Emma by Emma in
一般的な

パッチ1.03では、VALORANTのプレイヤーは新しい残業時間のフォーマットを期待することができます。将来的には、チームが勝利するためには2連勝が必要になります。
VALORANTのランクモードは、より公平になるものとする。水曜日にリリースされたパッチ1.03では、両チームともに攻撃側、守備側でそれぞれ1ラウンドずつ対戦し、延長戦での勝利を目指すことになります。

新しいオーバータイム形式では、すべてのプレイヤーが5,000クレジットとUltに4つの欠落したポイントで各ラウンドを開始します。1回戦終了後は、これまでのようにゲームが終わらず、ラウンドの勝者が宣言される。その代わりに、サイドチェンジが行われ、別のラウンドが行われなければなりません。同じチームがまた勝てば、試合の勝敗が決まる。

延長戦の選手投票
1回目の延長戦が行われるためには、少なくとも5人のプレイヤーが延長戦に投票しなければならず、2回目の延長戦には8人のプレイヤーが必要であり、3回目の延長戦以降はすべてのプレイヤーがゲームを継続するために投票しなければならない。それ以外の場合は引き分けで試合が変わる。

開発者のRiot Gamesがパッチノートでドローの意味を説明しています。引き分けの場合でも、両チームにリーグポイントが付与されます。リーグポイントは、ゲーム内での上位入賞を目指す上で非常に重要なポイントとなります。

クリティカルなサドンデスへの反応
新しい延長戦形式が導入される前には、「サドンデス」のラウンドが行われていました。この決定戦の勝者が試合全体を制した。このシステムは定期的に批判されていましたが、それはマップの好ましい側のチーム(攻撃側か防御側か)が明らかに有利であったからです。

このように、ライオットゲームズは、コミュニティの批判的なトーンに対応し、残業時間の形式を根本的に変更しました。ゲーム内ランクに影響を与えないカジュアルモードでは、”サドンデス “ラウンド1回のプレイが続きます。

Riot Gamesでは、新しいオーバータイム形式に加えて、”Guardian “ライフルにバフが追加され、Brimstoneが天井にStim Beaconsを配置できるようになりました。7月10日からは、ゲーム内でも生きたドラゴンがスキンとして登場します。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply