Stephan by Stephan in
League of Legends

パッチ10.19はLeague of Legendsのメタを再び揺るがすかもしれない。今回のアップデートは、今後の世界選手権に欠かせないものとなるでしょう。

Riot GamesのリードゲームプレイデザイナーMark Yetter氏がパッチ10.19に関する初期情報を既に発表しています。彼は同時に、変化が比較的小さいことを強調したが、影響を受けたチャンピオンのリストは、特に世界選手権参加者のための課題である。

特にセナナーフは理にかなっているようで、特にプロの間ではリデーマーがよくピックされています。Caitlynはピック&バンの段階ではほぼ永久的にリストに載っていたので、今後のスローダウンでまた少し行動を起こす可能性がある。

一方で、このバフがアフェリオスにどのような影響を与えるかはまだわからない。ADC王者はこれまで何度かプレー力の関係で惜しみなくバフをかけられていたが、LECのプレーオフではほとんど姿を消していた。アフェリオスと同じく、すでにプロプレーで大活躍しているシビルやサイラスも興味津々で見守っている。

久しぶりにウディールが改善されました。具体的には、彼の能力「不死鳥の力」がバフを受ける。すでに9月の初めにMark Yetterは、スピリット・ワンダラーの改良がどのように見えるべきか、コミュニティのアイデアを求めました。

アップデートに関する新たな詳細が火曜日に公開されます。パッチ10.19は9月15日、つまりワールドカップ開幕10日前の9月15日に発効する予定です。

チャンピオンネルフ。

– Azir
– Twisted Fate
– Caitlyn
– Senna (ADC)
– Nunu
– Talon

覇者バフ

– Ahri
– Sivir
– Vayne
– Aphelios
– Sylas
– Ivern
– Udyr (Phoenix)
– Irelia

LoL Worldsは9月25日にLECのMADライオンズを中心としたプレイインフェイズでスタートします。メインイベントは10月3日から。その後、LECの記録を持つ他のヨーロッパのチームは、G2 Esports、Fnatic、ローグがアクションに参加します。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply