ディアブロ4シーズン5、クラシックエネミーの恐ろしい新バージョンを追加

0
9

シーズン5のPTRサーバーにいるDiablo 4プレイヤーは、より強力なバージョンのブッチャーを発見した。ディアブロ・ファンにとってブッチャーは長い歴史があり、フランチャイズを通して多くのゲームに登場してきた敵だ。しかし、ブッチャーがDiablo 4の稀なRNGダンジョンボスとして登場したことで、多くの死者やハードコア・ランの終わりの原因となったとしても、プレイヤーに大好評であることがすでに証明されている。

Diablo 4」の「Loot Reborn」アップデートは大ヒットを記録し、新機能の追加や既存のシステムやメカニックのクオリティ・オブ・ライフの変更により、多くのプレイヤーがゲームを活性化させた。Blizzardは先日、シーズン5のローンチに先駆けて、PCプレイヤー向けに公式PTRサーバーを開設し、新機能の一部をテストした。実際、PRTサーバーではいくつかの未発表の変更も明らかにされており、その中にはDiablo 4の多くのダンジョンで時折見られる、すでに恐ろしい遭遇の強力な新種も含まれている。

TheButcherはDiabloプレイヤーを恐怖のどん底に陥れる、典型的なボスキャラクターである。ダンジョンの扉を開けた時に低確率で出現し、プレイヤーを驚かせ、多くのプレイヤーがその薙刀に倒れることになる。準備が整っていないプレイヤーにとって、ブッチャーは動きが速く、命中率も高いので厳しい戦いになる。

ディアブロ4シーズン5でブッチャーはどう変わるか

シーズン5のPTRサーバーを駆け回っていたRizarjayというコンテンツクリエイターは、「The Infernal Hordes」として知られるDiablo 4の終盤のアクティビティをプレイしている最中に、「Burning Butcher」として知られる敵との遭遇を捉えた。この強化された敵は、マグマに浸されたような角と皮膚を持ち、炎の航跡を残して戦闘に突入してくる。Rizarjayはこの敵をかなり素早く退治することができたが、クリエイターはコメントでファンに対し、この敵はTier 3のInfernal Hordeに過ぎず、彼らが使用していたBarbarianキャラクターはライブ・サーバーの装備ですでにパワーアップしていたと回答している。

Diablo4のファンにとって、楽しみなことがたくさんあるようだ。多くのプレイヤーにとって、来たる拡張版「Vessel of Hatred」はゲームのメインシナリオを継続しつつ、全く新しいクラス「Spiritborn」を導入する予定だ。近い将来、シーズン5はLoot Rebornで始まった勢いを引き継ぎ、新機能やギアの追加、現在のゲーム内メカニックの調整を継続するようだ。例えば、Diablo 4のトレジャー・ゴブリンはより質の高い戦利品をドロップするようになり、Blizzardは1~3個のレジェンダリーアイテム、2~6個のレアアイテム、そしてエリクサーのようなその他のアイテムを確認している