Stephan by Stephan in
League of Legends

LoL-Worldのメインイベントが開催されており、すでにエキサイティングな対戦が準備されています。チャンピオンセレクションに驚き、プロ選手を成功へと導く。

上海のWorldsでは、現在のLoLパッチ10.19がLeague of Legendsのメタゲームに大きな波紋を呼んでいます。これまでのグループステージでプロが最も多く選んだ王者はどこなのか、そしてどの王者が目を見張るようなパフォーマンスを見せているのかを見てみました。

ここまでのチャンプセレクトの絶対的な目玉はオルンだろう。王者はプレーオフ時にはすでに個人リーグでも人気があったが、オルンは今でもワールドでの強さには驚かされる。ドレッド・チャンピオンは、これまですべての試合にピックとして、あるいは呪文として登場してきた。これまでに出場を許された4試合のうち、中国チームのマチ・エスポーツ、LGD、韓国DRXでは3度トップレーンを独占している。

勝率100%のルシアンは、第3グループマッチデーのスタート地点にいる。12試合で9回追放されたが、残りの3試合はFnatic、Gen.G、Rogueのために中盤戦で勝利した。

ルシアンと同じように、ピック&バンの段階では中車線でシンドラに遭遇することが多い。9試合では、シンドラは1勝のみで正確に輝くことができませんでした。そのため、どのチームも2度目の王者を指名しなかった。

Twisted Fateは現在ミッドレーンでも人気が高く、お気に入りのチームG2 EsportsとDAMWON Gamingに2勝しています。そのため、念のため、残り9試合で出禁となった。

新パッチ前のメタに反して、ジャングルで目立ったのはヘカリムではなく、意外にもニダレだった。ヴォリベアやグレイブスの前でも、彼女は現時点でそこに最も関係のあるキャラクターであり、勝率は60パーセントです。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply