Michael by Michael in
一般的な

ロケットリーグのシーンでは、開発者のPyonixと彼らのトーナメントシステムに対して臭いものがありました。今はどうやらEsportのシステムが適応されるようです。

Esportobserverが受け取ったメールによると、Psyonixはシーン内のリーグやトーナメントの構成を見直すとのこと。これもまた、セキュリティの欠如や成功したチームへの金銭的なインセンティブの欠如を糾弾した約3週間の多くの組織からのブランドレターに対する開発者の反応です。

メールの情報は「オープン」なシステムを語っています。具体的には、1暦年に3回のスプリットを行い、1回のスプリットにつき3つの地域イベントを行う。各スプリットでは、ヨーロッパと北米のチームが集まる国際的なメジャーが開催されます。世界選手権が続く。

国際メジャーにつながるスプリットイベントでポイントを貯めます。これらのトーナメントは、その後、世界選手権予選の結果となります。

RLCS(RLプレーイングクラスの最高峰)では、最初の6つのスプリットイベントでシードされる小さなセキュリティがあるはずです。さらに、RLCSとRival Seriesの資格を持つ全チームが、スプリット開始時に週1回のリーグ戦を行うことができるようにすべきである。

RLCSシーズンの詳細情報や今後の展開は未定です。これまでのところ、1暦年に2シーズンがそこでプレーされています。しかし、サイオニクスはチームや現場の大物との交流があります。

RLプロの中には、RLCS以外のイベントの資格が当日のフォームに大きく左右されることが多かったことを批判する人も多い。また、オフシーズンが長く、プレーせずに競技不足や固定費が発生していました。

Cloud9 で、あるチームはすでに Rocket League から撤退していますが、それは彼ら自身の声明によると、開発者からのサポートに比べてコストが高すぎるからです。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply