Michael by Michael in
League of Legends

ライオットはリーグ・オブ・レジェンズの世界を広げていく。しかし、新作『Ruined King』はMOBAではなく、孤高の戦士たちのためのロールプレイングゲームになるとのこと。

LoLは常にDota 2と並んでMOBAファンの最初の寄港地となっています。しかし、Ruined King: A League of Legends Storyでは、Riotはソロのロールプレイヤもピックアップしたいと考えているため、今は変わる可能性があります。

このゲームは、PCとすべての主要コンソール向けに2021年初頭にリリースされる予定で、大きなLoLの宇宙の中でもう一つの物語を語ることになります。

チャンピオンとのロールプレイング
要約すると、LoLのゲーム世界ルネテラを脅かす破滅王の話です。 あなたは海賊の街ビルグウォーターと呪われたシャドウ諸島で新たな敵の脅威を回避しなければいけません。これを行うには、あなたの自由裁量で合計6人のチャンピオンを持っています。ミスフォーチュン、パイク、ブラム、イラオイ、アーリ、ヤスオ。

ここまでの話はもう何も知られていません。しかし、知られているのは、『ファイナルファンタジー』などのロールプレイングクラシックをベースにしたターン制の戦術ロールプレイングゲーム『Ruined King』になるということです。トップダウンの視点で世界を探ります。戦うことになった途端、戦術的な側面からの視点に切り替わる。

ここで再びゲームの予告編を見ることができます。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply