16.3 C
Berlin
金曜日, 9月 23, 2022

MinecraftがBBC Earthと提携し、Frozen Planet 2の世界を実現

Follow US

80ファンいいね
908フォロワーフォロー
55フォロワーフォロー

MojangはBBCのFrozen Planet 2とのコラボレーションを発表し、Minecraftで探検できる新しい世界を提供します。エデュケーションエディション

『Minecraft』Education Editionに、BBC Earthの番組「Frozen Planet 2」にインスパイアされたワールドが続々登場し、9月21日に第1弾が配信されることが決定しました。2016年に発売された『Minecraft』。Education Editionは、教室の環境を想定し、魅力的でインタラクティブな方法で生徒を教えるための機能を数多く備えています。プレイヤーからは、線香花火や風船など、これらの楽しいおまけがバニラMinecraftに移行することを望む声も上がっています。

2011年にデビューしたBBCの自然ドキュメンタリーシリーズ「フローズンプラネット」は、瞬く間に人気を博し、エミー賞の「Outstanding Nonfiction Series」をはじめ、数々の賞を獲得しました。この成功を受け、第2シリーズ「Frozen Planet 2」が2022年9月11日にデビューしました。制作に4年半を費やした新番組は、全部で6エピソード。

この2つのメディアが一緒になることは、どちらも楽しく、口当たりの良い情報を提供することを目的としているため、非常に理にかなっています。Frozen Planet 2』では、『Minecraft』用に合計5つのユニークなマップが用意される予定です。最初のマップは、9月21日にMinecraft Marketplaceで公開される予定です。それぞれの新しいワールドには、教室に取り入れるためのインタラクティブなレッスンプランが対応し、29の言語で提供される予定です。

本作の新コンテンツは、80個のカスタムMinecraftブロックを使用して作成されており、プレイヤーはさまざまな生き物の視点から世界を眺めることができます。Frozen Planet 2』とのコラボレーションでは、5つの凍てつく世界を探索できるほか、ヒョウ、マルハナバチ、セイウチ、ペンギン、ワシ、シロクマ、カメレオン、シャチの8種類の動物が新たにMinecraftに登場する。

Frozen Planet』シリーズとこの新しい『Minecraft』コンテンツの目的は、持続可能性、気候変動の影響、これらの凍結した生息地で生き残ることの難しさについてプレイヤーに教えることです。そのため、プレイヤーは自然史映画の研究者となって、さまざまな動物の行動を記録し、環境調査を行うことができるようになります。海の色も、より現実を反映させるために通常とは若干異なるものになる予定です。

開発元のMojang社が特定の教育機会をターゲットにしたコンテンツを提供する努力をするのは、今回が初めてではありません。Minecraft: Education Edition」では、「International Women’s Day」のためのレッスンが追加され、コロナウイルスによる閉鎖期間中に家に閉じこもっていた人たちのための無料コンテンツもリリースされた。プレイヤーは、国際宇宙ステーションの探検、人間の目についての学習、海洋生物学者としての体験など、さまざまな体験をすることができました。

Minecraft: Education Editionは現在、Chrome OS、MacOS、iPadOS、PCで利用可能です。

Stephan
Stephan
年齢: 25 才出身地:ブルガリア 趣味:ゲーム 職業:オンラインエディター、学生

RELATED ARTICLES

ポストテスト 一方、「Ready or Not」は「SWAT」の後継作品としてふさわしいか?

Ready or Not はアーリーアクセステストでうまくいかなかった。9ヵ月後、私たちが強く望んでいたゲームプレイをすでに実現しています。 昨年末にアーリーアクセスでリリースされた『Ready or Not』に驚き、アメリカの架空都市ロス・スエノスで対テロ部隊としてプレイした時はとても幻滅した。精神的には偉大なモデルである、古くからあるSWATシリーズや初期のレインボーシックス部分などは、せいぜい始まりの部分しか見ることができませんでした。 さらに、特殊な警察活動の風景に対応するような雰囲気要素はほとんどなく、敵や人質の行動もほとんど理解できず、Aimbotユーザーが嫉妬するようなAIの照準能力もありませんでした。警察官の制服を着た数人のキャラクター、クールなガジェット、派手な武器モデル、「なんとなく」SWATを連想させるゲームプレイは、確かにゲームファンの心をつかんだものの、VOID Interactive社の開発陣には、まだ長い道のりだったことがすぐに明らかになりました。このことは、すでに2019年に公開されたゲームプレイトレーラーで、最終製品と彼ら自身のビジョンを並べたときに、より明確になりました:。 We are SWAT まだ全然テーマに入ってない人のために、最初から説明します。Ready or Not』では、5人のSWATチームの隊員になりきって、一人称視点で描かれます。Special Weapons And Tactics」の略で、アメリカ警察の特殊部隊です。 人質事件や爆破予告、暴動などが起きると、必ずテロ対策の専門家が動き、ドイツのSEK(Spezialeinsatzkommando)に匹敵する。 アメリカの架空の都市ロス・スエノスには、我々の警察本部があります。また、あらゆる犯罪が絶えないホットスポットとして提示されながら、それ以外ではまだ全体的に淡白なメトロポリスが、個々のミッションの背景として機能しています。 現在のところ、ミッション間のキャンペーンや物語的な要素はなく、街は何らかの形で関連しています - しかし、それについては後で詳しく説明します。SWATチームは最大5名で構成されています。一人でプレイして、残りの4枠をAI仲間で埋めるという選択肢もあるんです。 一人プレイでは、コンピュータの仲間を赤組と青組に分け、それぞれ個別に、あるいはマウスの中ボタンのコンテキストメニューで一括して指示を出します。これは今でも非常に有効な手段です。 また、コマンドを連発できる機能(整列、ドアチェック、開錠、スタングレネードでクリアなど)もあります。しかし、現場での実用化はまだ100%うまくいっているわけではありません。 直感的な操作性。 AI仲間との連携は基本的にうまくいくが、道案内はまだ少しクセがある。特に狭い場所では、チームが道を塞いでしまうので、苦労して配置を変えなければならないのが悩ましいところです。しかし、「Ready or Not」がその真価を発揮するのは、人間のプレーヤーと一緒にミッションに挑むときです。メインメニューで、一人で遊ぶか、公開ロビーを作るか、友人だけのロビーを作るかを決めることができます。あるいは、自由にアクセスできるゲームを探します。 ゲーム入力の各形態は簡単に扱え、問題なく動作します。技術面でも同じことが言えます。『Ready...

ポストテスト The Pitt」で「Fallout 76」は一歩どころか二歩も横道にそれている

発売から約4年、Fallout 76は大きく変化しています。最新アドオン「The Pitt」でのゲームの楽しさを、テスト後にお読みください。 このレビューの冒頭を飾るのは、私です。Fallout 76は初めてゲームの光を見たとき、気に入りました。バグだらけでNPCもいない、未完成でエグい状態でも、発売後もずっと夢中でやってました。というのも、私は自由な時間の使い方にとてもうるさいんです。 私を仮想火刑台に乗せたり、煽り文句を言ったりせずにまだ読んでくれているのなら、発売から約4年、前回のレビューから2年、無料拡張版「The Pitt」のリリースを機に、Fallout 76の状況を一緒に見ていこうじゃないか。 良くも悪くも、多くのことが変わりました。とりあえず、今のFallout 76がまだ自分が楽しみ続けられるゲームなのかどうかまで考えなければなりませんね() 2020年以降のFallout 76はどうなっているのか。 前回の再テストでは、2020年の「Wastelanders」アップデートを取り上げました。これにより、ようやくNPCがアパラチアに戻り、平和な入植者や鼻持ちならない襲撃者(あるいはその中間)として落ち着くことになりました。荒廃した世界で、重苦しく、あるいは荒唐無稽なクエストラインを通じて、以前の住人の悲劇的な終焉を追うのではなく、2つの派閥のいずれかに参加し、新たに選んだ仲間と一緒にVaultに侵入することが物語の終盤のハイライトとなるでしょう。 それだけでは物足りないのか、初期バージョンの「鋼鉄の兄弟団」も2020年末のアップデート「Steel Dawn」でゲーム世界に前哨基地を作り、2021年半ばの「Steel Reign」で物語は完結します。 終盤のゲームには、デイリーオペレーションという新しいゲームのネタがありました。これは、大量の敵がいる閉じたエリアを銃撃しながら、時間的なプレッシャーの中でいくつかの小さなタスクをこなしていくものです。早くゴールすればするほど、高い報酬が得られます。近接攻撃でしか倒せない」「退場時に爆発する」など、敵の追加特性は日替わりで変化し、さらなるやりこみ要素になります。 その方が生き残りやすい 2020年半ばに導入されたパブリックチームのおかげで、オンラインで他のゲームエンドとのつながりを簡単に見つけることができ、設定したチームの焦点に応じてタスクを完了すると追加の経験点を受け取ることができます。これにより、同時リリースされたモモンガ鉱山のウェンディコロッサスを中心とした歯ごたえのあるエンドゲームバトルイベントに、他の人と繋がりやすくなりました。 この間、ベセスダはゲームの日常生活に多くの調整を加えてきました。収納クレートの容量を段階的に増やし、ネガティブなステータス特性を取り除くことでサバイバルメカニックをより寛容にし、自分で生産、活用、使用できるものをどんどん増やしています。 2020年9月のOne-Edlands-for-Allアップデート以降、敵のレベルもキャラクターのレベルに合わせて調整されるため、以前の初心者向けエリアに戻ってもFallout 76は少し難易度が高いままです。 レジェンドスキルは、プレイスタイルを洗練させたり、クラフトのボーナスを得たりするのに役立ちます。伝説的な改造を施したとしても、しばしば変化する戦利品の運に完全に依存するのではなく、ランダムな要素を含めて、適切な装備を自分でクラフトするだけでよくなりました。これらの変更の多くは、コミュニティからのフィードバックに対応したもので、ゲームのアクセシビリティを向上させています。現在、『Fallout 76』は豊富なクエストラインとより便利なメカニックのおかげで、発売当時よりもずっと入り込みやすくなっています。 Xのつく文章 - それはたぶん何でもない。 他の場所では、ファンが明らかに足で決めて、特にPvPのコンテンツを残しています。元々、Fallout 76のゲーム世界は2つのバリエーションが用意されていました。一つは、冒険者がアパラチアをのんびりと歩き回ることが許され、最悪の敵としてファイアービーストとバーントコートヤード州を恐れるだけでよいというものでした。サバイバル(PvP)モードでは、他のプレイヤーが最大の危険人物となり、あるいは厄介な大量殺戮者となるのです しかし、このモードは長い目で見るとファンには不評で、2019年にはすでに廃止されています。 その代わりとして、バトルロイヤルのアプローチとして、最後の1チームが戦うデスマッチ「Nuclear Winter」がありましたが、これは2年の時を経て2021年9月に赤鉛筆の犠牲になりました--ここでも、開発チームはPvP乱闘に対するファンの興味を過大評価していたのです。 これまでのゲームで唯一Vault 94を探検できるレイドは、デザインの悪さ、多くのバグ、完全にめちゃくちゃな報酬テーブルに悩まされました。このレイドが、ウェイストランダーズの発売とともに、わずか4分の3年でゲームから削除されたのも不思議ではありません。時間制限や弾薬を大量に消費する戦いという点では非常によく似ているため、小規模ながらストーリー的に十分とは言えない代用品として、おそらく「オペレーションズ」を提供する必要があります。 penunsenのおかげでより実用的になった。 アトミックストアとフォールアウトファーストのサブスクリプションモデルは、先のポストテストですでに批判されていた。ゲーム内ショップでコスメティックアイテムを購入できるほか、修理キットや回復キットなどのゲーム内特典も健在で、『Fallout First』に登場したミニキャンプや無制限のストレージスペースもゲーム内に存在します。 一方、「ウェイストランダー」で導入されたシーズンモデルの進行に、プレミアム通貨「アトム」を消費する可能性が追加されました。特に、エッジの効いた終盤の展開では、このような便利な機能が必要になってくるためです。 Wastelandersのアップデート以降、新しいコンテンツの流れは、常に同じアクティビティを繰り返す方向へ向かっています。3〜4カ月ごとに変わる季節の中で、毎日異なる課題をクリアしていくことで、合計100レベルのポイントを獲得し、初めて上達することができるのです。 特定の敵を倒す、操作やイベントをクリアする、アイテムを修理・生産する、などです。また、「ウェイストランダーズ」以来、高品質の装備を購入するために使用し、毎日のクエストやイベント、作戦で受け取る追加通貨「ゴールドバー」のために、延々と同じコンテンツを噛み砕かなければならないのです。 」。 しょっちゅう新しいイベントが追加されるのに、これではすぐに飽きてしまいます。プライベートサーバーでは、天候、弾薬消費量、PvP設定などのパラメータを自分で設定することで、ゲームに多様性を持たせることができますが、このオプションはFallout...

CoD MW2」の小さな赤い点をめぐる抗議の嵐、今度はGlobalESportNewsが開発者に聞く

『モダンウォーフェア2』では、ミニマップが大きな反響を呼んでいます。特に競技シーンでは、過去の名作機能の復活を求める声が上がっています。 現在、開発元のInfinity Wardへの批判がSNSで山積しています。その骨子は、発売中の「CoD Modern Warfare 2」のミニマップです。 MW2ベータ版で開発者が現状を擁護した後、特に競技シーンやCoDインフルエンサーから怒りと失望が沸き起こりました。その内容を正確にまとめました。 ミニマップってなんだろう。 『CoD モダン・ウォーフェア2』では、通常通り、画面左上にミニマップが表示され、マップレイアウトなど、目の前のゲーム環境の概要を把握することができます。以前のCoDパートでは、サイレンサーなしの武器を撃つと同時に敵もそこに赤いドットで表示されていました。 しかし、近年はこの機能が縮小されています。2019年からの「Modern Warfare」、2021年からの「CoD Vanguard」では、ミニマップにプレイヤーの発砲が表示されなくなった。赤い点は、CoDではキルシリーズ(MW2ではスコアシリーズもある)で獲得できる偵察ドローンがアクティブなときのみ利用可能でした。 現在発表されているもの。 また、Modern Warfare 2の最初のベータ版週末には、プレイヤーが武器を発射した際にミニマップが赤い点で表示されないことがありました。その代わり、コンパスで撮影方向を読み取ることだけは可能です。 マップ上の敵を見るには、チーム内のプレーヤーが偵察用ドローン(UAV)をアクティブにしておく必要があります。開発元のInfinity Wardはこの原則を守り続けており、どうやらシステムを変更する気はないようです。Blogpost)の中で、メーカーはベータ版のフィードバックに触れ、こう書いています。 "ミニマップ決定の背景には、射撃でプレイヤーを罰したくないという理由があります。ミニマップの赤いマークを追いかけるだけでなく、プレイヤーが積極的に射撃音の発生源を探さなければならないようにしたいのです。今後もこの問題に対するフィードバックを注視していきます" モダンウォーフェア2』で大きく進化したのはオーディオシステムで、足音から前作よりもはるかに正確に敵の位置を特定できるようになりました。 批評家のコメント Infinity Wardの声明後、この決定に対する批判が相次いでいます。どうやら多くのプレイヤーは、開発者がこの決定を修正し、赤いマーカーがついたクラシックなミニマップに戻ることを望んでいたようです。 しかし、今のブログの記事は、すぐに変化が見られないかのように読めます。特にYouTube、Twitter、Redditでは、コミュニティの意向を無視したInfinity Wardを非難する投稿が山ほどあります。 CoDのエキスパートとして知られるTheXclusiveAce氏は、「(開発者、編集部注)圧倒的な量の批判を浴びても、これだけ動けないようでは心外だ」と書いています。 コミュニティからのフィードバックがすべて変化につながるとは決して思っていませんが、圧倒的な批判を受けている多くの事柄について、またしても自分たちのやり方に固執しているのを見て落胆しています。https://t.co/q3DT0xv3uS- Xclusive Ace (@TheXclusiveAce) September 20, 2022 YoutuberのFrizzeyesは、「クラシックなミニマップは、Call...