Flo by Flo in
Call of Duty

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」と「ウォーゾーン」は次のアップデートで小さくなります。最後に、PCプレイヤーはいくつかの機能をアンインストールすることができます。

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェアとバトルロワイヤル・ウォーゾーンは、多くの記憶を食べ尽くしてしまいます。開発者が自認していて、かなりの時間をかけて取り組んできた問題。さて、ようやく良いニュースが出てきました。2020年10月13日にリリースされるパッチ1.28以降は、ゲームの一部を自分でアンインストールすることができます。

開発元Infinity WardのプロダクションディレクターPaul Haile氏がTwitterで発表しました。しかし、彼はまだ細かいことを我慢している。この機能は、おそらくコンソール機と同様の方法で動作するでしょう – プレイヤーは長い間、自分自身でCoDを圧縮することができます。

つい先日、CoDの専門家であるフィルがコラムで要求したのは、「PCゲーマーが本当にハードドライブにゲーム全体が必要かどうかを最終的に自分で決めよう」というものでした。とりあえず、MWのフルバージョンでは250GBまでかかります。

どの機能を削除することができますか?
現時点では、2020年5月からの開発者の古いコメントとコンソール版の体験談だけがこれを示唆しています。おそらくゲームの一部はPCのDLCパッケージに移動して、個別にアンインストールできるようになります。

これにより、必要に応じて特定のゲームモードを個別に削除することができます。地図のような彼らのコンテンツの多くは、 – 無限区によると、多くのメモリを消費する – と任意の言語ファイルは、他のモードでは使用されていません。

なので、マルチプレイモードでしかプレイしたくない人は、ソロキャンペーンをアンインストールしてスペースを節約するのもありかもしれませんね。逆に、キャンペーンにしか興味がない人は、マルチプレイのコンテンツを削除することができるのではないでしょうか。これがどのようにコンソールで機能するのかは、ここActivisionで確認してみてください。

CoDの次はどうするの?
Call of Duty自体は先日PCにサバイバルモードが実装されましたが、これは以前Playstation 4で1年間独占的に提供されていたものです。また、10月上旬よりマルチプレイとバトルロワイヤルの第6シーズンがスタートしました。

シーズン7が続くかどうかは、『Call of Duty Black Ops: Cold War』のリリースが間近に迫っていることから、コミュニティで議論されているところです。ModernWarzoneのような情報筋の中には、新シーズンが来るのはWarzoneだけだと主張する者もいれば、Modern Warfareもまた別のコンテンツアップデートを受けると主張する者もいます。

一方、CoDコールドウォーはPS4のベータ版が終了し、プレイヤーや専門家からの評決はこれ以上に分断されることはありませんでした。ここでは、マルチプレイヤー、ゾンビ、そしてWarzoneの未来について知られていることを読むことができます。

シューターシリーズの次回作が2020年11月13日にリリースされ、10月15日からはPC版Battle.netでもベータが開始されることから、「Cold War」について自分なりの意見を形成することが可能となっています。

 

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply