10.9 C
Berlin
金曜日, 9月 30, 2022

CoD モダン・ウォーフェア2:ベータ版で初めて体験した7つのゲームプレイインサイト

Follow US

80ファンいいね
908フォロワーフォロー
54フォロワーフォロー

最初のベータ版週末を終えて、気に入ったところと気に入らないところをまとめてみました。CoD MW2』のマルチプレイはどのようなものですか?最初の評決はこちら!

我々はCoD Modern Warfare 2の最初のベータ版の週末に、皆さんのために戦場に飛び込み、初めて自分自身でマルチプレイヤーを試用しました。

まだ判断するのは早いですが、すぐに気になった重要なポイントを7つ挙げてみました。ベータ版の印象はいかがですか?記事の下にあるコメント欄に、あなたの経験や悩み、ポジティブな体験談を書き込んでください。

1.音が素晴らしい(そして戦術的!)


音響的には2019年のヴァンガードもモダン・ウォーフェアもすごく強かったけど、2022年のモダン・ウォーフェア2がそれを一蹴している。これは、Infinity Wardがゼロから開発したサウンドエンジンによるもので、ベータ版の最初の1秒から顕著です。ショットやリロードの音は豊かで極めてリアル、爆発音は低音と力強さを備えています。

しかし、足音はさらに顕著で、ついに音だけで人が前か後ろか、上か下かがわかるようになったのです。例えば、上の階の敵が猛スピードで走っていても、その足音で驚くほど正確に位置を特定することができます。

これにより、一般的にミニマップなどのUI要素への依存度が低くなり、リスニングが新たな戦術の武器になるのです。普段から耳を澄ませていれば、『ハント対決』や『レインボーシックス シージ』のように有利に進めることができますよ。

2.6vs6のマップデザインがより良くなっている


これまでのところ、3つの6vs6マップFarm18、Breenberg Hotel、Mercado Las Almasを広範囲にテストすることができ、今のところどれも納得のいくものでした。Infinity Wardはついに、過去の古典的ではっきりと読み取れる(しかししばしば退屈な)3レーンデザインと、Modern Warfare 2019の複雑でほとんど迷宮のような入れ子の間の非常に良い中間地点を見つけました。

(これまでのMW2のマップを見ていると、非常に好感が持てます。)
(これまでのMW2のマップを見ていると、非常に好感が持てます。)

数回のベータ版で、マップのレイアウトはだいたいわかったのですが、まだあちこちにショートカットなど微妙な発見があります。しかし、走路が明確で、カバーが感覚的に配置されているなど、ゲームの流れが明確に前面に出ています。

また、マップの色もカラフルすぎず、誇張されすぎず、強く印象的で、前作の灰褐色の泥がようやく個性を持つようになりました。

3.新しいゲームモードは全くエキサイティングです

『モダン・ウォーフェア2』のベータ版では、これまでに「ノックアウト」と「プリズナーレスキュー」の2つの新バリエーションをプレイしましたが、どちらも非常に驚きました。なぜなら、どちらも「ドミネーション」「チームデスマッチ」「コーエーテクモ」の高速ラン&アンパンと比べて、非常に心地よい気分転換になるからです。 そして、意図的にギアをシフトダウンしています。どちらのモードもミッションの目標を中心に構成されており、自動リスポーンもありません。チームメイトが助けに来てくれなければ、一人でも死んだらアウトなのだ。

(これまでベータ版ではSearch & Destroy(写真)、TDM、Domination、Knock Out、Prisoner Rescueがプレイ可能でした)
(これまでベータ版ではSearch & Destroy(写真)、TDM、Domination、Knock Out、Prisoner Rescueがプレイ可能でした)

エキサイティングなレースを演出します。仲間を助けるか、死んだ二人の敵を守るか、どっちがいい?ジーセルを確保するべきか、それとも脱出地点で解放者を待つべきか?

Rainbow Six』や『Counter-Strike』ならまだしも、『CoD』では突然、戦略的な問題を提起されました。もちろん、これによってMW2が本物のタクティカルシューターになるわけではありませんが、このレシピは驚くほどうまく機能し、モードのレパートリーを非常に豊かにしています。人質救出の最初の1ラウンドの様子をご覧ください。

4.新特典制度は不必要に複雑

CoDのマルチプレイでキャラクターに与えられるパッシブボーナス「Perks」は、MW2で全面的に見直されました。そして、ベータ版から判断すると、必ずしも良い方向には向かっていないようです 新システムの詳細については、『Modern Warfare 2』の全特典とストリークの概要でご紹介しています。

3つ目(ボーナスパーク)と4つ目(アルティメットパーク)が試合中の時間経過でしか発動しないのは、扱いにくくて間違っていると思うのですが、いかがでしょうか。これは、ゴーストのような必須アップグレードがラウンド開始時にロックされたままであり、初期のUAVドローンに対する解毒剤もなく、無防備な状態になってしまうからです。

 src=


武器のレベルアップはベータ版ですでに非常に満足感があり、新しい武器モデルのグラインドを大幅に軽減しています。その理由は簡単で、例えばM4を十分に遊んでM16をアンロックした場合、M4のアタッチメントがそのまま大量に引き継がれるからです–どちらも同じ系統の武器だからです。
スコアストリークとキルストリークの連携

6。
モダンウォーフェア2は、CoDの永遠の問い「キルストリークかスコアストリークか」に皮肉なく勇気をもって「イエス」と答え、的中させました。ベータ版では、これがどのようなものか、すでに非常によくわかります。メニューでは、ミサイル攻撃や空爆などの強力な報酬を、連続キルやミッション達成時のポイントとして集めるかどうかをボタンで選択するだけです。

チームで勝利を目指すのが好きな方、また狙いを定めるのが苦手な方でも、少しのスキルで攻撃ヘリを呼び出すことができます。また、撮影の新記録を狙う人たちのために、クラシックなシステムも残しています。

そして、その妥協が功を奏する。ベータ版では、どちらのシステムもほぼ同じように機能します。CoD MW2』では、プレイスタイルが大幅に広がり、ストリークの獲得方法をプレイヤーが完全にコントロールできるようになりました。

7.TTKがちょっと速すぎる


MW2は2019年のModern Warfareに似ている点が多く、それ自体はもちろん驚くことではありません。また、非常に短いTTKも復活し、数回のヒットで死に、銃撃戦はたいてい数瞬で決着がつきます。しかし、MW2のベータ版では、TTKがまだ少し速すぎると感じることがあり、1回しかヒットしていないのに、キャラクターがそのまま草むらに顔をつけて着地しているような感覚を味わうことがよくありました。

(MW2 の TTK は非常に速く、ほぼ全てのショットが瞬時に終わります。)
(MW2 の TTK は非常に速く、ほぼ全てのショットが瞬時に終わります。)

キルカムはこのような場合、少なくとも3発の弾丸を相手に命中させれば、オールクリアとなる。とはいえ、「MW2」では反撃するチャンスがないことが多いので、無力感は否めません。

このような不公平な状況を打開するためには、殺傷時間の最小限の調整で十分と思われる。批判はあるものの、「モダン・ウォーフェア2」は武器の挙動に関して、基本的に前作のレシピを改良していることも特筆すべき点でしょう。そして、そこではすでに一流のガンプレイが繰り広げられていたのです。

編集部評


モダンウォーフェア2のベータ版はとても楽しくて、翌日から待ち遠しいくらいでした。そして、それはシューターにとって非常に良い兆候だと受け止めています。要するに、ここで再発明されることはほとんどなく、むしろ「Modern Warfare」の基本的な枠組みが構築されているのです。

ほとんどの工夫がうまく機能し、感覚的に理解できる。新しいガンスミス、マップでの流れ、多彩なモード。しかし、いくつかの点で、この変更はあまりよく考えられていないようです。まったく完璧に機能していた特典システムを窓際に追いやり、紛らわしいアンロックシステムに置き換えるのはなぜでしょう?

一方、私が全く問題ないと思っているのは、批判も多いミニマップです。Vanguard』や『Modern Warfare』のように、サイレンサーを使わずに射撃した場合、そこに赤い点が表示されることはない。でも、正直なところ、ここ数年はそれでよくやっていけているんです。それに、歩数で選手の位置を特定できるようになったので、よりカッコよくなりました!

RELATED ARTICLES

PCでも発売されているPS5/PlayStation4向け専用ゲームソフトを一挙公開

プレイステーションのゲームには、PCからコンソールへの移行を懐かしく思わせるものがあります。PC版が発売されている、または発売予定のタイトルはこちらでご確認ください。 近年、PCゲームの市場は、かつてのプレイステーション専用ソフトが続々と登場し、充実しています。直近では、例えば2018年の『ゴッド・オブ・ウォー』はPCに移植され、見事に好評を博しましたね 現在PCで入手できるゲームと、今後それに続くタイトルが一目でわかるように、このリストを作成しました。Playstation 4または5で発売され、PCに移植された、または移植される予定のすべてのゲームを収録しています。」の3つのカテゴリーに分類しています。 既に存在するPC用プレイステーションゲーム PC向けが発表されたプレイステーション用ゲームソフト PC向けに発売されるかもしれないプレイステーション用ゲーム これらのゲームはPCで発表されました。 ラストオブアスリムThe Last of Us Remake (ジャンル:アクションアドベンチャー - プレイステーション発売日:2022年9月2日(PS5) - PC発売:不明) (ジャンル:アクションアドベンチャー、&nbspK(Genre) 長い間待たされました:ソニーは2022年6月にサマーゲームフェスタの一環として「The Last of Us」をPCでも発売すると発表したばかりです。すでに9年前の作品ですが、グラフィックやゲーム性を向上させた完全なリメイク版として発売される予定です。The Last of...

オーバーウォッチ2を何時間もプレイ。そうでない続編

長らくお待たせした『オーバーウォッチ2』が完成しました。ヒーローシューターを事前に幅広くテストさせてもらった 数年前に「いつかオーバーウォッチ2を試せるよ」と言われたら、たぶん歓声と楽しみが止まらなかったと思うんです。今日、状況は変わっています。オーバーウォッチに対する基本的な熱意が変わったわけではなく、オーバーウォッチ2の評価がクソ難しいからです。 オーバーウォッチ2」は、そのまま発売されるわけではありません。その代わり、『オーバーウォッチ1』でおなじみの通常のマルチプレイヤーモードが、いくつかの変更とFree2Playモデルとしてリリースされるだけです。 この数日間で、新しいヒーロー、マップ、バトルパスを含むこのマルチプレイヤーモードをプレイすることができましたので、最初の結論をお伝えします。最終的な評価は、通常通り、実使用環境下でリリースをテストできた後に行います。 オーバーウォッチ2は新規参入に有効か? 詳細や前作との比較の前に、「オーバーウォッチ2」が新規プレイヤーにどれだけ有効かを簡単に説明しよう。Free2Playモデルのおかげで、今ではたくさんのヒーローシューターの新人が待っているはずだからだ。 『オーバーウォッチ2』の良さは、わかりやすいが、使いこなすのが難しいことだ。基本はすぐに理解できますし、『Counter-Strike』などのシューティングゲームと違って、初見で散布パターンを覚えたり、難しい操作をマスターしたりする必要はありません。豊富なヒーロープールと多くのモードのおかげで、誰にでも適したキャラクターが存在します。 格ゲーでは状況が異なるようです。オーバーウォッチ2』は、前作と同じとは言わないまでも、多くの面で似ているので、『オーバーウォッチ1』をすでにプレイした人は、新規の人と比べて知識面で有利に輝けるでしょう。ここでは、何百時間もの経験を積んだ相手と、新参者として勝負しなければならないのです。 新しいマップとモード、古いゲームプレイ。 すでに「オーバーウォッチ1」をプレイしている人なら、「オーバーウォッチ2」でも違和感なく楽しめるだろう。ほとんどのモードとマップが前作からそのまま引き継がれ、少しばかり洗練されたものになっているからだ。例えば、旧マップにはより詳細な情報が記載されていますが、これらはゲーム体験に影響を与えるものではありません。 6つの新マップは、感覚的かつ有機的にプールにフィットし、前作と同様に細部まで美しくデザインされています。また、ゲームプレイの面でも十分なバリエーションが用意されています。ミッドタウンでは狭い都会の渓谷で戦うことになりますが、モンテカルロのサーキットロイヤルはもっとオープンに設計されており、隣接するショップが十分なカバーと側面攻撃を提供し、対戦相手を驚かせることができます。 サーキット・ロイヤルの周辺を散策してきましたので、新マップのイメージをつかんでください。 6つの新マップのうち3つは、新しいプッシュモード専用にデザインされています。このモードでは、敵の基地にバリケードを押し込むロボットの操作権をめぐって、相手と争います。自チームがロボットの位置にいれば、自分のバリアを敵の基地に押し込み、敵に制圧されれば、一転して敵のバリケードを自分の基地に押し込む。バリアがより相手の拠点に押し込まれたチームが勝者となる。 プッシュモードはなかなか楽しいのですが、プレイしてみると、すでにおなじみのペイロードエスコートとテリトリーコンクエストのハイブリッドモードという印象が強いです。まだ1つのモノを奪い合うだけなので、あまり革新的とは思えません。従来のマンネリ化を打破し、複数の目的を同時に持ってプレイする機会を、ここで見失ってしまったのです。 六つのうち五つを作る。 目的を1つに絞り続けるという判断は、新しいチームのコンステレーションによるものでもあるのでしょう。オーバーウォッチ1』では5人で協力していましたが、『オーバーウォッチ2』ではチームサイズが縮小され、12人から10人で試合に臨むことになりました。固定ロールモードでは、戦車は2台ではなく1台だけということになります。 最初は細かい変化にしか聞こえなかったものが、ゲーム全体に大きな影響を与えるのです。2台の戦車のシールドを3日間も撃ち続けるのではなく、よりスピーディーで慌ただしい試合が展開されるようになりました。ポジションは常に変更され、試行錯誤した戦略も見直されなければならない。特にヒーラーは今まで以上に敵のダメージディーラーに狙われやすくなり、タンクは必死に前線を形成し、お尻を守ろうとするため、今まで以上に大変です。 チームメンバーがいなくなることで『オーバーウォッチ』はよりダイナミックになりますが、これまでプレイした感想によると、現状ではバランス調整に問題があるため、よりフラストレーションがたまるとも言われています。ヒーラーはすぐに倒れてしまうし、タンクはスタミナに大きな差が出る。Blizzardが今後もこれに取り組み、問題を解決していけば、小規模なチームは、『オーバーウォッチ』が切実に必要としていた新鮮な空気の息吹をようやくもたらすことができるでしょう。 新しいヒーロー、新しいトリック、新しい問題。 バランス問題は新ヒーローや既存ヒーローの作り直しにも関係しています、ここでは開発者が多くのことをねじ込んで変えてしまったからです。 ダメージディーラーだったDoomfistはタンクに、Orisaは槍に対して盾を放棄、Bastionはタンク形態で移動できるようになり、Cassidyはスタングレネードの代わりにスティッキーボムを投げられるようになった。これらの能力や変化には、まだ少し揺らぎを感じるものも少なくありません。例えば、現状ではドゥームフィストが強すぎる印象がありますし、キャシディのグレネードはほとんど目立ったダメージがありません。 新ヒーローのソジャーヌ、ユンカークィーン、キリコの3人はよく考えられていると思います。3つとも練習が必要ですが、ヒーローに新たな能力と戦術的な操作を追加します。例えば、キリコの場合は、壁の後ろに隠れて、気づかれないようにチームメンバーを回復することができますし、ソジャンの場合は、遊びで我が家の寄木細工の床を渡る猫のようにマップを滑って、難しいターゲットを提供することができるのです。 戦利品より買い物。 しかし、『オーバーウォッチ2』のイノベーションで最も議論を呼んだのは、マネタイズモデルであることは間違いないでしょう。オーバーウォッチ2』は無料で遊べるので、冒頭で述べたように、ゲーム内にはショップやバトルパス、各種通貨が存在します。一方、前作から知られていた戦利品ボックスは削除されました。 お店自体は比較的シンプルです。様々なバンドルオプションのある概要ページに加え、ショップは季節やeスポーツのオファーに分かれています。just for youのページは、に続くものです(開発者談)。 オーバーウォッチリーグのオファーは前身で既に存在していた。ここでは、主要なeスポーツチームのカラーのスキンや、個別の特別なスキンを購入することができます。いわゆるリーグトークンでの支払いです。特別なスキンは15ユーロまたは300トークン相当です。各チームカラーのスキンは、7.50ユーロ(150トークン)相当です。 Battle.netのアカウントをTwitchに接続し、そこでeスポーツの公式試合を観戦している場合もトークンを入手することができます。1時間に5トークンを獲得できます。つまり、チームカラーのスキンを手に入れるには『オーバーウォッチ リーグ』を30時間、スペシャルスキンを手に入れるには60時間視聴する必要があるのです。それは決して安くない。 季節ごとに変わるショップには、様々なコスメアイテムが並んでいます。ここではオーバーウォッチコインで支払いますが、100コインはおよそ1ユーロのリアルマネーに相当します。また、ウィークリーチャレンジを達成することで、少量のコインを集めることができます。現在、1週間で約60枚のコインが必要です。現在、スキンを個別に購入することはできませんが、スプレーやハイライトのイントロなどの特典が付いたバンドルとしてのみ購入することができます。 リーグ・オブ・レジェンドのようなFree2Playのショップも同じように高額なのですが、それでも酸っぱい味が残っています。オーバーウォッチ1』で定期的にプレイしていた人は、より多くの報酬を得ることができました。Blizzard社のHearthstoneも、チャレンジの報酬に関してははるかに寛大ですが、コレクティブカードゲームはコスメティックアイテムだけが目的ではありません。 ポジティブな面では、「オーバーウォッチ2」は前作のようなギャンブル的な要素を排除しています。戦利品ボックスを引くことはなくなり、自分が最も興味を持ったバンドルを購入することができるようになったからです。 良い点:ヒーローの外見にこだわらなければ、『オーバーウォッチ2』では基本的にお金をかけた人と同じゲーム体験ができます。ただし、これから述べる重要な例外があります。 Bellyache of the Battle Passショップと同様、季節限定のバトルパスもコスメティックアイテムが中心です。これは2つのレベルに分かれています。無料のバトルパスと、その有料のプレミアムモデルで、10ユーロ相当で購入することができます。 無料モデルでは、5レベルごとに化粧品報酬がアンロックされ、レベル55で新ヒロイン「キリコ」が登場します。プレミアムバージョンをお持ちの方は、レベル毎にコスメティックリワードを受け取り、シーズン中20%の経験値ブースターが付与され、新ヒロインをすぐにアンロックすることができます。 レベルアップできるバトルパスのレベルは全部で80。各レベルには10,000の経験値が必要です。平均して、1試合につき約1,000ポイントの経験値を得ることができます。デイリークエストをクリアすると、ボーナスポイントがもらえます。 バトルパスを全てプレイするには、80万点の経験値が必要です。ヒーローチャレンジなど、まだすべてのチャレンジがアンロックされていないため、どれくらいの期間で獲得できるかは、まだ予想がつきません。しかし、すでに一つ言えることがあります。フリーパスでレベル55の新ヒロインをアンロックしようと思ったら、相当なプレイが必要になります。 新しいヒーローを逃したり、バトルパスでアンロックできなかったりしても、後のシーズンでチャレンジやショップでアンロックすることができます。 そして、まさにここが難点です。今までは常に新しいヒーローが誰でも使える状態でしたが、人工的な壁ができたことで、特にRankedモードではさらにエキサイティングになる可能性があります。例えば、新しいヒーローやヒロインが特に強いとしたら、そのヒロインをリアルマネーですぐにアンロックした人は、目に見えて有利になります。 例えば、競合の『League of Legends』ではよく批判される点ですが、新しいチャンピオンは発売直後に特に強くなる傾向があり、待つよりもリアルマネーでこのチャンピオンを購入しようというインセンティブが生まれます。オーバーウォッチ2」でもそうなる恐れがあります。 オーバーウォッチ2は続編ではありません。 オーバーウォッチ2が前作と比較して何を提供し、どのような変化をもたらしたかを測定すると、単に良心的に続編を語ることは不可能であり、後継作品の評価を本当に難しくしています。グラフィック面でもゲームプレイ面でも、「オーバーウォッチ2」というタイトルを正当化するような大きな変化はありません。待望のCo-opモードなど、重要な機能が欠落しているだけです。 しかし、これは「オーバーウォッチ2」が悪いゲームであるということではなく、それどころか、「オーバーウォッチ2」は、「オーバーウォッチ2」であることを意味します。ヒーローシューティングゲームは、今でも素晴らしくスムーズなプレイが可能で、最初の対戦から驚くほど楽しいです。シーズン」のおかげで十分な量の新鮮なコンテンツが一定間隔で追加されれば、「オーバーウォッチ2」は「オーバーウォッチ1」が常に望んでいたものになるかもしれません--しかしそれは、第1部のアップデートでも原理的に実現できたはずです。 Editor''sVerdict。 私にとって、Overwatchは、仕事終わりのリラックスしたプレイと、Rankedで再び運試しをしたい衝動が混在する、完璧なゲームです。多彩な能力を持つヒーローたち、美しくデザインされたマップ、個々のキャラクターのバックグラウンドストーリーなど、ヒーローシューティングゲームが持つポテンシャルの高さがうかがえます。最終的にストーリーを進めるはずのCo-opモードが2023年まで発売されないのが、より一層悲しいです。 正直なところ、『オーバーウォッチ2』は前作を大きくアップデートして、キャンペーンも有料DLCにしたほうがお客さんに喜ばれたのではないかと今でも思っているんです。しかし、「オーバーウォッチ」が立ち直るためには、この第2部というキックスタートが必要だったのかもしれません。少なくとも、予定されているアップデートやシーズンは、かなり期待できそうです。しかし、『オーバーウォッチ2』は、長期的に前作の失敗から本当に学んでいるのか、まだ証明できていない。 」。

CoD MW2』における「レイド」とは?新しいCo-opモードは現在完全に水面下で進行している

レイドにより、『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』に新しいタイプのCo-opモードが導入される予定です。これまでの情報は、こちらでご確認ください。 先日お披露目されたばかりの「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2」のマルチプレイですが、オープンβではとんでもない数のプレイヤーが手を貸してくれました。だから、あまりにも殺傷時間が短いとか、3Dスポットがないとか、いろいろな話題が出るのは当然です。それに対して、まったく新しいCo-opモードであるレイドについては、ほとんど話題になっていません。しかし、公式情報やインサイダーは、すでにその中身を知ることができるのです。 先日お披露目されたばかりの「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2」のマルチプレイですが、オープンβではとんでもない数のプレイヤーが手を貸してくれました。だから、あまりにも殺傷時間が短いとか、3Dスポットがないとか、いろいろな話題が出るのは当然です。それに対して、まったく新しいCo-opモードであるレイドについては、ほとんど話題になっていません。しかし、公式情報やインサイダーは、すでにその中身を知ることができるのです。 モダンウォーフェア2におけるレイドとは? これまでのところ、Modern Warfare 2のレイドに関する公式情報はほとんどなく、マルチプレイヤー公開ブログの記事にはこう記されているだけです。 "レイド "は、『モダン・ウォーフェアII』のプレイヤー:インサイド向けに発売後今年後半に決定した、ゲームシリーズにとって全く新しい体験となるものです。激しいバトルの合間にチームワークと戦略的思考でパズルを解く、3人:inのCo-op体験ができます" この説明で、新しいゲームモードがどのようなものになるのか、おおよその見当がつきます。3人組でAIと戦い、おそらくいくつかのパズルを解くことになりますが、著名なインサイダーのTom Hendersonは、レイドについてさらに多くのことを発見したと主張しています。 この説明で、新しいゲームモードがどのようなものになるのか大まかにはわかりますが、3人でAIと戦い、おそらくいくつかのパズルを解くことになるでしょう。有名なインサイダーのTom Hendersonは、レイドについてさらに多くのことを発見したと主張しています。 トム・ヘンダーソンによる「レイド」の詳細。 (ヘンダーソン氏がウェブサイトInsider Gamingでレポートしています) of further details...