Emma by Emma in
一般的な

日本の政令指定都市は、若者がパソコンやスマートフォンで過ごす時間を1時間に短縮する命令を出しています。鉄拳プロデューサーの原田勝弘氏が県構想を鋭く批判。

若者のインターネット依存症疑惑に取り組むため、香川県は4月1日から18歳未満の若者のパソコンゲームやスマートフォンの使用に期限を設けた。

いわゆる「ネットゲーム依存症対策条例」とは、未成年者に対して、平日は最大60分、祝日は最大90分という制限時間を設けるというものです。

また、16歳未満の子供がこれらのメディアを利用できるのは午後9時までとしています。高齢の若者は夜10時までメディアを使わせておくべきだ。しかし、規則に違反した場合の罰則は規定されておらず、保護者が規則を守る責任を負わせています。

鉄拳開発者:規制は日本の文化に悪影響を与える
原田勝弘氏が極めて厳しい批判で規制に反応しています。彼の意見では、親は自分の子供をきちんと教育できないことのスケープゴートを探していた。

担当者は「子どもたちに素晴らしいアイデアや感動を与えられないつまらない精神」を持っていた。原田氏は、この規制が経済的なダメージを与えるとは考えていないが、「日本の文化に悪影響を与える」と危惧している。

Eスポーツはようやく日本でも追いつけるようになるはず
実際、日本政府は同日、日本のスポーツを支援する意向を表明しています。2025年までにビデオゲーム業界の年間売上高は26億ドルになると予想されています。

日本のゲーム市場は売上高186億ドルと世界第3位の規模を誇るが、日本のスポーツシーンは苦しいスタートを切った。商品と同時に宣伝した場合、900ドル以上の賞金が流通するのを防ぐ法律。プロスポーツ選手のライセンスを取得しているのはここ2年だけで、賞金900ドル以上を集めることができたのはここ2年だけです。

ドイツでのこのようなプロジェクトは、スポーツをはるかに後ろに置くことになるだろう。ESL選手権やLECのようなメジャーな国内リーグや大会は、1時間のプレー時間でほとんど練習できない若い才能がいなければ考えられない。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply