Flo by Flo in
CS:GO

賞金100万ユーロのESLワンケルンは、今年最大級のカウンターストライクイベントです。昨日は24名中18名の参加者が発表されました。

ESLワンケルンです。

各カウンターストライクファンが毎年カレンダーに厚く記されている最大級のカウンターストライクイベントの一つです。しかし、完売したLANXESSのアリーナに15,000人のファンが集まることは、世界的なパンデミックの時代にはありえないことだ。7月6日~12日にオフラインの大スペクタクルとして開催される予定だったものが、主催者によってオンライン形式に変換され、8月21日~30日にバーチャルステージで開催されることになりました。

24人中18人が知っている
昨日、ESLはツイッターで参加予定の18チームを発表しました。アストラリス、チームリキッド、フナティック、G2が賞金総額100万ドルのトーナメントのヘッドラインとなっている。大物4人の他にも、FURIA、Evil Geniuses、Vitalityなど世界トップクラスのチームが参戦します。

ESL ONEケルンの既知の参加者全員が一目でわかる

– Astralis
– Fnatic
– Na’Vi
– G2
– Team Liquid
– Mousesports
– 100 Thieves
– FaZe Clan
– Vitality
– FURIA
– Ninjas in Pyjamas
– Renegades
– Cloud9
– BIG
– TYLOO
– Sprout
– Heretics

ESLワンケルンのシーディングは、通常のHLTVランキングとは少し異なるESLプロツアーのランキングシステムを踏襲しています。例えばバイタリティは、ESLランキングでは世界7位のチームだが、HLTVランキングでは2位。なので、すでに1回戦で絶対的なクラッカーゲームになる可能性があります。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply