Stephan by Stephan in
一般的な

30.06よりCoD: Season 4 Reloadedが発売されました。アップデートでは、より大きなWarzoneのロビー、新しい武器とマップ、そしてより良い武器のバランスがもたらされます。

新マップ、新武器、MP5、グレイネルフ:新しいCoDのアップデートで、ゲームはいくつかのコンテンツによって再び大きくなります。ダウンロードサイズが36ギガバイトということで、特にPCゲーマーの忍耐力が試されることになります。コール オブ デューティ』のコンソールプレイヤーは、ダウンロード数を少し減らす必要があります。

200人用ロビー
ベルダンスクでは、将来的には少し厳しくなるかもしれません。クアーズモードをプレイすると、199人のプレイヤーと1位を争うことができるようになりました。ビッグモードは期間限定で、現在は200人用のロビーはクアッドモードのみとなっています。

ガラケーにも新武器が登場しています。Warzoneで早期にリタイアしたプレイヤーは、スナイパーやセミオートで武装した1対1の戦闘に参加することができます。シューティングアイロンでは、これは以前よりも少し時間がかかるはずです。

しかし、レギュラーマッチには新しいものもあります。サプライラン」の注文で、ナロータラー用のバイイングステーションでアイテムを仕入れることができます。また、全く新しいスポッタースコープもあり、遠距離の敵をマーキングすることができます。スナイパーライフルとは対照的に、敵は望遠鏡のキラキラした光で自分を見つけることができません。

マルチプレイで多くの新機能を搭載
また、通常のマルチプレイのプレイヤーにも新機能がいくつか追加されています。新しいチェシャーパークマップは、24時間365日プレイリストから直接スタートするので、レイアウトにすぐに慣れることができます。人気の出荷24/7プレイリストも復活します。

武器の挑戦やショップからの設計図で、あなたは今、ライテックAMRと呼ばれる新しいスナイパーライフルを取得することができます。モダン・ウォーフェア2のバレット.50と非常に似ているが、ドラグノフよりもダメージが大きいが、セミオートであることに変わりはない。

また、ショップでは、シーズン4のゲーム開始時にいつもお出迎えしてくれたオペレーターのロゼとの新バンドルが手に入ります。他の事業者と同様に、バンドルには2400ポイントがかかります。

武器のバランス調整
特にコールオブデューティのプレイヤーの対戦面では、このニュースはおそらく新アップデートの最大の変更点であるMP5とグレイ5.56が生成されています。

MP5は両方の弾薬のバリエーションのために低い範囲を取得します。また、10mmの弾薬は長距離でのダメージが少なくなり、反動が強くなります。これも武器のジャンプを横から見た時の方がいいですね。

グラウ5.56も同様の扱いになります:レンジが悪くなり、リコイルが若干増えます。また、Tempus 26.4″ ArchangelとFSS 20.8″ Nexusのバレルは、将来的にはより少ないリコイルを補い、より少ない射程を提供します。

対して、これまでほとんどプレイされていなかった他の武器やアタッチメントはバフがかかっているものが多い。これらには、ほぼすべてのスナイパーライフルやDMR、FALやAK-47が含まれており、ショットガン用の弾薬でさえ、まともなパワーブーストを得ることができます。正確な詳細は公式パッチノートに記載されています。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply