Flo by Flo in
Dota-2

昨日ValveがDota 2の最新パッチを公開しました。

パッチ7.25はヒーローやアイテムに変化をもたらすだけではない。また、キルのための金の式とモードのオールピックとキャプテンズモードが修正されました。

メジャーでなくても新しいパッチ
通常はメジャーの後に大きなパッチがあるだけで、それはDota 2のメタゲームをリミックスしたものです。コロナパンデミックの影響でロサンゼルスメジャーが延期になった後、Valveは昨日新しいパッチを配信しました。

カムバックゴールドのネルフ
最大の変更点は、間違いなく金の公式とゲームモードの調整です。それ以前にもDota 2には「カムバック」という金の要素がありました。自チームが大幅に遅れていた場合、敵サポートのシングルキルでも周りの味方全員に高額の報酬を得ることができました。

現在、開発者のIcefrogは式を削除し、簡略化しています。キルに対する懸賞金は、個人のネットワースと相手のキルストリークからのみ計算されるようになりました。キルへの報酬は、ミスをした時に先頭にいるチームにもっと厳しく罰を与えるのではなく、今はもっと理解しやすく、ゲームから連れ出されたヒーローにもっと縛られるべきだ。

全ピックとキャプテンモードの調整
オールピックはDota 2で最も人気のあるモードであり、そこでの変更はすぐに目につく。オールピックでは、ヒーローを決まった順番で選ぶのではなく、5ラウンドの「ブラインド」ピックが可能になりました。各ラウンドでは、チームは相手がどの選択をするかを見ずに、それぞれ1人のヒーローを選択します。双方が同じヒーローを選んだ場合、2番目に選んだ方は、自分の選択を調整するためのボーナスタイムを取得します。

オールピックのBansも手直しされています。以前のように選択されたヒーローの半分を追放する代わりに、各BANには成功の確率が50%になりました。

Esportシーンで重要な「キャプテンズモード」にも変化が。総出禁数は6本のままだが、1フェイズあたりの出禁数は3/2/1から4/1/1に変更されている。そのため、最初のBANフェイズはかなり強くなるが、キャプテンは後になって相手の作戦を妨害する機会が少なくなる。

ヒーローやアイテムのバフやナーフ

この2つの大きな変更に加えて、毎回のパッチと同様に、ゲーム内のアイテムやヒーローにも多くの変更が加えられていました。アイテム面では、ネルフハンマーが特にバックラー、ヘッドドレス、クリスタリーズ、フォーススタッフにヒットし、バトライダーは特にヒーローズにヒットしました。

一方、ナイトストーカーやアーススピリット、ウルサのファンはバフが嬉しいかもしれません。また、比較的新しいヒーローである「Snapfire」と「Void Spirit」のための「Aghanim’s Scepter」のアップグレードが2つ追加されました。特にSnapfireのAghanim’s Scepterは、多くの創造的な新しい可能性を切り開いてくれました。

パッチノートの全文はこちらの公式サイトで確認できます。

パッチ 7.25 パッチノート

2日後にはWePlay!のチャリティートーナメントが始まります。

新バージョンのテストはお済みですか?今までで一番気に入ったのは何ですか?ソーシャルメディアについて教えてください

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply