Stephan by Stephan in
Valorant

10月26日、ライオットゲームズが主催する初のVALORANT大会 “ファーストストライク “の開始の合図が行われます。北米のベストチームが10万ドルでオンライン対戦します。

ライオットゲームズは、月曜日に開催するVALORANTイベント「ファーストストライク」のスケジュールとトーナメント構成を公開しました。出版社自身が主催するスポーツイベント「VALORANT」としては初の試みとなります。すでに10月7日に開催することが正式に発表されています。

最終戦は12月上旬に北米のベスト8チームのみで行われるが、早ければ来週の月曜日には128チームが初のオープン予選ラウンドでの進出をかけて戦うことができるようになる。Riot Gamesは10万ドルの賞金プールを持つFirst Strikeを開催しています。

予選ラウンドに続いて、11月4日から8日までの期間で、上位16チームのうち4チームが本戦への出場権を獲得する1次予選トーナメントが開催される。11月18日から22日まで開催される2次予選では、さらに4つのラインナップが2度目のチャンスを得ることになる。

11月11日から11月15日までのさらなる公開予選では、2次予選イベントの残り12名が事前に決定している。ライオットゲームズがメインイベント自体に舵を切る前に、すべての予選トーナメントはパートナー企業によって開催されます。

メインイベントでは、8つのチームがファーストストライクの王座をかけて戦います。決勝戦は、予選と同様に完全にオンラインで行われ、12月3日から6日まで開催されます。

トーナメントの人気者の中には、これまでに最も成功を収めた北米のVALORANTプロチームが含まれています。センチネルズ、チームソロミッド、クラウド9、イモータルズは、6月にリリースされた大陸のタクティカルシューターで活躍し、トロフィーと賞金の大部分を獲得しようとしています。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply