売されるかはまだ不明です。予定されているアーリーアクセス版の発売日、および製品版の発売日はいずれも未定です。

Google Stadiaがサービス終了、クラウドゲーミングが使えない–開発者でも知らなかった

クラウドゲームサービス「Google Stadia」は来年早々にサービス終了予定です。これは納得する人が少なすぎるような気がする。 GoogleStadiaでは、ゲーム機や最新のグラフィックカードがなくても、ユーザー:インサイドは高品質のトリプルAタイトルをプレイすることができました。しかし、Googleは木曜日に、わずか3年でクラウドゲームサービスを終了することを発表した。 Google Stadiaは、結局Googleが期待したほどうまく運営できなかった。(木曜日のブログ記事)Google Stadiaの副社長兼ゼネラルマネージャー、フィル・ハリソンは、選手からの関心が低いためサービスを終了すると発表しました:inside.。 しかし、ハリソンの投稿で初めてGoogle Stadiaの廃止を知った開発者もいるようです。中には、年内にクラウドゲーミングサービス向けの新作ゲームを計画していた人もいたようです。 GoogleがStadiaのプレイヤーに返金するのは素晴らしいことだが、どの開発者とも話すべきだったかもしれない pic.twitter.com/ZoXBy3vsMf- Paul Tassi (@PaulTassi) 2022 年 9 月 29 日| Google 。 また、Google Stadiaのユーザーは、Google Storeで購入したStadiaハードウェアの全額を返金します。同様に、スタディアストアを介して購入されたゲームやアドオンコンテンツもすべて返金されます。1月18日までは、ゲームソフトを図書館に返却することが可能です。 遅延は困難を招く。 Google...