マイクロソフトは2024年、世界最大のシューティングゲームシリーズをついにゲームパスに導入するかもしれない。

0
28

マイクロソフトのゲーム部門は危機に瀕しているが、今危険な作戦がさらなる成長を確実なものにするらしい

好むと好まざるとにかかわらず、コールオブデューティーは史上最大のゲームブランドの1つである: 毎年新作が発売され、平均約2500万本を売り上げている。

マイクロソフトによるアクティビジョン・ブリザードの買収後、この売上高に大きな影響を与えかねない変化が迫っているらしい: 伝えられるところによると、次のCoDはリリース時にゲームパスで直接配信されるようです。

CoD2024がゲームパスで直接リリースされる

ウォール・ストリート・ジャーナルが報じているように、マイクロソフトは近日発売予定のコールオブデューティー2024を初日からゲームパスで配信する予定であると報じられている。この発表は6月9日、毎年恒例のXbox Showcaseで行われる見込み。

WSJによると、この背景には非常に単純な計画があると言われている:マイクロソフトはどうやら、より多くの人々をゲームパスに引き込むために、完全なリスクを取りたいようだ。そうすることで、マイクロソフトはSteam、Battle.net、Xboxストアの従来の売上がカニバリゼーションされることも受け入れているようだ


狙いは、人々を長期的に引き留め、新しいCoDのために70ユーロ以上の出費をしてもらうことだ。ゲームパスアルティメットは現在月額15ユーロ。1年間購入した場合、合計180ユーロを支払うことになり、これはコールオブデューティーのゲーム1本の値段の2倍以上となる


マイクロソフトは、プレイヤーが新作CoDのためにサブスクリプションを購入しても、他のゲーム、例えばStarfieldやDiablo 4のような様々なゲームのために、長期的な顧客になってくれることを望んでいると言われています


WSJが報じているように、このリスキーな決断は成長不足によるものだ: ゲームパスはここ数年成長目標を達成できておらず、2023年のサブスクリプションの成長も鈍化し続けている。

マイクロソフトのゲーム部門は現在危機的状況にあり、最近いくつかのスタジオの閉鎖を発表した。