デッドプールの新コミックに『マーベルVSカプコン4』が登場

0
10

デッドプールの最新号で、タイトルキャラクターが伝説的な格闘ゲームのクロスオーバー・フランチャイズに言及し、特にマーベルvs.カプコン4に言及した。 マーベルとカプコンのクロスオーバー・フランチャイズは、6月初めにマーベルvs.カプコン ファイティングコレクションで大きな話題を呼んだ: Arcade Classics」がNintendo Directで発表され、大きな話題となった。この新コレクションは、すべての名作ゲームを1つのパッケージにまとめ、初めて現代のシステムでプレイできるようにするものだ。この新しいコレクションが、真の「マーベル vs. カプコン4」への道を開くのではないかと期待する声もある。

2017年に発売された『Marvel vs. Capcom: Infinite』の評判は賛否両論で、ほとんどのファンは真の『Marvel vs. Capcom 4』だとは思っていない。争点となったのは、ストーリーキャンペーン、半リアルなアートスタイル、そして特にロースターだ。マーベル・シネマティック・ユニバースとのタイアップということで、シュマ=ゴラス、ウルヴァリン、ドクター・ドゥーム、シー・ハルクなどの人気キャラクターが『インフィニット』のロースターからカットされた。マーベルは『Marvel’s Midnight Suns』、『Ultimate Alliance 3』、『Arcade Classics Collection』といったゲームにおいて、新たに再獲得したX-Menの権利に大きな関心を寄せており、これはデッドプール自身が言及した『Marvel vs. Capcom』新作への道を開く可能性がある


2024デッドプール・コミック・シリーズの最新号では、口先だけの傭兵がカルト教団をやっつけるためにタスクマスターと組み、デッドプールはもう一人の傭兵にコンビネーション攻撃をするよう特別に呼びかける。そしてデッドプールはタスクマスターの盾から飛び降り、空を飛び、「デッドプール…そしてタスクマスター。最高の。最高の友達。最高の。壁に激突する前に。逆さまのまま、デッドプールは「マーベルVS.カプコン4にその技を入れるべきだ」と口にする。


デッドプールとマーベルVSカプコンの歴史

デッドプールのこの口癖は、マーベルVSカプコン4が開発中である可能性への言及かもしれないし、ライターがファンに生意気なことを言っているだけかもしれない。しかし、デッドプールがこのフランチャイズで最後に登場した作品に言及するのは、らしくないことではないだろう。デッドプールは以前、『マーベル VS. カプコン3』と、その再リリース版である『アルティメット マーベル VS. カプコン3』でプレイアブルだったが、『インフィニット』のロースターから多数カットされたうちの一人だった


マーベル vs. カプコン3では、デッドプールは自分のヘルスバーを武器にしてハイパーコンボを決めたり、勝利するたびにプレイヤーに直接話しかけたり、さらにはカプコンに次のストリートファイターの表紙を飾れるかどうか尋ねるなど、第四の壁を破るような奇抜な行動を見せてくれる。同じゲームの中で、シー・ハルクは、もしMvC4があるなら、ウェイドもそこで倒すと口にしている。マーベルVS.カプコン ファイティングコレクション』の反響が信じられないほど大きかったので、この再戦もあり得るだろう: アーケード・クラシックス』では、この再戦が実現する可能性がある