15.3 C
Berlin
火曜日, 5月 28, 2024

ジュラシック・ワールド Evo 3:人気ディノパークシリーズの新作が公開 – 公開はそう遠くない

Follow US

80ファンいいね
908フォロワーフォロー
57フォロワーフォロー

ジュラシック・ワールド・エボリューションの新作が制作中で、早ければ2025年にリリースされるかもしれない。開発元のフロンティア・デベロプメンツも更なる計画を明らかに

ジュラシック・ワールド・エボリューション3が本当にやってくる!これは現在、開発元のフロンティア・デベロプメンツから正式に発表されています。すでに発売日も決定しており、ディノパークファンはそれほど長く待つ必要はないでしょう。

JWE3に関する既知の情報と、フロンティアが発表したその他のゲームプランをまとめました

ジュラシック・ワールド・エボリューション3について

When is it released?The release period is between June 2025 and May 2026, the specific date are not yet known. 1作目のジュラシック・ワールド・エボリューションは2018年6月、2作目は2021年11月に公開されました。

中身は?正確な内容についてはまだ何も発表されていないが、お馴染みのゲームプレイは継続されると推測できる: 自分の恐竜パークを作り、新しい化石を発掘し、その化石から巨大なトカゲのクローンを作り、囲いの中に配置し、来園者の願いを叶える。

映画スタジオのユニバーサル・ピクチャーズは、私たちと再び協力しているので、おそらく次の映画から新しい恐竜がゲームに登場するでしょう。アメリカでは2025年7月2日公開予定です。予告編はまだありません

新作映画がファン(とディノフリークのステフィ)から比較的あまり愛されていない一方で、JWEゲームはこれまで非常に人気があり、フロンティアで最も成功しているタイトルの1つである。パート1は84パーセント、パート2は88パーセントの好意的なSteamレビューを獲得している。特に恐竜の生き生きとした姿に歓声が上がっています。

その一方で、「プラネット・ズー」や「プラネット・コースター」といったフロンティアの他の建設シムほど創造的な自由度は高くない。JWE3にこうした要素がさらに盛り込まれるかどうかは未知数だ。建設ゲームのさらなる充実 このジャンルで非常に経験豊富な同スタジオの他の建設シムを期待している人たちも、近々朗報を期待できるだろう: フロンティアは毎年新作をリリースしたいと考えており、次回作(未発表)は2024年6月から2025年5月の間にリリースされる予定だ。 もしかしたらサマーゲームフェスで発表があるかも?

つまり、Planet Zooの新作DLCの時期は終わりに近づいており、開発者は徐々に新しいプロジェクトに移行していく可能性が高い。もちろん、建設ファンたちは次に何が来るのかについて、すでに様々な憶測を巡らせている。まったく新しいブランド?詳細が分かり次第、またお知らせします。何かアイデアはありますか?

RELATED ARTICLES

レインボーシックス シージ、新シーズンを発表

レインボーシックス シージは、複数のナーフ、クオリティ・オブ・ライフの変更、2人の新オペレーターを特徴とするセカンドシーズン「ニューブラッド」のロードマップを公開した。Ubisoft Montrealは以前、シーズン1のシーズン中盤のアップデートでシーズン2の大幅な改善を発表していた。しかし、今回の発表には『レインボーシックス シージ』ファンへのいくつかのサプライズと、評判システムの完全始動に関するいくつかの悪いニュースが含まれている。悪いニュースとしては、『レインボーシックス シージ』のクリエイティブ・ディレクターであるアレクサンダー・カルパジスは、「評判システム」はアルファ版でリリースされる予定だったが、シーズン2のローンチには含まれないと説明した。開発者たちはまだフィードバックを集め、仕組みを改善中だという。とはいえ、ユービーアイソフト モントリオールは2人の新兵オペレーターを始めとする大きなポジティブな変化を約束しているので、ファンはエキサイティングでゲームチェンジャーなシーズンを楽しみにしていることだろう。YouTubeの詳細ビデオで、『レインボーシックス シージ』はシーズン2のロードマップを発表しました。レインボーシックス シージ』のMETAでは、プレイヤーはこれらの非特殊なキャラクターをカスタマイズして、特定のゲームプレイのニーズに合わせ、素晴らしいオペレーターコンボを作り出すことができます。ストライカーはスタングレネード、フラグレネード、インパクトEMPグレネード、ハードブリーチチャージ、スモークグレネード、ブリーチチャージ、クレイモアを装備可能。セントリーは、インパクトグレネード、展開可能シールド、有刺鉄線、近接アラーム、防弾カメラ、観測ブロッカー、ニトロセルを装備できる。しかし、メタゲームにおける最大の変化は、シーズン2において、レインボーシックス シージで最高のディフェンダーであるフェンリルとソリスの2人が積極的にナーフされたことである。ソリスのゴーグルは準備段階で機能しなくなり、射程距離と耐久力が減少する。Fenrirのガジェットもナーフされ、地雷は4つに、コードは2つに減少する。さらに、フェンリルのF-NATTドレッド地雷は弾丸を通さなくなり、地雷の展開に新たな難易度が加わる。レインボーシックス シージ シーズン2(Year9)完全変更ログ2人の新兵キャラクター: ストライカーとセントリー。Nerfed Operators: フェンリルとソリス 期間限定モードの復活: 消耗戦。(死亡したオペレーターはロックアウトされる) 新モード:エンドレスドリル。(ダミーが散らばるマップの全フロアで、60分間途切れることなく訓練を行う。) トレーニングモードに新しいオペレーターが登場: ヴィジルとサンダーバード(ディフェンダー)、エース、デミオ、ヒバナ、黒ひげ(アタッカー)。トレーニングモードの新マップ:...

プレイステーションに新しいパートナースタジオが誕生

イスタンブールを拠点とするShadowfall Studioは、PlayStationの公式パートナーとなったことを発表した。このインディーデベロッパーは現在、コードネーム「Project Daeron」というデビュープロジェクトに取り組んでおり、市場をリードするプラットフォームホルダーであるプレイステーションの目に留まったようだ。近年、PlayStationは新興市場におけるゲーム開発パートナーの発掘に積極的に取り組んでいる。中国、インド、そして最近ではアフリカといった国々で「ヒーロー・プロジェクト」を立ち上げ、有望なゲーム開発者を発掘して資金を提供している。このプログラムのおかげで、『Lost Soul Aside』のようなゲームが軌道に乗ることができた。PlayStation Partnerプログラムも同様で、PS5の開発キットを貸与し、PlayStation Storeでのセルフパブリッシングを許可することで、インディーズデベロッパーを支援し、より大規模なゲームマーケティングを支援している。PlayStationパートナーズプログラムは、『PowerWash Simulator』、『Kena: Bridge of Spirits』、『Returnal』といった優れたゲームを生み出し、後者はPlayStationがデベロッパーのHousemarqueを買収するに至った。そして今回、Shadowfall Studioが最新のPlayStationパートナーに選出され、「次の大作」をPS5で発売することをTwitterで発表した。イスタンブールに拠点を置く同スタジオは、コードネーム「Project Daeron」と呼ばれる協力型アクションゲームに取り組んでいる。シャドウフォール・スタジオの公式サイトには、トルコ神話をベースとし、シャーマンや時には神々と戦う「悪役の主人公」を主人公とするゲームであることが記載されている。Shadowfall StudiosがPlayStationのオフィシャルパートナーになったことをお知らせします。次のビッグタイトルはPS5コンソールで発売する予定ですので、ご期待ください!gamedevelopment playstation5 console indie shadowfallstudios pic....

グランブルーファンタジー リリンク』アップデートを5月31日に実施

グランブルーファンタジーの1.3.0アップデートが配信されます: グランブルーファンタジー: Relink』の1.3.0アップデートが5月31日に実施されます。このアップデートでは、新キャラクターやファン待望の新機能が追加されます。2月に発売されたグランブルーファンタジー: Relinkは日本の大手メディアCygamesが開発・パブリッシングするアクションRPGだ。発売以来、2度の大型アップデートが行われ、追加キャラクターやクエスト、有料セットなどが導入されている。グランブルーファンタジー グランブルーファンタジー:リリンク』では、バージョン1.3.0にて更なる新コンテンツが追加される予定です。グランブルーファンタジー リリンクのアップデート1.3.0が5月31日に配信されることが、ゲームの公式Twitterアカウントによって明らかにされた。このビルドでは、大天使サンダルフォンがプレイアブルキャラクターとして追加される。また、ゲーム発売後に多くのプレイヤーが求めていたフォトモードや、新しい有料コンテンツなども導入される。投稿によると、1.3.0アップデートの詳細はまもなく明らかになるとのこと。バージョン1.3.0は5月31日にリリースされます!羽ばたく準備はできていますか?このアップデートの詳細は近日中にお伝えしますので、お楽しみに!Relinkpic.twitter.com/PK1F9oqBRp-グランブルーファンタジー:リリンク (@gbf_relink_jp) 2024年5月24日 サンダルフォンは、ゲーム内で特定の条件を満たすことでアンロックできる無料の追加キャラクターですが、グランブルーファンタジーのサイトにあるアップデートページによると、購入することも可能です: グランブルーファンタジー:リリンクのサイトにあるアップデートページによると、サンダルフォンは無料で追加される。サンダルフォンは2014年に発売された初代『グランブルーファンタジー』に登場したが、同シリーズの格闘ゲーム2作品には登場しなかった。グランブルーファンタジーバーサス』とその続編『グランブルーファンタジーバーサス:ライジング』は、『ギルティギア』や『ブレイブルー』で有名な伝説的スタジオ、アークシステムワークスが開発したタイトルだ。サンダルフォンはまた、同フランチャイズのアニメ化作品には登場しなかった。グランブルーファンタジー Relink アップデート1.3.0 新キャラクター(ユーブイエックスダブリュージェイ)(ユーブイエックスエイチSandolphon サンドルフォンと同じく、グランブルーファンタジーに追加されたプレイアブルキャラクター: Relinkの前作1.2.0アップデートで追加されたキャラクター「セウフォン」と「ツェイエン」は、過去シリーズにも登場しています。この2人は、各クラス最強の戦士で構成された10人のグループ「エターナルズ」の一員で、グランブルーファンタジーで入手できます: Relinkで、シエロという商人から購入できる「スペシャルクルーメイトカード」を使って入手できます。グランブルーファンタジー: Relinkは発売から数週間で100万本を売り上げ、現在Steamでは30,000件近いレビューに基づく総合評価がVery Positiveとなっている。しかし、発売前にこのタイトルは不安定な開発期間を経験しました: Relinkは当初、2018年にリリースされる予定だったが、Cygamesと共にこのRPGを開発した日本のスタジオPlatinumGamesは、結局プロジェクトから離れることになった。