Flo by Flo in
Call of Duty

Activision Blizzardが全ゲームのモバイル版を開発中であることを明らかにしました。これによると、Call of Duty: Mobileの後、携帯電話でもバトルロイヤルモードがプレイ可能になるとのこと。

Call of Duty: MobileはActivisionにとって大成功でした。ゲームのダウンロード数はわずか1年で3億回を超えました。第3四半期のリリース後、ゲーム開発会社は全タイトルがモバイル端末にも登場することを発表しました。

WZM」の求人広告
最近、会社のホームページに求人広告が出ていました。CoDフランチャイズのモバイルAAA一人称視点シューティングゲームのエグゼクティブプロデューサーを探していました。ゲームは「WZM」の略称を冠しています。ほとんどの場合、この略語はWarzone Mobilと解釈することができます。記載されている発表は既に削除されています。そこにはすでに誰かがいたのでしょうか?

モバイルゲームで成長の可能性
アクティビジョンは、主に有利な中国市場でのコールオブデューティ:モバイルゲームの可能性を見ています。携帯版シューターの事前登録数は5,000万件を超えているという。

Warzoneを確認:モバイルはActivision Blizzardがモバイルゲームで生み出す収益でもある。2019年には、モバイルゲームだけで22億ドルの収益を上げています。

また、他の開発者による以下のようなモバイルゲームも予定されています。

– EAゲーム:アペックスレジェンズ
– ライオットゲームズ: リーグ・オブ・レジェンド
アクティビジョンCEOのボビー・コティック氏の解説が補足されています。

“Call of Duty: Mobile “の発売により、1年足らずで4,000万人から1億人へとプレイヤーを増やしました。2019年と比較すると、この結果をはじめとする抜き打ちのCall of Dutyの取り組みにより、2020年のCall of Dutyフランチャイズは大きく成長すると予想しています。

PUBGモバイルの大成功を受けて、Call of Duty: Warzone Mobileの登場はそう遠くないと予想されています。とはいえ、今年の発売は期待していません。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply