Michael by Michael in
Call of Duty

Call of Duty: Black Ops Cold Warは、いくつかの古典的なものに加えて、新しいマルチプレイヤーモードを搭載します。古いものと新しいものをまとめてみました。

初心者の方はもちろん、経験豊富なコール オブ デューティのプレイヤーにとっても、どのモードでどのタスクを完了させなければならないかを知ることは重要です。冷戦Tryarchのリリースでブランドの新しいモードのほかにもいくつかの古いゲーム内のゲームのいくつかの変更を提供しています。ということで、それぞれに小さな案内を追加しました。

VIPエスコート(新規
このモードはコールオブデューティーでは絶対に新しいモードです。ランダムにVIPに指定されたプレイヤーを安全に2つのマークされた場所のいずれかにエスコートすることが目的です。なんとか相手チームからより価値の高いターゲットを守ることができれば、このラウンドを勝ち抜くことができるだろう。同様に、VIPを排除することで攻撃側の勝利となる。もう一つの勝ち方は、相手チームを完全に全滅させることです。ただし、VIPは他のプレイヤーによって復活することができるので注意してください。3回戦を勝ち抜いた先発チームが総合優勝。

ダーティボム (新)
このモードも新品です。ダーティボムでは、40人の選手が4人10チームに分かれて、ウラン爆弾の配置を競います。配布されたチェストやキルされたプレイヤーの中にあるウランを集めることで、このような爆弾を置くことができます。チームが十分なウランを集めたら、最寄りの爆弾サイトに行って発動させることができます。汚れた爆弾が爆発すると、放射能の波が近くにいるプレイヤーをすべて破壊します。あなたのチームは、収集、敵を殺し、爆弾スポットを爆発させるためのポイントを受け取ることができます。トータルスコアで先に到達したチームの勝利となります。

 

ガンファイト(またもやプレイアブル
モダン・ウォーフェア』でお馴染みのガンファイトモードが『コールド・ウォー』で復活! ここでは、すべてが小さなマップでの2対2の戦闘を中心に展開されています。ラウンドをベースに、2戦目以降は武器の種類が変わる2人のチームで戦う。決められたラウンド数をこなした後は、当然ながら相手を一掃できたチームが勝つことが最も多い。

コントロール(またもやプレイアブル!
これまでCoDの他のタイトル(ブラックオプス4)にしか登場しなかったゲームモード。ここでは、2つのチームがお互いに決闘しなければならないスナップポイントが再び2つあります。1ラウンドにつき90秒のカウントダウンがあり、攻撃陣がいずれかの場所を確保していれば延長されます。その延長線上で次のキャッチポイントを制覇しなければならない。攻撃側が2点を制覇した場合は1点を獲得します。同様に、これらのスポットを制限時間内に1つでも守れるようになれば、ディフェンディングチームの勝利となります。先に3点を制したチームが勝利。

チームデスマッチ
ショットでカウントされた最高得点を争う2チーム。このモードは様々なマップで遊ぶことができ、制限時間は10分となっています。制限時間の終わりには、最も多くのキルを持っているチームが勝者と宣言されます。

キル確認済み
TDと同様に、2つのチームがスコアボードのリードを得るために希望を持ってお互いに会う。ここでの大きな違いは、ショット後にプレイヤーが死ぬと地面に落ちる、いわゆる「ドッグタグ」を回収しなければならないことです。彼らは、それらが収集された瞬間からあなたのチームのスコアボードの一部としてカウントされます。

一方のチームには赤札、もう一方のチームには青札があります。自分がやられるとドッグタグも落ちてきて、相手に回収されることもあります。また、チームメイトのドッグタグを拾うことで、相手に奪われないようにすることができます。

*注:タグは収集していません。トークンを5個(青か赤)集めた後に行動不能にされた場合、トークンは1個だけ地面に落ちます。

ドミネーション
おそらくCoDシリーズの中で最も人気のあるモードは、主に征伐と3つの旗を持つことだと思います。1つは自分のスポーンポイントの近く、1つは敵の基地の近く、1つはマップの真ん中にある。これらのフラグのいずれかの範囲内にいる場合、一定時間内に捕獲されます。近くに複数の味方がいる場合は時間を短縮することができますが、敵が同じ場所にいる場合は止めることもできます。

コントロールされているフラグごとに、チームは数秒ごとにポイントを獲得します。

冷戦では、支配は二分されている。前半戦の勝者は、まず100点を稼いだチーム。そして、200点を取られた時点で総合優勝が決まる後半戦が始まる。

ハードポイント
ハードポイントでは、両者ともにスナップ1点を気にしています。これは、マップ上の一定数のポイントを経由して60秒ごとに回転します。このポイントを敵から解放することができる人は、保持している毎にポイントを獲得します。Dominationと同様に、敵が近くにいるとカウンターが止まる。最初に250点に到達したチームが勝者となります。

すべて無料
タイトルの通り、このモードでは全てが開放されています。通常のデスマッチのシナリオで、一人で他のソロプレイヤーと対戦します。TDと同じように、ゲームには一定の時間制限があります。

検索と破壊
もう一つのプレイヤーのお気に入りは、ラウンドをベースにしたサーチ&デストロイモードです。ここでは2つの分散爆弾サイトを交互に攻撃したり、防御したりしなければなりません。各ラウンドには90秒の制限時間があり、ディフェンスに成功するか、ボムでボムスポットを爆破するか、時間切れになるかで決まる。4回戦を先に勝ったチームが総合優勝となります。

コンバインドアームズ:アサルト
12対12では、このモードが本当に盛り上がります。ラウンド開始時には、ニュートラルなスナップポイントが設定されています。どちらかのチームが自分たちのためにポイントを奪えた場合、次のチームは相手の拠点に近いところに配置する。そのため、全てのポイントを押さえ、最終的には相手のベースを攻略することが目標となります。バランスの良いゲームでは、前後に激しいプレイがあることが多いです。このシナリオでは、一定時間が経過すると余計な時間が発生します。ここでは、次の中立点を制覇できるチームが勝者と宣言される。

コンバインドアームズ:ドミネーション
これも12対12モードです。しかし、典型的なマルチプレイヤーマップの代わりに、より大きな戦場では乗り物が使用されます。また、捕獲しなければならないマップには複数の旗が散らばっています。400点に達したチームが勝利。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply