Stephan by Stephan in
Valorant

人気シューター『VALORANT』は、ソロキューでの待ち時間中の占領と、ボットを使った練習という2つのことが欠けています。どちらの機能も将来的にはRiot GamesのFPSに追加される可能性があります。ライオットゲームズのソフトウェアエンジニア “tehleach “が明かす。

ユーザーkryptic6868氏のredditスレッドで、Riot Gamesの社員から新たな情報が出てきました。ソフトウェアエンジニアの “tehleach “氏は、『VALORANT』の開発者が待ち時間にソロキューにデスマッチを含めるソリューションに取り組んでいることを明らかにしています。

“行列の間にデスマッチをプレイするのも我々がやりたいことです “とtehleach氏は語り、将来的にソロマッチの間にデスマッチモードのオプションがあるかもしれない理由を説明しています。”まずは既存の試合に選手が参加できる技術を開発しなければならない” デスマッチが長く続き、選手がデスマッチ中に行ったり来たりすることが重要だという。そうでなければ、問題のデスマッチは、プレイヤーがソロゲームに参加するとすぐに人手不足になってしまいます。

“私のチームはこの技術を開発するための準備をしています “とtehleachは強調しています。しかし、VALORANTのプリセットがプログラムされているため、ロビーが満杯になるとすぐにプレイヤーが直接ソロマッチを開始できるようになっているので、それは大きな努力だと彼は言います。”これらの要件を破るには、多くの作業が必要です。”とTehleach氏は言います。

また、予定されているデスマッチ機能に加えて、個人戦でのボット導入の可能性についてもtehleach氏は語っています。”ボットに質問することは、ゲームを覚えるのに最適な方法です。”とtehleach氏は言います。現在、ボットはチュートリアルと同じように動作しています。tehleach氏によると、ボットをインテリジェントにプログラムするのは難しいだろうという。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply