Flo by Flo in
CS:GO

Counter-Strike開発者のValveは先日、侮辱のためのチャットフィルターを含む新しいアップデートをリリースしました。似たようなものは、すでにヴァロラントにもあります。

Valorantとの素晴らしい競争にもかかわらず、Counter-Strike: Global OffensiveはeSportsの世界で最も人気のあるシューティングゲームの1つです。毎日何千人もの人々が別のサーバーに集まり、大会やデスマシンの決闘でお互いに競い合っています。その中で、一部のゲーマーが口頭でも書面でも仲間を侮辱することは珍しくありません。

少なくともインゲームチャットに関する状況をコントロールできるようにするために、開発者のValveは新しいアップデートをリリースしています。これにより、チャットは対応するテキストフィルタを取得します。これはあなたの裁量でオン/オフを切り替えることができ、「悪質な」侮辱を排除するのに役立つはずです。

公式パッチノート。

[MISC]
– ゲーム内のコミュニケーション設定「テキストフィルタリング」がデフォルトで有効になっており、テキストチャットで使用される冒涜的な言葉をブロックする機能を追加しました。
– trigger_bomb_reset回帰を修正しました。

他のゲームはどうなの?
もう一つの可能性としては、システムによってランダムに選ばれた場合でも、ステートメントが褒め言葉に置き換えられるValorantがあります。

dot esports」のレポートにあるように、Valorantの例が示すように、他のゲームでも対応策はすでに用意されていますが、一部のクリエイター/スタジオではさらに一歩進んでいます。例えば、Call of Dutyでは、プレイヤーが人種差別的な発言をしたり、著しく攻撃的な発言をしたりすると、直接禁止されます。ロケットリーグでは、現在CS:GOで実装されているようなシステムが開発中です。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply