3.5 C
Berlin
月曜日, 12月 5, 2022

チームニンジャ、デッドオアアライブのリブートを確認

Follow US

80ファンいいね
908フォロワーフォロー
53フォロワーフォロー

Team Ninjaは韓国G-Star Conferenceの基調講演で、同社の格闘ゲーム「Dead or Alive」のリブートが進行中であることを明らかにしました。

開発者のTeam Ninjaは、Dead or Aliveのリブート版が制作中であることを明らかにしました。このDead or Aliveの発表は、韓国・釜山で開催されたKorea G-Star ConferenceでのTeam Ninjaのキーノートの最後に行われました。

この有名な格闘ゲームフランチャイズは、1996年の初代『デッド オア アライブ』に端を発し、以来、メインシリーズで合計6作、さらに複数のスピンオフ作品によって人気を高めてきました。2019年に発売された『デッドオアアライブ6』は、それ以降フランチャイズの新作が発売されていないため、現在最も新しい作品となっています.


の3つです。

基調講演では、開発スタジオの様々な側面を説明し、最後に「Dead or Alive」と「Ninja Gaiden」のリブートが予定されていることを明かしました。この発表方法はこれまでのTeam Ninjaの発表と同様で、Team Ninjaは現在Dead or Aliveのリブートを制作中であることを発表しましたが、それ以外の詳細については一切明かしませんでした。今のところ、リブート版の発売プラットフォームや発売時期などの情報はありません。

..

G-Starカンファレンスは韓国最大のゲーム産業展であり、韓国や東南アジアの著名な開発者が登場し、プレゼンテーションや発表を行うことがよくあることである。そのため、Team Ninjaにとって、人気格闘ゲームのリブート版についてファンに知らせる絶好の機会だったのです。Dead or Alive』シリーズでは、ゲーム内で髪の色を変更するためにプレイヤーを課金するなど、最近の失敗もあり、今回のリブートは、プレイヤーとの関わりとフランチャイズへの好感度を新たにする重要な一歩になるかもしれません。

リブートにはリスクが伴いますが、「デッド オア アライブ」のようなクラシックな格闘ゲームであれば、懐かしさのあまり多くのファンがゲームを買ってくれる可能性があります。オリジナルの『デッドオアアライブ』をプレイしたことがない新規プレイヤーにとっては、改良されたリマスター版でフランチャイズのルーツに立ち戻るチャンスとなります。

最近、Dead or Aliveのディレクターである新堀洋平氏が退任したため、リブート版ではシリーズの評判に見合うものができないのではと心配するプレイヤーもいるかもしれません。しかし、Team Ninjaがオリジナルのゲームに劇的な変更を加えない限り、ファンは心配する必要はないだろう。

デッドオアアライブ』リブート版は開発中です。

RELATED ARTICLES

Steamの新作:今年最も魅力的な建設ゲーム、今週リリース

今週は、今年、いや、史上最も魅力的な建築ゲームを含む、エキサイティングなゲームが多数Steamに登場します 年末直前、Steamは盛り上がりを見せています!今週もエキサイティングな新作ゲームが目白押しです。先週のビッグネームが抜けていますが、だからといってつまらないわけではありません。特に、建築ゲームやストラテジーゲームのファンは、今週、多くの楽しみを得ることができるだろう。 今週のハイライト:Dwarf Fortress。 (ジャンル:建築戦略 ・開発元:ベイ12ゲームス ・発売:2022年12月6日(火)) DwarfFortressはTarnとZach Adamsの兄弟のライフワークで、彼らは16年以上メガプロジェクトに取り組んでおり、本人たちもまだ半分も終わっていないと認めています。 名前に惑わされないで。ドワーフや要塞を作る話もありますが、建築ゲームはファンタジーの世界全体とそこで起こることすべてをリアルにシミュレートしたいんです。 ゲームを起動するたびに、数千年の歴史と数百の文明、キャラクター、動物、モンスターを含むゲーム世界が初めて生成され、ドワーフたちと一緒に基地を建設して、さまざまな危険から身を守らなければならなくなります。 DwarfFortressには熱狂的なファンが多く、Rimworldのような精神的後継者が、この途方もなく詳細なシミュレーションのほんの一部しか持っていないことも一因です。 一例:バトルでは、ドワーフのスキルだけでなく、ヒットしたときの体の部位や鎧や武器の材質なども計算に含まれます。 さらに、このゲームはクレイジーなストーリーで知られています。例えば、ドワーフの戦士が戦場の真ん中で子供を産み、それを抱き上げて襲ってくるゴブリンの頭蓋骨を叩き割ることができます。 DwarfFortressはその複雑さゆえに学習曲線が非常に急ですが、Steam版ではチュートリアルによってより簡単に始められるはずです。 今週の追加リリース|日本経済新聞社 12月5日(月) (カフェオーナーシミュレーター)。プレイウェイのシミュレーションがない週はないでしょう。今回はポーランドの出版社が、あなたをカフェのオーナー兼店長にします。 (スペースレック)です。Falloutにインスパイアされた、アイソ視点の終末期ロールプレイングゲーム。 12月6日(火)。 (ハローネイバー2)です。この徹底的に不気味なステルスゲームでは、再びおせっかいなガキとして、怪しい隣人の秘密を明るみに出す必要があります。 (アサシンクリードヴァルハラ)です。バイキングシナリオを採用したACシリーズ最新作がユービーアイソフトのコネクトランチャーからSteamに登場!|theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう (Knights of Honor 2):Medieval: Total Warに非常によく似た、中世ヨーロッパを舞台にした4Xグローバル戦略ゲーム。 (パラゴン:オーバープライム)です。Epic Gamesの失敗作であるサードパーソンMOBA『Paragon』が、新たな開発者のもと、今度はSteamで復活することが明らかになりました。 (イクシオン)です。イクシオン』では、あなたは常に成長し続ける巨大な宇宙ステーションのボスなのです。 (Hubris)です。すべてのVRゴーグル所有者のための、本当にきれいなSFシューティングゲームです。 (ゾンビキュアラボ)です。ドイツ発、もうひとつの建設ゲーム。ここでは、ゾンビを最終的に人間に戻すための巨大な研究所を建設します。しかし、それまでは多くの時間と、新しい技術の研究が必要です。 (チェインエコーズ)です。ルフィア』や『ファイナルファンタジー6』、『クロノ・トリガー』など、昔のスーパーファミコンのRPGがお好きなんですね。このレトロなロールプレイングゲームは、ドイツ人のマティアス・リンダという開発者がすべてプログラミングしています。 12月8日(木)。 (サムライメイデン)です。戦国時代にタイムスリップした女子高生が、骸骨侍や悪党と戦うJRPGです。 (ソーラーアッシュ)です。ハイパーライトドリフター』メーカーが贈る新たなアクションアドベンチャー、その名も『』。 12月9日(金)。 (チュウチュウチャールズ)です。このサバイバルホラーゲームでは、シャルルという名の悪魔のような列車があなたを追いかけてきます。チャールズはクモの足、あなたはマシンガンと火炎放射器を持っています。特にジェラルディンは、発売を心待ちにしています。 ##(##stalcraft##)。Starcraftのクローンではなく、Stalkerにインスパイアされたチェルノブイリ地帯のシューターMMOがここに待っているのです。10月に行われた前回のオープンベータでは、異様なビジュアルにもかかわらず、プレイヤーから非常に好評を博しました。次のFree2Playの大ヒットはここで待っているのか? 今週楽しみにしている新作ゲームは何ですか?コメントをお寄せください!

フォートナイト』の「ウィッチャー」:チャプター4でゲラルトが参戦!アンロックする方法はこちら

フォートナイトは様々なお馴染みの顔をスキンにすることで知られています。今度は『ウィッチャー』に登場する伝説のモンスターハンターの番だ! 正直に言えば、ゲラルトもカラフルなバトルロイヤルの世界「Fortnite&nbsp」に吸い込まれるのは時間の問題でしたね。 2022年12月4日の第4章発売により、今や全く新しいゲーム世界が明らかになっただけでなく(第3章「Shattered」のフィナーレで旧マップが壮絶にボロボロになった後)、もちろん多くのスキンが登場します。 ゲラルト・オブ・リーヴァ(『ウィッチャー』より マーベルコミックよりハルク ドゥームゲームからドゥームスレイヤー 予告編で全員を見分けられるか?動画はこちら:|日本経済新聞社 ゲラルトのアンロック方法 教養あるロールプレイングゲームファンにとって、ウィッチャーの衣装はもちろん肝心なところです。でも、その衣装はどうやって手に入れるのですか?ゲラルトの愛称で知られる悪名高き白狼をプレイするには、フォートナイト第4章の新しいバトルパスが必要で、これには通常通り950V-Bucksの価格がついています。 ただし、ゲラルトをアンロックするには、バトルパスのステージを登るだけではダメなのだ!ゲラルトをアンロックするには、バトルパスのステージを登る必要があるのだ。シーズン65日目から発動するチャレンジの裏には、ウィッチャーの主人公が隠されています。 わかりやすく言うと、2023年2月7日から、バトルパスを持っていれば、該当のクエストを受注・達成できるようになるということです。どのようなクエストなのかはまだ正確にはわかっていませんが、これまでのBattle Passの隠しスキンのタスクは比較的シンプルで、法外なグラウンドは必要ありません。 以下のアイテムは『フォートナイト』のゲラルトセットに含まれます。 ゲラルト・オブ・リヴィア(衣装) ウィッチャーの鋼鉄剣(収穫用具) ウィッチャーの武器(バックブリング) ゲラルト・オブ・リヴィア(ロード画面) イグニサイン (エモート) マッスルメモリー(スプレー) ゲラルトの背中にある象徴的な双剣も含め、「フォートナイト」で「ウィッチャー」らしさを存分に味わってください。 あ、ついでに(というか、このニュースを見逃してしまった人のために)。12月にも発売される『ウィッチャー3』のNextGen版、中でも多くの人がつまずいたゲームプレイのディテールを変更!

Dragon Age: Dreadwolf』新アニメーショントレーラーを公開

昨日、BioWareとEAはDragon Age: Dreadwolfの新トレーラーを発表しました。これは、敵役であるソラスの物語です。 週末には、BioWare社、EA社、そして多くのファンが、人気ビデオゲームシリーズを祝う「Dragon Age Day」を開催しました。これに伴い、開発元とパブリッシャーから『Dragon Age: Deadwolf』の新トレーラーが発表されました。このアニメーション映像では、敵役であるソラスの物語に焦点をあてています。 『ドラゴンエイジ:インクイジション』とその拡張版『トレスパサー』をご存知の方は、エルフの運命についてすでにご存知のはずです。 既に知っているのに、なぜソラスの物語が再登場するのか?ひとつは、『Dragon Age: Inquisition』が2014年に発売されたからです。したがって、その記憶はすでにまた曇っているものもあるかもしれない。一方、EAとBioWare社は、Dragon Age: Dreadwolfがすでに経験のあるプレイヤーと新しいプレイヤーの両方を対象としていることをすでに発表しています。 Dragon Age: Dreadwolfは、おそらく2023年末にPC、PlayStation 5、XboxシリーズX/S向けに発売される予定です。