TSMがTeam Undyingと契約してDota 2に参入

0
570

)

TSMがDota 2に参入、2022年DPCデビューに向けて準備中

有名なesports組織であるTSMは、正式にDota 2のシーンに参入します。TSMはTeam Undyingのロスターを正式に取得し、2022年のDota Pro Circuit Winter Tour Regional Finalsで新バナーのロスターをデビューさせる予定です。

チーム・アンダイは2021年にブレイクし、北米でスーパーチームを結成し、地域の人気者の一人として登場しました。MoonMeanderとDuBuは、ベテランのリーダーシップでロスターの先頭に立ちました。比較的新しい組織でありながら、チーム・アンダイはEvil GeniusesやQuincy Crewなどに追いつくことができました。

チームは、北米予選を経て、The International 10への出場権を獲得した。チーム・アンダイイングは、ファンとチームの収益で全額を賄う独立した組織として参戦した。チームは、いくつかの立派なパフォーマンスを見せる前に、不幸にも早期に解散してしまいました。

Team Undyingは、2022年のDPC期間中、同じメンバーで活動し、ウィンターツアーでは2位に入賞し、3位の記録を更新しましたが、1位には届きませんでした。今回、チームはTSMと契約したことで、資金とリソースの大きな供給源を得ました。

TSMは今回、Dota 2に初めて参入しました。TSMは、League of Legends、VALORANT、旧CS:GO、Apex Legends、Fortniteなど、数多くのタイトルで活躍してきました。Dota 2への参入は比較的新しいものですが、プレイヤーたちは「北米の新時代」を約束しています。