Michael by Michael in
League of Legends

Riot Gamesが『League of Legends』のために独自のリアリティ番組を制作しています。コンセプトは「ドイツの声」のような欧米のキャスティング番組を参考にしています。これが、このプロジェクトの目的です。

韓国ライオットがリアリティ番組の制作を計画している。リーグ・オブ・レジェンズ』に登場する一流のアマチュアが競い合うキャスティングショーのような構成になっています。賞金は賞金であり、プロとしてのスタートを切る可能性があります。

番組の内容は?
そのリアリティ番組は「LoL – THE NEXT」というものです。8月2日に開幕予定で、「League of Legends Championship Korea(LCK)」の公式チャンネル(TwitchとYoutube)で放送されます。ティザーで少しだけ印象が変わります。

総勢100名の選手が参加しています。選手はダイヤモンドレベル以上の方です。各プレイヤーは厳しいキャスティングのプロセスを経て、様々なタスクをマスターしなければなりません。結局、10人の選手が残っています。

これが賞品です
最終的な10人の選手は、韓国の伝説的なプロ4人が率いる2つのチームに分かれて行われます。一方のチームはWolfとPawN、もう一方のチームはPraYとMaRinがコーチを務めます。

両チームのショーの決勝戦は、LCKのホームであるLoL-Parkで行われます。優勝チームにはサプライズで約41,770米ドルが贈られる。しかし、賞金は5人の当選者の間で山分けしなければならない。賞金だけでなく、成績が良ければプロとしてのキャリアが手招きされる可能性もあります。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply