10.1 C
Berlin
火曜日, 4月 16, 2024

ファイナルファンタジー7作曲家植松伸夫、FF7リメイクへの復帰を希望 その3

Follow US

80ファンいいね
908フォロワーフォロー
57フォロワーフォロー

ファイナルファンタジーの伝説的な作曲家、植松伸夫氏は、ファイナルファンタジー7リメイク第3弾に再び携われることを光栄に思うと語っている


植松伸夫氏は最近、スクウェア・エニックス ミュージックチャンネルに投稿されたビデオに、ファイナルファンタジー7 リメイクのクリエイティブ・ディレクター野村哲也氏、脚本家野島一茂氏とともに出演し、同シリーズのために作曲した曲について語りました。野村は最終的に植松に、3部作の最後となる3作目のために戻ってきたいかと尋ね、伝説的な作曲家は光栄だと答えた。そして、植松氏は「ファイナルファンタジー7リメイク」の次回作に取り掛かる前に休暇が必要だと冗談を言った。

植松伸夫のファイナルファンタジーサントラワークは象徴的

近年、植松伸夫はゲームサウンドトラックの制作から離れようと考えていたが、『ファイナルファンタジー7 リメイク』の次回作には参加する意向のようだ。もちろん、彼のゲームへの参加はまだ決まっていないが、彼のフランチャイズ内でのレガシーと、前2作のテーマが暖かく迎えられたことを考えると、植松氏がファイナルファンタジー7のゲームのためにまた曲を作曲するのは、ファンにとって間違いなく喜ばしいことだろう。

Emma
Emma
年齢: 26 才出身地:フランス 趣味:ゲーム、テニス 職業:オンライン編集者

RELATED ARTICLES

幻神インパクト、4.6の発売日をシネマティックトレーラーで公開

幻神インパクト、待望のバージョン4.6のリリース日を公開!新星5アルレッキーノのアクションを紹介するシネマティックトレーラーも公開! 幻神インパクトがバージョン4.6のリリース日を予告編と共に発表 幻神インパクトは、バージョン4.6 "Two Worlds Aflame, the Crimson Night Fades "のリリース日を4月24日とする新トレーラーを公開した。スタジオデベロッパーのHoYoverseは、プレイヤーを飽きさせない新エリア、バナー、イベントなどで、テイヴァットの世界を拡張し続けている。最も注目すべきは、『幻影異聞録4.6』第1弾の新バナーとともに登場する、期待のキャラクター「アルレッキーノ」だ。 彼女の初登場は「テイヴァート編幕間のティーザー」: 冬の夜のラッツォ」で初登場したアルレッキーノは、プレイヤーの間で最も期待されていたキャラクターの1人となり、11人のファトゥイ・ハービンジャーのうちの4人目のファンたちは、その印象的なデザインと計算高い性格に魅了された。パッチ4.0でフォンテーヌが追加されたことで、コミュニティの興奮はさらに高まり、メインストーリーのイベントを通してアルレッキーノは思いがけない味方として登場した。当時、ナベはリクルート可能なキャラクターではなかったが、彼女の人を操るような態度やカリスマ的な物腰は、今でも多くの幻影インパクトのプレイヤーに忘れがたい印象を残している。 さて、ArlecchinoはTartagliaとScaramoucheに続く3人目のリクルート可能なFatui Harbingerとして、来たるバージョン4.6でついにバナーデビューを果たします。次期パッチのトレイラーでは、プレイアブル版と敵対版両方のキャラクターが「命の絆」と呼ばれるメカニックを統合して攻撃を強化するKnaveのアクションが紹介されている。プロモーションビデオではArlecchinoのバナーも確認でき、バージョン4.6は数週間後の4月24日にローンチされる。 幻影インパクトの4.6アップデートとその後 バージョン4.6では、新ボスや新キャラクターに加え、古代王国レムリアの遺跡を舞台にした海中エリア「過ぎ去りし時代の海」が追加されます。しゃべる猫の助けを借りて、プレイヤーは沈んだ城を探検し、国を滅ぼすことになった失われた歴史を知ることができる。さらに、4.6のフラッグシップイベント "虹色アラタキ Rockin' for Life Tour de Force of...

フォートナイト、新たなバトルロイヤルアイテムを入手【UPDATE

フォートナイト×アバター:ザ・ラスト・エアベンダーのイベントを開始した後、Epic Gamesはゲームから最近追加されたアイテムを返却日未定で保管します。 つい最近フォートナイトで「アバター:ザ・ラスト・エアベンダー」とのコラボイベントを開始した後、Epic Gamesはアースベンディングがいつ復活するのか全く分からないまま、すでに保管庫にしまっています。数々のティースやリークを経て、待望の「アバター:ザ・ラスト・エアベンダー」のミニイベントがついにフォートナイトに登場しました。今後数週間にわたり、ファンは小さなイベントバトルパスでクエストをクリアし、エアベンダー・アーンの通常形態とアバター状態の両方のスキンを含む、様々なテーマのコスメをアンロックすることができる。 ゲームプレイの観点からは、フォートナイトの「アバター:ザ・ラスト・エアベンダー」イベントは、ベンディング・スクロールという新たなメカニクスももたらした。同フランチャイズに基づき、プレイヤーは試合中に4つの異なるタイプのエレメントに出会うことができ、それぞれのエレメントはウォーターベンディングによる回復、エアベンディングによる機動性の向上、ファイアベンダーによる破壊的なパワーの解放といったメリットを提供する。アースベンドは攻撃と防御の両方の能力をプレイヤーに提供し、土の塊を投げるだけでなく、エリアを守るために壁を設置することもできる。結局のところ、EpicはEarthbendingを強力すぎると判断し、最近追加されたアイテムを保管庫に入れたようだ。 フォートナイトの著名なリーカーである椎名氏は、アースベンディングスクロールが導入から1日も経たないうちに、フォートナイトから突然保管されたと投稿した。他の3つの巻物はまだプレイヤーが見つけて利用することができるが、アースベンディングは完全に姿を消しており、多くの人が何が起こったのか不思議に思っている。椎名さんの投稿に対するコメントは賛否両論のようで、使いにくかったとか、物足りなさを感じたという意見もあれば、そのパフォーマンスからすると驚くようなものではないと嘆く声もある。 Earthbendingが金剛化されました!pic.twitter.com/vIWmvaTnBs- 椎名 (@ShiinaBR) 2024年4月12日。 なぜフォートナイトは 地球曲げを削除したのか? ファンがEpicからの公式説明を待っている間、多くの人がなぜこのアイテムがフォートナイトのオリンピアのパワーの仲間入りをしたのか、保管庫で推測し始めています。一部のプレイヤーは、神話レベルのレアリティであるアースベンディングを含む、より高いティアのバージョンには、いくつかの壊れた要素がある可能性があることを発見しました。プレイヤーが作った建物や構造物を切り裂くことができるだけでなく、壁や構造物に近づいたときに使用すると、その中から土を引き上げて投げることができ、最初に壁を壊さなくても簡単にプレイヤーを殺すことができる。これが、EpicがEarthbendingを削除した理由のひとつでしょう。 現状では、Earthbendingは、4月15日に実施されるEarth Chakraクエストに必要であるという事実もあり、いずれ復活することになるでしょう。それか、Epicが何らかの方法でクエストを修正し、欠けている要素に完全に対処する必要があるでしょう。エレメンツ・クエストの一環として、プレイヤーは各チャクラを「ブロック解除」するために、解放された各セットを完了させることが目標となります。しかし、多くのファンにとって、6つのチャクラをすべてアンロックするための大きな報酬は、フォートナイトプレイヤーのためにアンロックされる特別なアッパ・グライダーである。

World of Warcraft」MODでVRでプレイ可能に

非常に熱心なModderのグループが、World of Warcraftを最新のVRヘッドセットと6DOFトラッキングでプレイ可能にする方法を開発。 高度な技術を持つ改造集団が、「World of Warcraft」をバーチャルリアリティゲームに変身させた。WoVRと呼ばれる彼らのWorld of Warcraft VR MODは、現在無料でダウンロードできる。 このプロジェクト自体は、Flatscreen 2 VRという分かりやすい名前の長年の改造コミュニティから生まれたものだ。この集団は長年にわたり、『バイオハザード4』リメイク、『アムネシア』、『Crysis』、『Portal 2』、その他多くの人気ゲームにVR機能を提供してきた。 ワールド オブ ウォークラフト バージョン3.3.5aがVRでプレイ可能に Blizzardの代表的なMMORPGを本格的なバーチャルリアリティ体験に変換するWoVRという形で、グループの最新の偉業が登場しました。このMODは2010年6月にリリースされたオリジナルの3.3.5aバージョンで動作し、最新のライブサーバー版World of Warcraft Classicでは動作しません。この特定のビルドには、MMORPGの最初の2つの拡張「The Burning...