Stephan by Stephan in
League of Legends

スウェーデン人のヤコブ “ヤマトキャノン “メブディがチームバイタリティからSANDBOX Gamingに移籍しました。これで韓国LoLリーグ初の欧米人監督になった。

LCKでは今まではアジア人コーチが当たり前だった。ヤマトキャノンからSANDBOX Gamingへの変更で、初めてLCKにコーチからヨーロッパの影響が出てきました。

15.05に変更が発表されました。LCKチームはTwitterで「SANDBOX Gamingの新しいヘッドコーチとして[…]YamatoCannonを歓迎することができて非常に嬉しく思います。

前回のLCK-Spring Splitでは、チームは良い結果を出すことができませんでした。コーチの移籍で、今は再び上り坂になるはずだ。彼はチームバイタリティ、スプライス、チームROCCATの経験を持っています。

現在は出国制限があるため、ヤマトキャノンは今でも自宅でチームのトレーニングをしなければならない。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply