トゥームレイダー』1~3リマスター版、ファンにエキサイティングなニュース

0
25

Aspyrはトゥームレイダー1-3リマスターのフィジカル版を発売すると発表した。トゥームレイダー1~3リマスター版には複数の段階があり、stXDefiant ist da: 発売日、予約、そしてCoDライバルの始まりはすべてこちら。

DerCoD-KoncurrentのXDefiantがスタートラインに立ちました。リリースに先駆け、重要な情報をお届けします

XDefiantは本日、正式リリースを迎えました。Ubisoftの新しいFree2Playシューターは、多くのバージョンアップとさらなる追加要素を経て、PC版、PlayStation 5版、XboxシリーズX/S版がリリースされました。

スタート時に知っておくべきこと、プレイ時間、プリロード、重要な情報をすべてお伝えします。

Release-Uhrzeit: いつ、どこで XDefiant を開始しますか?

XDefiantは2024年5月21日にリリースされます。2024年5月21日、19時公開されます。

PC版のリリースは、ユービーアイソフト独自のランチャーを使用して行われます。

プリロードおよびダウンロード価格

Der Preload for XDefiant は16日よりダウンロード可能です。月よりご利用いただけます。また、ゲーム開始直後からプレイすることができます。また、PCに33GBの空き容量があります。

プレシーズン: XDefiantのリリースは何を意味しますか?

XDefiantはプレシーズンを開始します。

」は、14のカード、44の攻撃力を持つ24の攻撃手段、そして6つのゲーム・オプションから構成されています。

マイクロトランザクションとPay2Win

多くのFree2Playゲームと同様、XDefiantもMikrotransactionを採用しています。Ubisoftは、Pay2Winの仕組みは採用していませんが

ゲームプレイに影響を与えるすべての要素は、ゲーム内のゲームプレイだけでなく、ゲーム内でも自由に変更することができます。

その例として、DedSec-Fraktionが挙げられます。これは、直接入手することも、700,000EXPのサンプリングによって自由に実行することもできます。そのため、ValorantやOverwatch 2のような、他のプレイヤーが自由にプレイできるゲームもあります。

Statdessenは、コスチュームがマネタリゼーションの一部となります。このリリースを記念して、インゲームショップで以下の商品をお買い求めいただけます:

  • キャラクタースキン
  • ワッフンスキン
  • MVPスピラーアニメーション
  • Spieler-Karten
  • 絵文字パッケージ

バトルパスには何がある?

    トゥームレイダー1-3リマスターのフィジカルエディション

    9月24日発売、予約受付中

    ベース・エディション(35ドル): ジュエルケース入り

    デラックス・エディション(55ドル):

    Deluxeエディション(55ドル):80ページ以上のゲームシークレットを収録した「探検マップブック」、オリジナルサウンドトラックのダウンロードクーポン、SteelBook、集合タックインボックス。

    コレクターズ・エディション(200ドル):

    コレクターズ・エディション(200ドル): コレクションのオリジナル・サウンドトラックを収録したスチールブック、集合タックインボックス、12×16インチのポスター3枚、トレーディングカード、ララ・クロフト・フィギュア、サウンドトラックCDが付属。

    お求めいただきました。

    トゥームレイダーI-IIIリマスターは、

    @LimitedRunGames

    からコレクターズエディションを含むフィジカルエディションが発売されます!

    https://t.co/tsOVRxdAQz

    5月21日から6月23日まで予約受付中

    pic.twitter.com/bb58fcw5Ng

    – トゥームレイダー (@tombraider)

    2024年5月21日

    コレクターズ・エディションは、PlayStation、Xbox、Switch、PCなど、すべての主要プラットフォームで予約できる。200ドル版のマーケティング資料によると、ララ・クロフトのフィギュアはすべて主人公のゲーム内の姿に忠実で、3つのフィギュアは3つの名作ゲームそれぞれにおけるクロフトの姿を描いている。

    トゥームレイダー1-3リマスター』は好評を博したものの、開発元のアスピア社は最近、苦境に立たされている。これは、移植とリマスターを専門とするデベロッパーのもう1つの類似プロジェクトである「Star Wars: Battlefront Classic Collection」の大荒れのローンチによるものだ。

    トゥームレイダー」の今後を考えると、次回作では大きな変化があるかもしれない。最近、あるインサイダーが、次回作『トゥームレイダー』はインドを舞台にした完全オープンワールドになり、ユーザーはバイクやパラシュート、その他の移動手段を自由に使って、制限のない世界を探索できるようになると主張した。また、このインサイダーは、次のトゥームレイダーは、遅延がなければ来年中にリリースされる予定であるとも述べているが、このニュースはまだ完全に未確認である。