4.4 C
Berlin
月曜日, 11月 28, 2022

CoD MW2】YouTuberが1キルもせずに最大レベルに到達!その仕組みとは?

Follow US

80ファンいいね
908フォロワーフォロー
53フォロワーフォロー

YouTuberのThatFriendlyGuyは、おそらく他の誰もやらないようなコールオブデューティをプレイしています:Modern Warfareでは、一度もキルせずに最大レベルに到達しています。

コールオブデューティーのマルチプレイでは、モードやプレイスタイルに関係なく、同じことをされる前に他の全員を撃ち殺すということが重要なのです。相手の方が速ければ、また最初からやり直しです。

YouTuberのThatFriendlyGuyは、最新のビデオで、より平和的に行うことも可能であることを示しました。彼はModern Warfare 2の最大レベルに24時間以内に到達し、しかも一度もキルすることなく達成したのです。でも、具体的にどうやったんだろう?

その名の通り

ThatFriendlyGuyは、もちろん、できるだけ平和的にゲームを完了させることに慣れているわけではありません。このYouTuberは、例えば、抽出/略奪シューティングゲーム「Escape from Tarkov」において、武力ではなく両手を広げて敵と対峙することでも知られています。

Modern Warfare 2』では、先日MrFriendlyGuyが同様の企画を敢行しました。なんと、このYouTuberはわずか23.5時間のプレイで、プレイヤーを撃墜することなく最大レベルである55に到達してしまったのです。それも最終的な勝敗と、たった2,678回の死闘で…

..

(彼の戦術):ThatFriendlyGuyが何よりも重視したのは、Modern Warfare 2のマルチプレイヤーモードでミッション目標をプレイすることだった。そのためには、ハードポイントが最も適していたのです。ここでは、プレイヤーは特定の、それに応じて激戦区にいる限り、実際のチームのためにポイントを集めることができます。

(彼の装備、特典、ストリーク報酬):もちろん、Modern Warfare 2の武器庫はThatFriendlyGuyの目的にはあまり適いませんが、それでもYouTuberは彼が探していたものを見つけることができました。展開シールドとデコイグレネードのおかげで、敵はThatFriendlyGuyを戦場から消し去ることが難しくなった。このルアーは、YouTuberがXPを集めるのに役立ちました。

ダブルタイム(より長い戦術的スプリント)、冷血(AIと赤外線画像に見えない)、エクストラタクティカル(追加アイテム)、オーバークロック(第2フィールドのアップグレード)の特典により、ThatFriendlyGuyもより俊敏で戦術的に行動できるようになりました

..

最後に、ThatFriendlyGuyはキルストリークではなく、スコアストリークを使用した。その際、相手を爆撃するのではなく、UAVや空中投下で自軍をサポートした。平和主義者コールオブデューティーのプレイヤーは、この方法で、ほぼ日常的に、試合でランキングトップ3に入ることができました。

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2でのMrFriendlyGuyのプレイスタイルをどう思うか:彼のようなチームメイトをチームに迎えたいと思うか?コメントで教えてください!

Stephan
Stephan
年齢: 25 才出身地:ブルガリア 趣味:ゲーム 職業:オンラインエディター、学生

RELATED ARTICLES

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』、サッカー選手の新オペレーターをトレーラーで公開

サッカー選手がアサルトライフルを持つ?最初は不思議に思うかもしれませんが、『Modern Warfare 2』ではそれが可能になるのです。ワールドカップを機に、新たに3社のオペレーターがシューターに加わりました。有名なキッカー、ネイマール、ポグバ、メッシです。 各オペレーターは発売と同時にショップで購入可能で、価格は各2400CoDポイントです。ネイマールは11月21日から、ポグバは11月25日から、メッシは11月29日から発売される予定です。全事業者の概要とロック解除条件はこちら(はこちら)でご確認いただけます。

邪馬台国:カルト俳優ダニー・トレホもワイルド・ウェストゲームに参戦

11月末より、ファンタジー版ワイルドウェストでヴァンパイアハンターとして「Evil West」をプレイできるようになりました。そして今回、映画『デッド イン トゥームストーン』や『アウトサイダー』などで知られるカルト俳優、デニー・トレホがシューティングゲームの予告編に登場しました。 これは、ゲーム業界に極めて広く普及している、戦利品ボックス、シーズンパス、ゲーム内通貨などのマネタイズ手法を揶揄したものです。しかし、トレホはこれにほとんど興味を示さず、ただゲームをしたいだけだと怒る。そこで、『Evil West』のアクションシーンをご覧いただきます。

Warzone 2.0の空飛ぶ船 – ハッカーがまたやるのか?

飛行体を使ったチートはWarzone 1から既に知られています。現在、Call of Duty: Warzone 2.0でも苦戦しているようです。 コールオブデューティ:ウォーゾーン2.0もハッカーから免れることはないようです。前作はすでにチーターに大苦戦していました。この運命は、後継者にも降りかかる恐れがある。Activisionの最新バトルロワイヤルでは、ボートが空に浮かぶことがあります。 Warzoneにはハッカーが散見された。そこには、多種多様なチートが定期的に登場した。今年初め、カルデラマップのバトルロワイヤルで空飛ぶ車が復活しました。その前に、Verdanskで初めてハックが登場した。今度はこのチートが続編にも登場するようです。 ユーザー「Co2Scorpick」さんは、木曜日にRedditで、Warzone 2.0でボートが空中を飛んでいる映像をシェアしています。その上に2人のプレイヤーが座り、ボートが墜落した後にパラシュートで脱出します。つまり、前編でおなじみのハックがスピンオフ作品にも登場したのです。 ☻ このチートは決して目立たないものではありませんが、それでもハッカーはマップ全体を見渡すことができ、ある地点から次の地点へ素早く移動することが可能です。また、飛車のスピードが速いためイカサマ師はかなり守られており、他のプレイヤーから直撃することはほとんどない。