Stephan by Stephan in
League of Legends

League of Legends』のシーズン11は2020年11月11日に開幕し、アイテムシステムが一新されるほか、多数のチャンピオンが変更されます。また、新しい能力も登場します。

League of Legendsのプレシーズンは、予定通り素晴らしいスタイルで始まります。公式シーズン11は11月11日からスタートします。水曜日の朝5時からサーバーメンテナンスを予定しております。これらは1時間以上かかることが予想されます。Gameplay Design DirectorのMark Yetter氏によると、Patch Notes 10.23には15,000語が収録されているとのこと。

特にプレシーズンの変更の大きさは、パッチ10.23を特別なものにします。11月以降、新たに23種類の神話アイテムがゲーム内に登場することがわかっています。また、新たなレジェンドアイテムは13種類、エピックアイテムは9種類となっています。編集されたレジェンドアイテム28個の数だけでもかなりのものです。

新しい能力として、能力「ヘイスト」があります。これは、以前のクールダウンの削減に代わるものです。この新能力は、特定のアイテム、バフ、ルーンでしか発動できません。その代わり、それはいくつかの神話的なアイテムのクールダウンを減らすことができ、したがって、特にチーム戦で明確な違いを作ることができるより速い再利用を保証します。

マーク・イェッターも新能力について「鎧に例えるのは簡単だ」と適当な説明をしている。欲しいものはいくらでも手に入るし、価値はいつも同じだ。” 能力がチャージされている回数が多いほど、1分間にキャスト数が多くなります。

また、13人のチャンピオンが新アイテムシステムに適応したほか、30人のチャンピオンのマナプールもカスタマイズされています。定番のジャングルアイテムの代わりとなる “ジャングルスターター “がどのように動くのかは、現在のところ不明です。

2020年10月19日のオリジナルニュース

年が明けると、リーグ・オブ・レジェンドの第10シーズンも終わりを迎えます。11月から始まるプレシーズンに向けて、Riot Gamesはすでにいくつかの新機能を発表しており、着実に増えています。すでに9月には、開発スタジオがアイテムシステムを改訂し、2つのカテゴリーを拡張したものを発表しており、その詳細が明らかになっています。

各チャンピオンカテゴリの神話アイテムを所持
神話的なアイテムと伝説的なアイテムは、League of Legendsのプレシーズンでは全く新しいアイテムカテゴリーとして導入されます。神話的なアイテムは1試合につき1つに限定されますが、各チャンピオンのカテゴリーに合わせたアイテムも用意されます。スナイパー神話、戦車神話、アサシン神話などがあります。

それぞれのカウンターチャンピオンのアイテムに対抗できるようにコーディネートされています。例えば、スキルの高いキャラクターは3,400ゴールドで「Liandry’s Anguish」を購入することができ、これは発動すると相手のタンクの最大ヘルスの何%かの割合をダメージに加算するものです。

第11シーズンのチャンピオンズの新情報
Riot GamesのチャンピオンデザイナーAugust “August” Browning氏が、新プレシーズンの6週間にわたるPBEテスト段階の開始に合わせて、チャンピオンへのすべての予備変更をTwitterに投稿しました。

8月によると、ケイトリン、ジン、セナのような世界的に関連性の高いチャンピオンは、次のシーズンにいくつかのナーフを経験することになるだろう。興味深いことに、ヤスオとヨネは、前シーズンではしばらくの間、強すぎるとコミュニティから批判されていましたが、同じ動きでバフをかけられています。

一方で、例えばシーズン10で長い間忘却の彼方に落ちてしまったヴィクトールは、惜しみないバフによって再びゲームに関係するようになるはずです。しかし、オーガストは文書の中で、彼が事前に明らかにしている変更点はすべてまだ定まっていないと付け加えています。したがって、これはおそらくまだテスト段階であり、PBEサーバー上でしかアクセスできない。

 

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply