Stephan by Stephan in
League of Legends

セラフィネはLoL天国の新星。10月中旬からPBEサーバーで新チャンピオンのテストが行われています。10月28日のパッチ10.22では、ライブサーバーにミュージシャンが登場します。

10月28日、”夢見るゴールドスロート “セラフィーヌが『リーグ・オブ・レジェンズ』の幅広い層のプレイヤーの前に登場します。発表された時には、すでに王者ソナに似ていると批判を浴びていた。これが正当化されたのかどうかはまだわからないが、新王者と一緒にスキルやプレイアブルな攻略法を見てみるのも今のうちだ。

真ん中の独演会?
歌手としてのセラフィーヌはスポットライトが大好きで、もしかしたら中間線で壮大なショーを見せてくれるかもしれない。彼女のパッシブ能力「ステージ・プレゼンス」で、使用した能力の3分の1ごとに2回目の演奏を自動で行うことができます。

SeraphineのQ能力を使えば、これが便利になるだろう。呪文の単純なキャストがギリギリ殺せる程度のものであれば、パッシブ能力は優れた救済策となり得る。

また、「ハイノート」では、歌手が自分でミニオン波を効果的に殺すことができるので、自分で中道でゴールドを養殖することができます。

夢見るゴールドスロート」のダメージを増加させることで中盤の彼女を強化するために、「アテナの不聖杯」などのアイテムを購入しておくと、彼女のためのアイテムを購入することができます。

ボットレーンでデュエット?
セラフィネが特に輝くことができるのは、ボットレーンでのADキャリーとのマッチアップだろう。彼女のHPは全体的にあまり高くなく、一部のアビリティは味方の近くで強くなるので、セラフィネのサポートポジションは考えられるだろう。

ここで特に注目したいのが新王者のW能力。サラウンドサウンド」でセラフィネは自身と周囲の味方にシールドと移動速度の増加を与える。彼女自身が以前に何らかの効果で盾を持っていた場合、能力が振り回されて彼女とチームメンバーを癒すことができる–サポーターとしては非常に有用な能力である。

セラフィネは観客をコントロールしている
しかし、セラフィネのキットは、彼女のE能力と彼女のアルティメットを詳しく見てみると、本当に面白くなってくるだけです。Eには、敵チャンプを1秒間スローダウンさせる呪文「ビートドロップ」があります–が、それだけではありません。すでに遅くなったチャンプは固定され、すでに固定されたキャラクターは結果的に気絶します – 1秒のために。

E能力の効果が増えたことで、セラフィネのアイテムビルドに面白い可能性が出てきました。最初から相手の攻撃をわずかに減速させるアイテム、例えば「ライライのクリスタルセプター」は、「ビートドロップ」が二度と相手を減速させず、むしろ直接スタンさせることを保証します。呪文も適切なタイミングで唱えられれば、パッシブ能力が効いて直接Eを2倍にすることができるので、相手を2秒間固定することができます。

セラフィネのキットは、究極能力「アンコール」で完成します。このアビリティは相手をエンチャントし、チャンピオンがヒットするたびに範囲を得る。なので、彼女の能力3つのステータス効果が重要な要素であることは明らかです。それに応じてアイテムを調整し、これらの効果に対応させる必要があります。

 

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply