新生『ドゥーム』は見た目がクールなだけでなく、このジャンル全体にとって重要なニュースでもある

0
21

ゲーム・アズ・ア・サービスの時代において、『Doom: The Dark Ages』のようなゲームはFPSというジャンルにとって強いシグナルだとケヴィンは語る

「Doom: The Dark Ages」の予告編の初公開は、まさに純粋なヘビーメタルです。

Xboxのショーケースで映像が流れた時、スクリーンの中のドゥーム・スレイヤーが新しいバズソー・シールドで悪魔を粉砕している間、エレキギターのビートに合わせて思わずうなずいている自分がいた。

見逃した方は、ぜひここでこの残酷な2分間をご覧ください:

しかし、新しい「ドゥーム」の前日譚は、めちゃくちゃクールに見えるだけでなく、シグナルも発している。AAAファーストパーソン・シューティングゲームの世界では、長い間待ち望まれていたシグナルだ:シングルプレイヤーは死んでいない!

CoDキラーを追え

ここ数年、特にシューター分野のトレンドは明らかにサービスコンセプトへと向かっている。クラシックなソロキャンペーンはますます&nbspシーンから消えつつあり、新しいシーズン、バトルパス、イベント、アップデートなどを中心にすべてが回っているようだ。

大手パブリッシャーは次の「タルコフからの脱出」、新しい「カウンターストライク」、大きな「CoDキラー」の方程式を見つけるために全力を尽くしている。ソロプレイヤー向けのハンドメイドストーリーは道半ばだ。

その一方で、インディーズシーンはシングルプレイヤーシューターというジャンルをほぼ完全に掌握している!

対照的に、AAA部門は耳をつんざくようなコオロギの鳴き声が特徴的だ。そして、もし誰かが「アヴェウムの不滅」のような創造的なことに挑戦する勇気があったとしても、それはしばしば財政的な大失敗に終わるのです。

私たちはまだここにいます!

Doom:The Dark Agesは、それゆえ単なるヘビーメタルではなく、地平線の希望の光である。マイクロソフトのような大企業が、id Softwareのような経験豊富な(そして高価な!)スタジオを、スキンショップやDLC、バトルパスなどの収益マシーン&nbsp

のような純粋なシングルプレイヤー・プロジェクトに投入することをまだ厭わないという証拠だ。

ドゥーム:ダークエイジは、いわばマトリックスのモーフィアスであり、彼は集まったザイオンの前に戦闘的に立ちはだかり、こう叫ぶ: “我々はまだここにいる!”


このような一人称視点のシューティングゲームが今も存在しうるというのは素晴らしいことだ。自分のペースでプレイできるシューティングゲーム。4時間後には次のデイリーチャレンジが現れたり、アイテムショップの品揃えが入れ替わったりと、常にFOMOのメカニックに悩まされることもない。

Doom: The Dark Agesについては、Doom Slayerの前史を描いた前日譚ということ以外、まだよく知らない。

でも、ひとつだけ確かなことがある: このゲームではSBMMやサーバーのティックレート、僕のラウンドを台無しにする迷惑なチーターについて心配する必要はない。

僕と、たくさんの悪魔と、ガラガラと音を立てる丸鋸の盾だけだ。そして、時にはそれだけで十分なのだ