Flo by Flo in
League of Legends

リーグ・オブ・レジェンズのシーズン10の終わりが来ました。パッチ10.23で、Riot Gamesは2021年のプレシーズンを前にして、ゲームに多くの変更点と大規模なチャンピオン調整を導入しました。

11月11日にLeague of Legendsのライブサーバーにプレシーズンパッチ10.23が到着しました。Riot Gamesによると、今回のアップデートの核となるのはアイテムシステムの全面的な見直し。新パッチの内容については、すでにこちらにまとめてあります。

アイテムに加えて、プレシーズンアップデートは多数のチャンピオンに影響を与えます – ここでは、これらのすべての今後の変更の概要を説明します。

– ケイトリン:クリティカルストライクチャンスがパッシブ能力「ヘッドショット」を軽減するようになりました。
– ジン:クリティカルストライクのパッシブダメージを軽減し、クリティカルストライクチャンスを減少させる。
– セナ:20ソウルごとにパッシブクリティカルストライクダメージ軽減とクリティカルストライクチャンスを減少、究極アビリティ発動時にミストスピリッツを集めるようになりました。
– トラインダミア:パッシブクリティカルストライクチャンス統一-常時0.4%。
– ヤスオ:パッシブアビリティ「さまよえる者の道」が100%を超えるクリティカルストライクチャンスのその部分を追加攻撃ダメージに変換するようになりました。
– Yone: Hunter’s Pathのパッシブアビリティで、クリティカルストライク確率が100%を超えた部分を追加攻撃ダメージに変換するようになりました。

– アカリ:後手後手のQ能力のコストを下げる。
– Katarina: パッシブとEとRのアビリティがヒット効果を発動するようになり、Rがハイブリッドダメージを与え、攻撃速度に応じてスケールするようになりました。
– ケイル:パッシブ能力「神降臨」の攻撃速度が能力値に応じて変化するようになりました。
– Ornn: Masterpiece (Item Revaluation)は神話のアイテムをアップグレードするようになりました;鎧と魔法耐性に加えて、追加の健康を得るようになりました;マスターピースを生産するごとに追加の防御力が増加します。
– ビクトール:ヘックスコア除去、キルに参加してミニオンに死の一撃を与えることでアビリティを強化、Eからのダメージ増加とマナブースト増加。

– 火:パッシブとEアビリティのダメージ軽減。
– 天夢:基本的な健康と防具の軽減。
– エリーゼ:ポイズンバイトEのスキルがヒット効果を発動するようになった。
– Seraphine: 基本的なマナ再生を減少させる;パッシブ能力は能力パワーでスケールする;Q能力へのより高いダメージと能力パワーのスケールするダメージ;E能力へのダメージは減少するがミニオンへのダメージは一定(100%)。
– Twitch: パッシブ能力「Deadly Poison」からのダメージとW能力のスローイングが能力パワーに応じてスケーリングされ、E能力「Contaminate」の能力パワーに応じてスケーリングされることで魔法ダメージを与えるようになりました。
– Volibear: パッシブ能力は能力のパワーに比例して変化し、E能力はゲームの後半でミニオンにより多くのダメージを与えます。

もう一つの調整は31のチャンピオンのマナバランスに影響を与えます:Tear、Shine、Curse of Light、そしてほとんどの神話的なアイテムのマナボーナスは追加のマナを与えないため、多くのチャンピオンは+20のマナ増加を受けるようになりました。 これらのチャンピオンは以下の通りです。

アミュ、アニビア、カミーユ、カシオペア、チョーガス、コルキ、ダリウス、エッコ、エズリアル、フィオラ、フィズ、ギャングプランク、ヘカリム、イレラ、ジャックス、カサディン、マルファイト、ナサス、オルン、リゼ、スカルナー、サイラス、ツイストフェイト、ウディール、ヴィ、ヴィクトル、ヴォリベア、悟空、シン・ザオ、ヨリック、ジレアン。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply