3.5 C
Berlin
月曜日, 12月 5, 2022

ヴァロラント:G2 Wins Game Changers

Follow US

80ファンいいね
908フォロワーフォロー
53フォロワーフォロー

G2 御前がやってくれました! ドイツの組織の名簿で、ヨーロッパにトロフィーをもたらした。4時間半に及ぶ試合は、両チームに全てが要求された

5枚のカードの後、ついに決定!ヴァロラント初の女子メジャーはG2が優勝!

結局、Shopify Rebellion GCにとって勝利はすでに手の届くところにありました。17歳のダイアナ「sonder」チャンが率いるチームは、シリーズ序盤にパール、バインドともに13-9で勝利しています。

の記事です。

G2御前:スタイリッシュにカムバック


3つ目のマップAscentでは、eSportsプレイヤーなら誰もが恐れる北米のプレイヤーたちの悪夢が始まりました。教科書に載っているようなリバース・スイープ。マップ3~5では、49ラウンド中、わずか10ラウンドしか勝てなかった。ホームの観衆を前に、G2は13-3(Ascent)、13-2(Icebox)、13-5(Breeze)とギリギリのところで相手をリードした。

プレッシャーから解放され、感情が高ぶり、さすがにメジャー制覇となりました。

..

「母国バーレーンにごあいさつ。私の国、そしてMENA地域のすべての選手と女性たち。できるようになったんですね。ビジョンや目標など、何かを心に決めたら、必ずできる。自分たちを信じることです。だって、今日、今日、やったんだもん。そして、信じられません。” – マリアム “メアリー “マハー(G2御前)#

#。

..

Shopifyの反乱 ~悔しい2位~


それにしてもShopify Rebellionはなんという大会運営をしているのでしょうか。ギルドX、X10サファイア、Cloud9ホワイト、チームリキッド。

いずれも、アメリカから来た負け犬に負けを認めざるを得なかった。G2御前を相手に力尽き、メジャーへの夢は潰えたが、ケイラ・ホートンとそのチームは、自分たちの成し遂げたことを誇りに思うだろう。しかし、決勝戦後、予定されていた記者会見に、敗れたチームとして唯一出席しなかった。前日には各チームが登場した。

優れたパフォーマンスであるはずの作品に、不必要とはいえ小さな苦味を与えてしまった

Stephan
Stephan
年齢: 25 才出身地:ブルガリア 趣味:ゲーム 職業:オンラインエディター、学生

RELATED ARTICLES

フォートナイト』の「ウィッチャー」:チャプター4でゲラルトが参戦!アンロックする方法はこちら

フォートナイトは様々なお馴染みの顔をスキンにすることで知られています。今度は『ウィッチャー』に登場する伝説のモンスターハンターの番だ! 正直に言えば、ゲラルトもカラフルなバトルロイヤルの世界「Fortnite&nbsp」に吸い込まれるのは時間の問題でしたね。 2022年12月4日の第4章発売により、今や全く新しいゲーム世界が明らかになっただけでなく(第3章「Shattered」のフィナーレで旧マップが壮絶にボロボロになった後)、もちろん多くのスキンが登場します。 ゲラルト・オブ・リーヴァ(『ウィッチャー』より マーベルコミックよりハルク ドゥームゲームからドゥームスレイヤー 予告編で全員を見分けられるか?動画はこちら:|日本経済新聞社 ゲラルトのアンロック方法 教養あるロールプレイングゲームファンにとって、ウィッチャーの衣装はもちろん肝心なところです。でも、その衣装はどうやって手に入れるのですか?ゲラルトの愛称で知られる悪名高き白狼をプレイするには、フォートナイト第4章の新しいバトルパスが必要で、これには通常通り950V-Bucksの価格がついています。 ただし、ゲラルトをアンロックするには、バトルパスのステージを登るだけではダメなのだ!ゲラルトをアンロックするには、バトルパスのステージを登る必要があるのだ。シーズン65日目から発動するチャレンジの裏には、ウィッチャーの主人公が隠されています。 わかりやすく言うと、2023年2月7日から、バトルパスを持っていれば、該当のクエストを受注・達成できるようになるということです。どのようなクエストなのかはまだ正確にはわかっていませんが、これまでのBattle Passの隠しスキンのタスクは比較的シンプルで、法外なグラウンドは必要ありません。 以下のアイテムは『フォートナイト』のゲラルトセットに含まれます。 ゲラルト・オブ・リヴィア(衣装) ウィッチャーの鋼鉄剣(収穫用具) ウィッチャーの武器(バックブリング) ゲラルト・オブ・リヴィア(ロード画面) イグニサイン (エモート) マッスルメモリー(スプレー) ゲラルトの背中にある象徴的な双剣も含め、「フォートナイト」で「ウィッチャー」らしさを存分に味わってください。 あ、ついでに(というか、このニュースを見逃してしまった人のために)。12月にも発売される『ウィッチャー3』のNextGen版、中でも多くの人がつまずいたゲームプレイのディテールを変更!

Dragon Age: Dreadwolf』新アニメーショントレーラーを公開

昨日、BioWareとEAはDragon Age: Dreadwolfの新トレーラーを発表しました。これは、敵役であるソラスの物語です。 週末には、BioWare社、EA社、そして多くのファンが、人気ビデオゲームシリーズを祝う「Dragon Age Day」を開催しました。これに伴い、開発元とパブリッシャーから『Dragon Age: Deadwolf』の新トレーラーが発表されました。このアニメーション映像では、敵役であるソラスの物語に焦点をあてています。 『ドラゴンエイジ:インクイジション』とその拡張版『トレスパサー』をご存知の方は、エルフの運命についてすでにご存知のはずです。 既に知っているのに、なぜソラスの物語が再登場するのか?ひとつは、『Dragon Age: Inquisition』が2014年に発売されたからです。したがって、その記憶はすでにまた曇っているものもあるかもしれない。一方、EAとBioWare社は、Dragon Age: Dreadwolfがすでに経験のあるプレイヤーと新しいプレイヤーの両方を対象としていることをすでに発表しています。 Dragon Age: Dreadwolfは、おそらく2023年末にPC、PlayStation 5、XboxシリーズX/S向けに発売される予定です。

Warframe、長らく要望の多かった機能をついに追加

Warframeの開発元であるDigital Extremesは、このゲームの将来にとって重要な、長らく最もリクエストの多かった機能を追加しました。 長い間Warframeの最も要求されていた機能が利用可能になりました。Digital ExtremesがPC、PlayStation、Switch、Xbox間のクロスプラットフォームプレイをオンにしたためです。世界で最も人気のある無料プレイゲームの1つが、これまでクロスプレイを搭載しておらず、コミュニティが4つの別々のプラットフォームに分かれていたことを考えると、驚かされます。それにもかかわらず、Warframeは繁栄してきましたが、ファンはDigital Extremesがいつか要望通りクロスプレイを導入してくれるという希望を捨てずにいました。 クロスプレイは以前から計画されていたと言っても過言ではないでしょう。しかし、Digital Extremesがクロスプレイの登場を確認したのは、Warframeが毎年開催しているTennoConの開催期間中である2021年7月のことでした。当時、Digital Extremesは、年内にクロスプラットフォームプレイを準備したいと述べていました。明らかに、それは実現しませんでした。予想より1年長くかかりましたが、Warframeのプレイヤーは、待つだけの価値があることを理解していました。 。 金曜日の朝に行われた発表で、Digital Extremesは、PC、PlayStation、Switch、Xboxプラットフォーム間のクロスプレイが可能になったことを確認しました。Warframeのメニューに、クロスプレイをオンまたはオフにするスイッチが追加されました。オンにすると、チャット、スクワッドへの参加、Warframeのパブリックマッチメイキングでクロスプレイが可能になる。しかし、1つだけ制限があります。プレイヤーはプラットフォームを超えてリレーや道場でグループ化することができますが、VoIPチャットは現在未対応で、後日追加される予定です。 Originシステムを統合するクロスプラットフォームプレイが登場! PC、Xbox、PlayStation、Nintendo Switchで、今すぐ友達と遊ぼう。https://t.co/vk7JsaeZTk pic.twitter.com/a6HrlWvalU- WARFRAME (@PlayWarframe) December 2, 2022.. 残念ながら、2021年のTennoConの発表のもう半分であるクロスプラットフォームセーブはまだ準備ができていません。こちらも当初は2021年末のリリースを予定していましたが、Warframeのプレイヤーは実装までまだしばらく待たなければならないでしょう。他のプラットフォームへの移行を希望しているWarframeプレイヤーは、この機能が完成するまで現状に留まるしかない。 Digital Extremesがクロスプラットフォームプレイの実装にこれほど時間がかかった理由については、1つのシンプルな答えがあります。クロスプラットフォームプレイの実装は非常に困難であり、言うまでもなく費用もかかります。また、Warframeがもともと2013年にリリースされ、10年を過ぎようとしている事実もあります。クロスプラットフォームプレイの幅広いサポートは比較的最近の傾向なので、Digital Extremesは、必ずしも意図されていなかったゲームにそれを実装しなければなりませんでした。Warframeにクロスプレイを導入するのは、とてつもなく大変な作業でした。 クロスプレイを始めるにあたって、しゃっくりやバグ、制限があるのは必然です。しかし、最終的に重要なのは、Warframeでクロスプラットフォームプレイがすべてのプレイヤーに提供され、今後も提供され続けるということです。フォーラムやチャット、あるいはTennoConを通じてWarframeコミュニティ内で築かれた友情が、ゲーム内で出会うことができるのですから、これは祝うに値します。これは、Soulframeが初日からクロスプレイを実現することを意味します。 Warframeは、PC、PS4、PS5、Switch、Xbox One、XboxシリーズX/Sで発売中です。