4.8 C
Berlin
日曜日, 11月 27, 2022

ニード・フォー・スピード アンバウンド』新トレーラー Speed Race Gameplay

Follow US

80ファンいいね
908フォロワーフォロー
53フォロワーフォロー

『ニード・フォー・スピード アンバウンド』最新トレーラーでは、ゲームモード「スピードレース」の詳細や、カスタマイズオプション、ベッティングの詳細が紹介されています。

『Need for Speed Unbound』の新トレーラーでは、ゲームモード「Speed Race」のゲームプレイが公開されています。このモードは、シリーズのファンの多くが最も慣れ親しんでいるであろうものですが、Need for Speed Unboundの賭け金と賭け金システム、そしてユニークなビジュアルによって、さらなるスペクタクルが加わっています。

Need for Speed Unbound」は、シリーズをかつてのような高い評価を取り戻すために、細い線でバランスを取っている。すでに公開されているゲームプレイトレイラーの多くは、このシリーズが2000年代のゲームを思い起こさせる風景を望んでいることを示しているが、キャラクターのユニークなアートスタイル、カスタマイズ可能なファッションの選択肢、特殊効果によって、『Need for Speed Unbound』を現代に蘇らせることに成功している。しかし、このシリーズの名物は、「スピードレース」と呼ばれるスプリントレースです。

ニード・フォー・スピード アンバウンドのスピードレースは、決められた場所でスタートします。違法なストリートレースイベントとして、集合場所は秘密のガレージなど、その輪の外からは見えない、警官の目の届かない場所に隠されています。Need for Speed Unbound』のレーススタートでは、待ち合わせスポットでNPCやプレイヤーキャラクターが車のカスタマイズを披露する時間が設けられています。また、スタートラインでは、カメラがスタート前のプレイヤーや他のレースのそばをズームしていくので、一風変わったインタラクションが見られるかもしれません。

」。

レースが始まる前に、プレイヤーはさまざまなサーキットから選択し、イベントに参加するために購入する必要があります。購入価格はヒートレベルに応じて変化し、レースの難易度や「Need for Speed Unbound」での警察との遭遇の可能性を示唆することもあります。プレイヤーは、自分の車と腕に自信があれば、他のレーサーに対してサイドベットをすることもできます。プレイヤーがSide Betに投入する金額は、出場するドライバーのスキルランクにも依存します。

ファンはこれでNeed for Speed Unboundのテイクオーバーイベント、スピードレース、ポリスチェイスのゲームプレイ、そして多くのカスタマイズの要素を見ることができました。また、イベントセレクトメニューでは、他のゲームモードも垣間見ることができました。エンデュランス、ドリフトイベント、ストリートレースです。発売日が間近に迫っていることもあり、今回の「Speed Race」トレーラーが、「Need for Speed Unbound」発売前の最後のゲームプレイトレーラーのひとつになるかもしれません。特に、マイクロトランザクションのマネタイズがどこまでレッドラインを押し上げたのか、ゲームには多くの仕掛けや驚きがありそうです。

Need for Speed Unboundは2022年12月2日にPC、PS5、XboxシリーズX/S向けにリリースされます

Thomas
Thomas
年齢: 31 出身地:スウェーデン 趣味:ゲーム、サッカー、スキー 職業:ネット編集者、芸能人

RELATED ARTICLES

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』、サッカー選手の新オペレーターをトレーラーで公開

サッカー選手がアサルトライフルを持つ?最初は不思議に思うかもしれませんが、『Modern Warfare 2』ではそれが可能になるのです。ワールドカップを機に、新たに3社のオペレーターがシューターに加わりました。有名なキッカー、ネイマール、ポグバ、メッシです。 各オペレーターは発売と同時にショップで購入可能で、価格は各2400CoDポイントです。ネイマールは11月21日から、ポグバは11月25日から、メッシは11月29日から発売される予定です。全事業者の概要とロック解除条件はこちら(はこちら)でご確認いただけます。

邪馬台国:カルト俳優ダニー・トレホもワイルド・ウェストゲームに参戦

11月末より、ファンタジー版ワイルドウェストでヴァンパイアハンターとして「Evil West」をプレイできるようになりました。そして今回、映画『デッド イン トゥームストーン』や『アウトサイダー』などで知られるカルト俳優、デニー・トレホがシューティングゲームの予告編に登場しました。 これは、ゲーム業界に極めて広く普及している、戦利品ボックス、シーズンパス、ゲーム内通貨などのマネタイズ手法を揶揄したものです。しかし、トレホはこれにほとんど興味を示さず、ただゲームをしたいだけだと怒る。そこで、『Evil West』のアクションシーンをご覧いただきます。

Warzone 2.0の空飛ぶ船 – ハッカーがまたやるのか?

飛行体を使ったチートはWarzone 1から既に知られています。現在、Call of Duty: Warzone 2.0でも苦戦しているようです。 コールオブデューティ:ウォーゾーン2.0もハッカーから免れることはないようです。前作はすでにチーターに大苦戦していました。この運命は、後継者にも降りかかる恐れがある。Activisionの最新バトルロワイヤルでは、ボートが空に浮かぶことがあります。 Warzoneにはハッカーが散見された。そこには、多種多様なチートが定期的に登場した。今年初め、カルデラマップのバトルロワイヤルで空飛ぶ車が復活しました。その前に、Verdanskで初めてハックが登場した。今度はこのチートが続編にも登場するようです。 ユーザー「Co2Scorpick」さんは、木曜日にRedditで、Warzone 2.0でボートが空中を飛んでいる映像をシェアしています。その上に2人のプレイヤーが座り、ボートが墜落した後にパラシュートで脱出します。つまり、前編でおなじみのハックがスピンオフ作品にも登場したのです。 ☻ このチートは決して目立たないものではありませんが、それでもハッカーはマップ全体を見渡すことができ、ある地点から次の地点へ素早く移動することが可能です。また、飛車のスピードが速いためイカサマ師はかなり守られており、他のプレイヤーから直撃することはほとんどない。