Halo Infinite、Operation Anvilアップデートを開始

0
11

ヘイローインフィニットは、新たな20層のオペレーションパスや、人気のビッグチーム戦モードの新しい楽しみ方を含む、新しいアップデート「オペレーションアンビル」をリリースしました。このアップデートは2024年7月2日に公開され、Halo Infiniteファンにこの夏を楽しむための新コンテンツを提供した。

Halo Infinite』は2021年に発売され、マスターチーフとマイクロソフトの伝説的な『Halo』フランチャイズに新たな時代をもたらした。このゲームは、プレイヤーを『Halo』シリーズにとって大きく新しい、豊かなオープンワールドに引き込み、マスター・チーフをこれまでで最も手強い敵に挑ませる: 追放された者たちだ。革新的なキャンペーンに加え、『Halo Infinite』には強力なマルチプレイヤーモードが搭載され、全プレイヤーに無料で提供された。ここ数年、開発元の343 Industriesは満足のいくアップデートや新コンテンツをプレイヤーに提供するよう努めており、先日も新アップデート「Operation Anvil」を配信した


オペレーションアンビルは7月2日から7月30日まで実施され、プレイヤーはサンガイリテーマの新アーマー「ASSAILER」や新エンブレムを獲得できる。また、Halo InfiniteのThe Exchangeで使用できるスパルタンポイントも追加で獲得できます。プレイヤーは、マッチXPや期間限定のチャレンジをクリアすることで、新しいオペレーション・パスを進めることができます。獲得したクレジットは、新オペレーション・パスの永続化や、新オペレーション・パスの全20階層を即座にアンロックするオプションなど、プレミアムサービスに使用することができます。

Halo Infinite、Operation Anvilアップデートをリリース

  • 500クレジットはオペレーションパスの耐久性を高め(有効期限はありません)、オペレーションのライブウィンドウ中にボーナスXPを提供します。また、追加のチャレンジスロットと限定カスタマイズアイテムも含まれます。
  • 2,000クレジットでオペレーションパスの全20階層がアンロックされます。
  • 上記のいずれかを購入すると、M41 SPNKrの新しい武器モデル「スマッシュ&グラブ」と武器コーティング「レントシーカー」が付属します。

今回のアップデートでのもう1つの大きな変更点は、Halo InfiniteのBig Team Battleに新モードが追加されたことです。HALOのキャンペーンで登場したZetaHALOのサブモニターの1つであるAdjutant Resolutionがマルチプレイに登場する。プレイヤーは2つのチームのどちらかに所属し、自チームを守りながら相手チームのセントリー(尖兵)を倒すことが目的となる。両チームとも2,000ポイントからスタートする。セントリーにダメージを与えるとポイントが下がり、いずれかのチームがゼロになると試合終了となる。ビッグチームバトル: セントリー防衛戦は以下のマップでプレイできる。

  • フラグメンテーション
  • ハイパワー
  • デッドロック
  • オアシス
  • スカー
  • コマンド

このアップデートは、ゲームの方式に対するいくつかの大きな調整に続くものです。今年に入り、343 Industriesは「Halo Infinite」の季節的なコンテンツアップデートを停止し、新しい「Operation Anvil」のような小規模なリリースに切り替えました。HaloInfiniteの7月の新アップデートでは、コミュニティが作成したビッグチーム戦マップ「Command」や、障害者プライド月間と6月1日を祝ういくつかの無料アイテムが追加されました。ヘイローインフィニットにログインするだけで、新しいアーマーコーティング、バイザー、エンブレムがアンロックされます。