Emma by Emma in
一般的な

今年のコールオブデューティーは6月末までには既に判明しているはずです。しかし、ここ数年とは裏腹に、パブリッシャーのアクティビジョンはこれまで黙っていた。すでに知られていることをお見せします。

最新のCoDオフシュートの開発者は、今回はBlack Opsシリーズの最後の4部を担当したTreyarchです。これに伴い、2020年の「Call of Duty」シリーズのオフショットもブラックオプスのパートになる可能性が高いと思われます。

これまでのリークでは「Black Ops: Cold War」の名前が指摘されていました。Modern Warfare 2019』と同様に、本作も別のストーリーでシリーズをリブートすることになります。その間にActivisionによって削除された多くの新しいリークによって、タイトルはまだ最終的なものではありませんが、この仮定は確認されているようです。

間にアルファビルドも登場しています。そこには「赤い扉」というコードネームのゲームがあります。このバージョンのゲームはサイズが71ギガバイトで、PlayStationパッケージのデータベースで目撃されています。そこには次のような作品がありました。

ゲームモードに関する情報
現在のところ、ゲーム自体についてはほとんど知られていません。既に過去に正しい情報をリークしたJeff Grubb氏のツイートによると、新型「Call of Duty」は「Black Ops 4」で知られるブラックアウトモードを復活させるべきとのこと。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply