Michael by Michael in
一般的な

ゲームに加えて、今では、パブリッシャーの別の共通点がありますエレクトロニック・アーツ、ユービーアイソフト、スクウェア・エニックスとCo.彼らはすべて人種差別との戦いに寄付しています。
FIFAのパブリッシャーであるEAやアサシンクリードシリーズの開発元であるUbisoftをはじめとする多くのゲームパブリッシャーが、ここ数日でソーシャルメディア上で活発に活動するようになりました。
共通項:彼らは皆、人種差別との戦いを支援したいと思っています。

これらの金額は寄付されます。
私たちが判断できる範囲では、Ubisoftは開発者の間で始まりを作り、2020年6月2日に10万ドルの寄付を発表しました。お金はNAACP(全国有色人種推進協会)に行きます。

その後まもなく、Devolver Digital社は、出版社とその従業員がBlackLivesMatter運動に65,000ドルを寄付したことを発表し、お金があれば寄付するよう呼びかけました。

2020年6月3日(CET)の深夜0時少し前に、ファイナルファンタジーの開発者であるスクウェア・エニックスが名乗りを上げ、25万ドルの支援を約束しました。

エレクトロニック・アーツが100万ドル以上を寄付
6月3日の最初のツイートはエレクトロニック・アーツから。ツイートの中では、EA自身のページで読むことができるメッセージへのリンクが張られています。これは、CEOのアンドリュー・ウィルソンが社員に伝えたメッセージです。

FIFAのパブリッシャーは人種差別的不正との戦いに100万ドルを寄付し、今月末までにYourCauseの寄付プログラムを通じて集められた従業員の寄付金を1人につき2倍にするという。闘争への寄付に加えて、雇用主は従業員にも慈善活動を支援したい場合は仕事の代わりに休日を与えています。これが今までで一番高い寄付金で、数時間後にはトップになっています。

ポケモンGOフェス2020 収益は寄付
Pokemon GoのパブリッシャーであるNianticも17時に金銭的な支援を約束しています。ポケモンGOフェス2020」のチケット販売の収益金はこちらに寄付されます。少なくとも500万ドルは約束されている。

こうして24時間以内に、人種差別的不平等との戦いを支援するために数百万ドルが集められた。

出版社の反応はどうでしょうか?他の対策を希望しますか?

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply