15.2 C
Berlin
木曜日, 5月 23, 2024

World of Warcraft」MODでVRでプレイ可能に

Follow US

80ファンいいね
908フォロワーフォロー
57フォロワーフォロー

非常に熱心なModderのグループが、World of Warcraftを最新のVRヘッドセットと6DOFトラッキングでプレイ可能にする方法を開発。

高度な技術を持つ改造集団が、「World of Warcraft」をバーチャルリアリティゲームに変身させた。WoVRと呼ばれる彼らのWorld of Warcraft VR MODは、現在無料でダウンロードできる。

このプロジェクト自体は、Flatscreen 2 VRという分かりやすい名前の長年の改造コミュニティから生まれたものだ。この集団は長年にわたり、『バイオハザード4』リメイク、『アムネシア』、『Crysis』、『Portal 2』、その他多くの人気ゲームにVR機能を提供してきた。

ワールド オブ ウォークラフト バージョン3.3.5aがVRでプレイ可能に

Blizzardの代表的なMMORPGを本格的なバーチャルリアリティ体験に変換するWoVRという形で、グループの最新の偉業が登場しました。このMODは2010年6月にリリースされたオリジナルの3.3.5aバージョンで動作し、最新のライブサーバー版World of Warcraft Classicでは動作しません。この特定のビルドには、MMORPGの最初の2つの拡張「The Burning Crusade」と「Wrath of the Lich King」が含まれています。

..

WoVRは単にゲームを最新のVRヘッドセットで動作させるだけでなく、本格的な6自由度トラッキングをサポートする。6自由度」の略で、この技術は3次元空間におけるヘッドセットの位置と向きの両方をトラッキングできるため、頭の動きを常に正確にカメラの動作に変換できる。4月12日にリリースされたWoVRの初期バージョンは、VRコントローラーが必要で、マウスとキーボードではプレイできない。Flatscreen 2 VRは、このMODが十分に好評であれば、そのような機能を検討するかもしれないと述べている。

それはともかく、改造コミュニティは現在、このプロジェクトの積極的な開発を継続する予定はない。このWoVRの最初のリリースでさえ、当初は2013年に発売されたヘッドセットの最初の開発キットであるOculus Rift DK1用のMODとして構想され、およそ10年の歳月をかけて作られたものだった。数年にわたる作業のオンとオフ、そして4年間の休止を経て、チームは2024年1月にプロジェクトへの復帰を決定した。彼らが最終的に提供したMODの1.0バージョンは、一人称視点と三人称視点の両方のゲームプレイをサポートし、オクルージョン(ゲーム内のオブジェクトの背後にインターフェイス要素を隠す機能)を備えたフローティングUIもサポートしている。

ワールド・オブ・ウォークラフト」は、この熱心な改造コミュニティからVR処理を受けた最初のMMORPGではない。2022年後半には、同じチームが「ファイナルファンタジー14」向けに同様の仮想現実MODを発表している。これら2つのMODやその他のFlat2VR MODのダウンロードとインストールの方法は、グループのDiscordサーバーで確認できる。

RELATED ARTICLES

ゴースト・オブ・ツシマ』がPC版でプレイステーション史上最大のシングルプレイヤー作品に

サムライ・アドベンチャーが週末に合わせてついにPCで発売開始 - Steamでは夢のようなスタートを切った。約4年間、PCファンは待ち望んでいたが、ついにその時が来た:ソニーは週末に合わせて、これまでプレイステーション独占だったサムライアドベンチャーGhost of Tsushimaを家庭用コンピュータ向けにリリースした。ゴーストオブツシマはすでにプレイステーションでベストセラーとなり、通常版、美しいディレクターズカット版、PS5版と、その中世の日本を舞台に多くのプレイヤーを楽しませてくれました。この人気はPCでも続いているようです。。七万七千人の侍分析サイトSteamDBの数字が示すように、対馬はSteamで夢のようなスタートを切りました。最初の週末だけで、77,000人以上のプレイヤーが同時に侍Jin Sakaiのバーチャルローブを身にまとい、対馬を救うためにカタナに手を伸ばしました。によると、『Ghost of Tsushima』は、PC版プレイステーションタイトルとしては過去最強のシングルプレイヤーロンチであり、『ゴッド・オブ・ウォー』や『ラスト・オブ・アス』といったプレイステーションの名作を凌駕している。しかし、『Ghost of Tsushima』のPC移植版も実に素晴らしい出来だ。テスターのSteffiは、技術的に成功した実現と美しいゲーム世界を評価して90点満点をつけた。現在のところ、ソニーのレパートリーの中でこれ以上のパフォーマンスを発揮しているゲームは1つしかなく、すぐに王座から陥落することはないだろう: 50万人近いプレイヤーを抱える『Helldivers 2』だ。しかし、『Helldivers』は発売直後からSteamでも配信されていたマルチプレイタイトルだ。この2つを比較するのは難しい。しかし、対馬の開発スタジオ、サッカーパンチは間違いなくシングルプレイの栄冠を手に入れた。次は何だ?ソニーが次にどのPC移植に取り組むかは、今のところまだ不明だ。しかし、「ステラブレイド」、「ライズ オブ ザ ローニン」、「ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク」、あるいは繰り返しリクエストされている「ブラッドボーン」など、日本のパブリッシャーはハウスブランドでまだ多くの未開拓の可能性を秘めている。PC版『Ghost of Tsushima』についてどう思いますか?Bloodborne以外で)次にご自宅のパソコンに移植してほしいソニーのゲームはどれですか?いつものようにコメントで教えてください!

マイクロソフトがゲームにAIヘルパーを導入、インベントリを検索してクラフトのヒントを探してくれる

将来的には、Windowsメーカーは自社のゲームにAIを深く組み込みたいと考えている。マインクラフトの動画でその一端を見ることができる。ビデオゲームにおけるAIについてのニュースがある。コール オブ デューティ」の兵士が狙いを定めてきたり、「ゴシック3」のNPCが橋をスムーズに行進したりするような話ではない。そうではなく、ゲーム体験をよりリアルに、あるいは他の方法で豊かにすることを目的とした、非常に複雑なAIプロセスの導入について話しているのだ。例えば、我々は以前SkyrimのAI MODについて報告しました。マイクロソフトはまた、Copilotと、このAIは近い将来XboxとPCゲームに実装される予定ですという非常に強力な技術を社内に持っています。AIサポートでより便利に現在開催中の見本市「BUILD 2024」で、マイクロソフトは「Minecraft」を使って、AIが将来のゲーム体験をどのように変えるかを実演している。どうやって重いものを作ればいいのでしょう?という質問に対して、AIはまずインベントリを検索し、それから支援を提供します。どのボタンを押せばいいですか?どのボタンを押せばいいのか、どんな材料が必要なのか、この動画が示すように、副操縦士は今後私たちとチャットし、ヘルプやアドバイスを提供してくれる。Coming Soon: Copilot Minecraft pic.twitter.com/yncla0gCG9- Microsoft Copilot (@MSFTCopilot) 2024年5月20日その他の用途マイクロソフトのコパイロットが、メーカーの他のタイトルでどのような役割を果たせるかはまだ不明である。しかし、アイデアはたくさんある: しかし、マイクロソフトのコパイロットが他のメーカータイトルでどのような役割を果たすかはまだ不明だ。マイクロソフトフライトシミュレーターでは、コックピットに完璧な副操縦士がいる。そしてシーオブシーブスでは? ああ、それだけで歓喜に浸れそうだ...そしてデータ保護はどうなのか?マイクロソフト自身は、Copilotは常にコンピュータ上でローカルに実行されることを強調している。しかし、それだけではあまり意味がない。私たちの質問に答えたり、少なくともシャンティの歌詞を見つけたりするためには、AIはまだインターネットに接続しなければならないからだ。マイクロソフトがここでも法的なハードルに直面するかどうかは、まだわからない。

シフトアップ:ステラブレードの今後の計画と新プロジェクト

韓国のゲーム開発スタジオ、シフトアップは、成功したゲーム「ステラブレイド」のPC版と続編を計画している。Gematsuによると、この情報は同スタジオが最近、韓国総合株価指数(KOSPI)に提出したIPO申請書によるものだという。さらに、シフトアップは「Project Witches」というコードネームの新しいクロスプラットフォームプロジェクトに取り組んでいる。提出書類によると、Project Witchesは現在初期開発段階にあります。このゲームは、コンソール、PC、モバイルデバイス向けに、クロスプレイ機能付きでグローバルにリリースされる予定ですが、2027年までにはリリースされる予定です。 シフトアップは、プロジェクトウィッチーズを「勝利の女神:NIKKEを超える次世代のサブカルチャー知的財産(IP)」と説明しています。類似のサブカルチャーIPには、『幻神インパクト』、『本海スターレール』、『Fate/Grand Order』などがある。同スタジオは2024年、新たな雇用を迎えて開発を強化する計画だ。ForステラブレイドPC版および続編が検討されており、正確なリリース日は未定。申請書には、"2027年以降のリリースを目指し、新規IPであるProject Witchesを開発中であり、続編と同様にPC版Stellar Bladeも検討している "と記載されている。シフトアップは、既存IPに依存する他のゲーム会社と比較して、成功する新規IPを開発する能力が、同社が持続的に成長することを可能にすると強調している。ステラブレイドの詳細ステラブレイドは4月26日にプレイステーション5専用ソフトとして発売され、ソニー・インタラクティブエンタテインメントより配信されました。このゲームは、シフト・アップの期待以上の売上を記録しています。PC版や続編の可能性に加え、ダウンロードコンテンツやIPとのコラボレーションなど、新たなゲームプレイ要素も計画されている。シフト・アップ』は、一貫したゲーム体験を保証するため、全世界で同時にアップデートを配信するグローバルなアプローチを取っている。この文書はまた、God of WarやFinal FantasyといったAAAコンソールタイトルが、それぞれ6,600万本以上、1億8,500万本以上を販売し、大きな可能性を示していることを強調しています。これらの成功は、シフトアップが高品質の続編を通じてステラブレイドの寿命を延ばし、長期的な収益基盤を構築するためのモデルとなります。シフトアップの戦略は、既存のゲームを拡張するだけでなく、業界を形成することができる新しい革新的なIPを作成することに重点を置いています。Project WitchesとStellar Bladeの拡張予定により、当スタジオは将来の成長とゲーム業界における持続的な成功に向けて自らを位置づけています。