Halo 7』に新しいリードデザイナーが誕生

0
16

343 Industriesは、Haloフランチャイズの次期メインライン作品の新しいリードデザイナーとして、BungieとCreative Assemblyに在籍していたDan Gniadyを採用した。Halo』はマイクロソフト最大のファーストパーティIPのひとつで、シリーズはバンジーによってスタートしたが、『Halo 3』以降は343 Industriesが開発業務を引き継いでいる。マイクロソフトからの最近のティーザーや開発会社による求人情報から、この開発会社は2021年のタイトル『Halo: Infinite』の続編に取り組んでいると見られている。

Halo 7』については、マイクロソフトから正式に発表されていないため、あまり知られていない。Halo: Infinite』は現在もメンテナンスが続けられており、最新のパッチは『Tenrai IV Operation』アップデートだが、一部のファンは『Infinite』がアップデートのたびに勢いを失っていると考えている。343インダストリーズが3月に新たなポジションをいくつか開設したことから、『Halo 7』の制作が始まったのではないかと推測する声もある。ダン・グニアディが次回作のデザイナーに起用されたことで、この噂はさらに高まっている。
RebsGamingによる『Halo 7』の現在の開発状況をまとめたビデオで、343 Industriesがダン・グニアディ氏を採用したことが発表され、グニアディ氏は自身のLinkedInページに新ポジションを祝う投稿を行った。Gniady氏は以前、Creative AssemblyでキャンセルされたHyenasゲームのリードデザイナーを務めており、Bungieでは10年間ゲームプレイデザイナーを務めていた。「多くのクールなチームとラジカルなプロジェクトについて話した後、私はチーフと友人と一緒に働く機会を得ました。「私はHaloが大好きで、その遺産を増やす一員になれることにとても興奮しています。

Halo7について今のところ判明していること

」。

次回作について唯一わかっていることは、昨年の求人情報によると、Halo 7はUnreal Engineを使って作られるらしいということです。その他、RebsGamingのビデオでは、2022年から2023年にかけてプリプロダクション作業が完了し、開発者達がシナリオやキャラクターなど、今後のHaloプロジェクトのクリエイティブな方向性について懸命に取り組んでいる様子が紹介されています。

マイクロソフトは『Halo』フランチャイズ本編の7作目をまだ正式発表していない。Halo 7』のストーリーにはいくつかの異なる方向性が考えられるが、最も簡単なルートは『Halo: Infinite』で始まったストーリーを続けることだ。当面は、『Halo』の今後について343インダストリーズやマイクロソフトから公式情報が発表されるのを待つ必要がある。