Stephan by Stephan in
Valorant

VALORANTは第二幕をお願いします。Update 1.05では、エージェントのキルジョイ、新しいバトルパス、新しいゲームモードとしてのデスマッチなど、新しいゲームコンテンツが追加されています。
VALORANTの第二幕はこちら。アップデート1.05でRiot Gamesは、水曜日に新エージェント「キルジョイ」を追加しました。注文経由でエージェントのロックを解除することができます。さらに、すでにesports.comが報じたFree-for-All Deathmatchを搭載した新ゲームモードが登場しています。

また、第二幕では、多数の新スキンにアクセスできる新バトルパスも登場します。Hivemind」「POLYfox」「Red Alert」コレクションから、合計13個のスキンをアンロックすることができます。

プレイヤーはバトルパスのスキンに加えて、5種類の武器のスキンを同梱した “Glitchpop “スキンパッケージを8,700VALORANTポイントで購入することができます。また、「グリッチポップ」カードや武器バディ、落書きなども収録されています。

ランク制度の大幅な変更
ライオットゲームズでは、新コンテンツに加え、1.05アップデートでのランク制を中心に取り組んでいます。将来的には、マッチメイキングでソロとデュオが特別に組み合わされるようになります。これにより、よく練習された5人組のチームと対戦する必要がなくなりました。しかし、その分、待ち時間が長くなる可能性があります。

また、対戦試合後にランクがどのように変化するのか、より良い目印になるでしょう。新しいランキングは、最大3本の矢印が上下に表示されるようになりました。

エージェント・レイズがジェントル化されている
Riot Gamesはバランス調整にも力を入れており、エージェント「Raze」を生成しています。それは今では彼女の究極のフルパイプと彼女の爆発物のパッケージを装備するために長くかかりますが、より少ないダメージを与えることができます。

アップデートには問題がつきもの
アップデート1.05では、新コンテンツや更新されたランクシステムだけでなく、多くの問題が発生しています。Riot Gamesはアップデートのリリース後すぐに生成されたエージェントRazeを無効化しなければなりませんでしたが、それは彼らのUltimateにバグが忍び込んでいたからです。

また、マップ上の壁に問題があったため、マップ「アセンション」も当分の間活動を休止しなければなりませんでした。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply