Stephan by Stephan in
League of Legends

先日、スマートフォン向けに「チームファイトタクティクス」がリリースされました。モバイル版のプレイ方法と、それがまだ持っている弱点 – SPORT1がテストしてみました。

ゲームの原理が広く知られるようになりました。チームファイトタクティクスでは、8人の対戦相手が回転木馬のプラットフォーム上でスタートし、自分たちにとって最高のスタートユニットを獲得しようとします。しかし、最初はレベル1のユニットしかないという変化のため、プレッシャーはかなり軽減されています。その後、彼らは自分のチェス盤に移動して、最初のコンピュータ相手にラウンドし、その後、本物の相手が登場します。

ゴール?グループ効果をできるだけ多く、または優秀なグループ効果を持ち、スタミナと大ダメージの両方を得られる構成を構築すること。

複数のポート
スマホでは、TFTはPCと同じように意外と正確ではない。モバイルゲームに合わせてボタンやレイアウトを変更したとはいえ、ゲームの原理や操作方法の選択肢は同じです。

画面左側には、シナジーやアイテム、エモートの概要が表示されています。これら3つのサブメニューのうち、1つだけを一度に表示することができます。下の隅にあるのは、EXP購入(左)とリロール(右)です。

写真

右側には全選手の名前とライフバーが表示されています。それぞれのアイコンは選択可能で、カメラをそれぞれのプラットフォームにテレポートします。上部で右に揃えると、チャンピオンの選択が表示されます。ワンタッチでの購入・・・非常にわかりやすいです。

小さくてもいい感じ
もちろん、自宅のデスクトップPCやノートPCよりも携帯電話の方がすべてが小さい。これによると、ユニットの再配置やオブジェクトの割り当てなどは、器用さの要求が高いことに関連しています。しかし、2~3戦すると、それだけで効果が出てきます。

グラフィック的には、このアプリはPCのオフシュートに劣ることはありませんが、たまにバックグラウンドで細かい弱点やエラーが露呈することがあります。この筋が特定の能力やユニットに起因するものかどうかは明らかではありません。すべてのラウンドで、ゲームは遅延やドロップアウトのない状態を保っていました。

ちなみにゲームは全部入りのRiotのアカウントでプレイしています。対戦相手は自ら移動するか、パソコンの前に座っている。ランキングモードはアプリ内でもすでに活躍しています。

結論
要するに、TFTモバイルは非常に丸みを帯びて磨かれているように見えます。Riot Gamesは今後数週間、数ヶ月の間に確実に小さなバグを排除していくだろう。コンピュータ版と比較して、このアプリでは、ラウンドの長さは変わらないにもかかわらず、より楽しいゲーム体験ができます。Teamfight Tactics』は、携帯電話で無限に遊べるフリー2プレイタイトルで、最初から用意されているクロスプレイのメカニックにより、ベテランだけでなく新規参入者にも真の付加価値を提供しています。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply