Michael by Michael in
League of Legends

フレッシュユニリーグの初戦が行われました。オーバーウォッチやCounter-Strikeでは3週間前にリーグが始まり、Rocket LeagueやLeague of Legendsでは最初の数日間のプレイがようやく始まりました。今週のハイライトをまとめてみましたので、こちらでご紹介します。

リーグオブレジェンズ

– ブレーメンの永遠の準優勝者ビーバーは、初戦のバイソンの勝利でかなりの汗を流した。シーゲンチームのペンタキルがブレーメンチームを投げ返したが、カムバックして初戦を勝利で飾った。

– 第2試合ではリベンジがありました:カシオペアの “リヴァル “もペンタキルを決め、ブレーメンチームを勝利のバイソンズに勝利に導いた。

– 続いて大学王者に輝いたKIT SCホワイトは、第1回Esport Verein Darmstadtと対戦した。ダルムシュタットチームはかなり多くのキル数を獲得したが、カールスルーエは自分たちを押し返すことなく、勝利のために戦った。

– カールスルーエ側に同じ王者選抜がいたことで、第2戦は勝利したフィオラを止めることができず、ダルムシュタットチームの重大なミスが判明した。KIT SCが優勢を見せつけ、2戦目を制した。

ロケットリーグ

– ベルリン・フェニックスはプロの “ティグリー “を欠いて出場するかもしれないが、”Gnagflow06 “は次々とゴールを決めて記録を更新している。

– シュツットガルトの “D3sired “は1試合5得点。それにもかかわらず、エンジンシュトゥットガルトは新人デュッセルドルフドラゴンズに対して3:2を失った。

– ベルギッシュ・グラートバッハのFHDW eSportsは当初、フュールフングで2-0としていたが、リューベックのHs.GLシャロプスが3-2で勝利した。

– ミュンヘンeSportsも、実際のお気に入りであるオルデンブルクのアベンジャーズに3:2の僅差で勝利した。

オーバーウォッチ

– 今週のヒーローバンは オリサ、メイ、トレーサー、モイラ。

– 第1試合では、ゲッティンゲンのESUGとチュービンゲンのEGTドラコンズが対戦しました。第1マップはまだ接戦が続いていたが、その後はゲッティンゲンチームが優勢になり、4:0で勝利した。

– また、UEDウルブズはKIT SCスフィンクスに4-0で勝利した。

カウンターストライク:グローバルオフェンシブ

– 3日目のマッチデーでは、KIT SCヘルファイアと超キングス・ハノーファーが対戦した。

– ハノーファーは前半をインフェルノで再び自信を持ってプレーしたが、後半はカールスルーハーが試合を支配し、16対10で勝利した。

– また、ミラージュKIT SCのヘルファイアの方が優れていて、カールスルーエの “スレビット “はピストルエースまで獲得していました。16:5で第2試合もカールスルーエが勝利した。

 

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply