13 C
Berlin
土曜日, 4月 13, 2024

サイレントヒル2のESRBレーティングがオンラインに登場

Follow US

80ファンいいね
908フォロワーフォロー
57フォロワーフォロー

サイレントヒル2リメイクのESRBレーティングが公開され、サバイバルホラーフランチャイズのファンにはたまらないゲームになることが示唆されました。

サイレントヒル2リメイクのESRBレーティングに関する新たな詳細が明らかになり、開発は順調に進んでいるようだ。サイレントヒル2リメイクのESRBレーティングは、数十年にわたりホラーフランチャイズに期待してきたファンからすると、非常に的を得ていると思われる。

ESRBレーティングは、ゲームの内容がどの年齢層に適しているかを購入希望者に知らせるものだ。この特定のレーティングは北米地域で使用されており、世界の他の地域には独自の規制委員会がある。数週間前にGRACレーティングが明らかになった後、『サイレントヒル2』リメイクの韓国での発売が注目された。ゲームの制作が前進したことで、北米市場向けのレーティングも決定した。

2001年に発売された『サイレントヒル2』のリメイク版が、ESRB公式サイトにより、正式に「M for Mature」のレーティングを受けました。さらに、ESRBの警告には “血と血糊、言語、性的テーマ、暴力 “が含まれています。レーティングの概要を見てみると、プレイヤーはサイレントヒル2リメイクが「リアルな銃撃戦、痛みの叫び、血しぶきエフェクト」を特徴とするホラーアドベンチャーゲームとして説明されていることが分かる。

サイレントヒル2リメイクはコナミのカムバックを左右するかもしれない

さらに、レーティングサイトは、特定のゲームレベルに「大きな血痕」と「壁、床、および周囲の遺体に腸/臓物」が存在することを明らかにしている。その上、このゲームには、突き刺し、窒息死、”体の一部を縫い合わせる “といった暴力的なカットシーンがあることが確認されている。また、『サイレントヒル2』リメイク版には、台詞からゲーム内のキャラクターモデルに至るまで、様々な性的または示唆的な表現があるらしい。当時最も評価の高かったホラーゲームのひとつであるオリジナルの『サイレントヒル2』もまた、陰惨で露骨な内容であったことを念頭に置けば、この記述はファンにとって馴染み深い『サイレントヒル』体験が得られることを保証するものだろう。

約10年前に事実上AAAゲーム開発から撤退したコナミは、サイレントヒルとメタルギアという最も人気のある2つのフランチャイズを復活させることでカムバックしようとしているようだ。日本の会社はすでに「メタルギアソリッド:マスターコレクション Vol.1」を出荷し、かなり好評を博しているが、このコレクションは基本的に古い移植の束であり、一から作り上げた本格的なAAAプロジェクトではない。従って、コナミのカムバックの真の運命は、おそらく次のAAAゲームによって決定されるだろう: スネークイーター』(2004年の『メタルギアソリッド3 スネークイーター』のリメイク)である。

サイレントヒル2』リメイクの戦闘トレーラーに対する反応が今ひとつだったため、開発元のBloober Teamは今年発売予定のゲームに向け、さらなるトレーラーを公開し、多くのことを証明しようとしている。P.T.が発売中止になって以来、サイレントヒルの新作を待ち望んでいたファンは、今度のリメイクがこのフランチャイズを正当に評価し、適切な復権の幕開けとなることを期待しているに違いない

Stephan
Stephan
年齢: 25 才出身地:ブルガリア 趣味:ゲーム 職業:オンラインエディター、学生

RELATED ARTICLES

Total War: Warhammer 3 – Thrones of Decay」今春リリース、新DLCの内容はこれだ。

TW:Warhammer3の次のDLCがスタートブロックに入り、3人の伝説的な新司令官がゲームに登場 Thrones of Decayは、Creative AssemblyのストラテジーゲームTotal War: Warhammer 3の次の大型DLCとなります。この拡張コンテンツはまだ具体的なリリース日が決まっていませんが、その内容に関する最初の詳細が公開されました。これらには、3人の新しい伝説的な司令官とその特別なキャンペーンメカニクスが含まれます。 Warhammer 3: Thrones of Decayに関する重要な情報 リリース:リリースは2024年春を予定しています正確な日付はまだありません プラットフォームと価格:これまでの拡張と同様に、『Thrones of Decay』はSteam、Epic Games Store、Microsoft Storeで購入可能です。 となります。 前回のDLC「Shadows of Change」は、コミュニティから多くの批判を受けました:高すぎる価格に対して新コンテンツが少なすぎるというものでした。クリエイティブ・アセンブリはコンテンツを増やし、今後の拡張を別の方法で扱うと発表した...

バトルフィールド2042:シーズン8を作る代わりに、開発者は新たな計画に取り組んでいる

マルチプレイヤーシューターに次のシーズンはありません。小規模なアップデートは継続されるが、焦点は後継作に移っている おそらく多くのファンがすでに疑っていただろうが、シーズン7がバトルフィールド2042の最終章であることが正式に発表された。 物議を醸したこのシューティングゲームにはもう新しいコンテンツは提供されず、小規模なアップデートのみがサポートされる。その代わり、開発者はシリーズの未来に全力を注ぎたいとのこと バトルフィールド2042の次は何ですか? もちろん、マルチプレイヤーシューターが完全に見捨てられるわけではない。今後数ヶ月の間に、有名マップの新バージョンや戦闘機、新アサルトライフルなど、シーズン7向けのコンテンツがいくつかリリースされる予定だ。その後も、プレイヤーは以下のようなアップデートを期待できる。 チャレンジ イベント ゲームモード メンテナンス作業(バランス変更、バグ修正など) バトルフィールド2042の悲惨なローンチの後、開発者は次回作ではクラス制への回帰が示唆するように、これまでとは違ったやり方をしたいと考えているようだ。シューターエキスパートのフィルは、新作「バトルフィールド」が何を達成すべきかをすでに明確に把握している。彼が必須だと考える7つの改善点については、コラムで確認してほしい。

噂:プリンス・オブ・ペルシャの新作が5月に発売されるとのこと

週末、業界関係者のトム・ヘンダーソンは、ユービーアイソフトが伝説的な「プリンス・オブ・ペルシャ」シリーズの完全新作に着手したことを明らかにした。タイトルは『The Rogue Prince of Persia(ザ・ローグ・プリンス・オブ・ペルシャ)』。同スタジオはインディーズで成功を収めた『Dead Cells』ですでに名を馳せている。 週末、業界関係者のトム・ヘンダーソン氏は、ユービーアイソフトが伝説的な「プリンス・オブ・ペルシャ」シリーズの完全新作を開発中であることを明らかにした。The Rogue Prince of Persia」と題されたこのゲームを開発するのは、他ならぬ開発スタジオEvil Empireだ。同スタジオはインディーズで成功を収めた『Dead Cells』ですでに名を馳せている。 Hendersonの情報源によると、『The Rogue Prince of Persia』はローグライトというジャンルを再定義するとのこと。これは、シリーズで知られる、より伝統的で直線的なアドベンチャーから大きく逸脱することを意味する。このゲームの開発は、ユービーアイソフトとEvil EmpireがGDC 2019の期間中に協力することを決めた後、4年前に始まったと言われている。 。 「The Rogue...