マイクロソフトがゲームにAIヘルパーを導入、インベントリを検索してクラフトのヒントを探してくれる

0
24

将来的には、Windowsメーカーは自社のゲームにAIを深く組み込みたいと考えている。

マインクラフトの動画でその一端を見ることができる。

ビデオゲームにおけるAIについてのニュースがある。コール オブ デューティ」の兵士が狙いを定めてきたり、「ゴシック3」のNPCが橋をスムーズに行進したりするような話ではない。

そうではなく、ゲーム体験をよりリアルに、あるいは他の方法で豊かにすることを目的とした、非常に複雑なAIプロセスの導入について話しているのだ。例えば、我々は以前SkyrimのAI MODについて報告しました。

マイクロソフトはまた、Copilotと、このAIは近い将来XboxとPCゲームに実装される予定です

という非常に強力な技術を社内に持っています。

AIサポートでより便利に

現在開催中の見本市「BUILD 2024」で、マイクロソフトは「Minecraft」を使って、AIが将来のゲーム体験をどのように変えるかを実演している。どうやって重いものを作ればいいのでしょう?という質問に対して、AIはまずインベントリを検索し、それから支援を提供します。
どのボタンを押せばいいですか?どのボタンを押せばいいのか、どんな材料が必要なのか、この動画が示すように、副操縦士は今後私たちとチャットし、ヘルプやアドバイスを提供してくれる。

その他の用途

マイクロソフトのコパイロットが、メーカーの他のタイトルでどのような役割を果たせるかはまだ不明である。しかし、アイデアはたくさんある: しかし、マイクロソフトのコパイロットが他のメーカータイトルでどのような役割を果たすかはまだ不明だ。マイクロソフトフライトシミュレーターでは、コックピットに完璧な副操縦士がいる。

そしてシーオブシーブスでは? ああ、それだけで歓喜に浸れそうだ…

そしてデータ保護はどうなのか?マイクロソフト自身は、Copilotは常にコンピュータ上でローカルに実行されることを強調している。しかし、それだけではあまり意味がない。私たちの質問に答えたり、少なくともシャンティの歌詞を見つけたりするためには、AIはまだインターネットに接続しなければならないからだ。マイクロソフトがここでも法的なハードルに直面するかどうかは、まだわからない