Michael by Michael in
Call of Duty

コール オブ デューティ」は、「ブラックオプス コールドウォー」の発売に先駆けて、さらなる詳細を公開しました。これらには、今後のバトルパス、コンテンツをWarzoneに統合する方法、再生島マップの再起動などが含まれます。

Call of Duty: Black Ops Cold War」のリリースが目前に迫り、ますます多くの情報が錯綜しています。CoDユニバース』のデイリーニュースが公開されます。肝心のものをまとめてみました。

12月10日から冷戦のバトルパスがスタートします。すでにTwitterでの発表では、アクティビジョンは、今後のブラックオプス冷戦のために多くのことを発表しています。これらには、マップ「ヌークタウン’84」や「2v2ガンファイト」、新マップ武器、新モードなどが含まれています。

再生島からの帰還?
新マップには、コミュニティによって「ヴォズロズデニヤ島」または「再生島」として解読されたマップが含まれます。 すでに前身のブラックオプスでは、マップ上でプレイされていたミッション “Rebirth “がありました。リバース島は生物兵器の実験が行われている場所です。

Black Ops Cold WarがWarzoneのオーナーのための場所であることは、木曜日にActivisionによって正式に確認されました。 ゲーム開発者が「Warzone」と「Black Ops Cold War」の相互作用を詳細に明らかにしています。既報の通り、WarzoneはCold Warから統合されたコンテンツを受け取ることになり、ゲームの進行状況や武器、オペレーター、バトルパスなど多くのレベルで同期されることになります。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply