Steamサマーセールでは、これまでおすすめしたことのないロールプレイングゲーム5本が割引になります。

0
13

本当のインサイダー情報をお望みですか?Steamセールで、これまで(ほとんど)話題にしたことのない素晴らしいロールプレイングゲームを5本ピックアップしました!

今日から見れば、人類が最初に発明したのは車輪かSteamセールか、どちらなのかは分かりません。そんなわけで、今日はTikTokの皆さんと同じように、私たちもチャレンジしてみました!今まで記事で取り上げたことのないゲームをオススメします!

Steamにはロールプレイングゲームのインサイダーがたくさんあります。

変える時が来た。

1.サー・ブランテの生涯と苦悩

  • サブジャンル:テキストロールプレイングゲーム
  • リリース:2021年3月4日
  • 価格&割引:8ユーロ(60%割引)

    「ブランテ卿の苦悩」は、50年近く前のサブジャンルであるテキストアドベンチャーまたはテキストロールプレイングゲームを復活させた。あなたは、幼少期から人生の終わりまで、その名を冠したブランテ卿の運命をたどることになります。もちろん、この聡明な従者がどのような道を歩むべきかは、あなた自身が決めることになります。

    このロールプレイングゲームは、近世の舞台を背景に、様々なロールプレイング的価値観が用いられていますが、最終的には、正しい決断を下すか、間違った決断を下すかが主なテーマとなります。そのため、『サー・ブランテ』のリプレイバリューが非常に高まるだけでなく、その体験が驚くほど鮮明に心に刻まれる。必要なのはほんの少しの想像力だけだ。

    サー・ブランテ

    からのSteamオファーです。

    2.戦場のシンフォニー:ネフィリム・サーガ

    • サブジャンル:戦略ロールプレイングゲーム
    • リリース:2022年6月10日
    • 価格&割引:10ユーロ(50パーセント)

      二足歩行ロボットには多くの名前がある。メック、メカ、ウォーカー……しかし、『フロントミッション1st リメイク』では、戦闘マシンを単に「ワンツァー」と呼ぶという、最悪のネーミングを採用している。ウォーキングパンツァーという日本語の寄せ集めは、ドイツ人の耳には台所の疫病神にしか聞こえないかもしれないが、とにかくこの戦略ロールプレイングゲームにチャンスを与えることを止めてはいけない。

      フロントミッション1stは、基本的にファイアーエムブレムにメカを足したようなゲームだからだ。あなたは2つの派閥間の戦争に巻き込まれ、新しいパイロットを募集し、戦闘マシンに細部に至るまであらゆる兵器を装備し、10以上の困難なミッションを爆走する。

      リメイク版はスーファミオリジナルのグラフィックを大幅に向上させているが、全体的にフロントミッションはかなり古臭い。特にメニューのナビゲーション。

      「フロントミッション1st – リメイク」のSteamオファーはこちら

      おすすめはここまで。もし他にも知られざるロールプレイングゲームや、Steamのオススメゲームをご存知でしたら、ぜひコメントで教えてください。ちなみに、Steamセールは2024年7月11日まで開催されているので、まだじっくり考えて購入する時間はありますよ。