Stephan by Stephan in
一般的な

ソニーはプレイステーション5を動画でバラバラにして全てのパーツを公開しています。コンソールの仕組みや自分で修正できることを説明しています。

ソニーの公式動画では、PS5の個々のコンポーネントが公開されています。ハードウェア設計者の一人が、それぞれのパーツに込められた思いや、自分でどこまでできるかを説明してくれます。

足元を外してコンソールを横置きにしたり、サイドパネルを外すこともできます。その奥にはM.2 SSD用のスロットがあり、収納スペースの拡張に使えます。こんなに簡単にパネルを取り外すことができるということは、おそらく将来的には様々な色やカスタムパネルが可能になるのではないでしょうか。

SSDとその落とし穴
しかし、すべてのSSDがコンソールに対応しているわけではないというキャッチがあります。PS5には当初825GBのSSDメモリが搭載されており、これはマザーボードに永久搭載され、ソニー独自のコントローラーで制御され、最高のパフォーマンスを保証しています。

Call of Duty: Modern Warfareだけでも、Warzoneと一緒に、現在約200GBを食べていると考えれば、ストレージ容量はすぐに限界に達してしまいます。ただ、PCI-E 4.0対応のハードディスクをインストールするだけなので、十分な速度が必要です。

ソニーはまだどのハードディスクがこれに該当するか発表していません。しかし、開発元は特定のハードドライブについては別途認証を発行するという。1つでも買っておけば安心です。

これもコンソールに
動画ではSSD以外にも、Blu-RayドライブやAMD-Zen 2プロセッサ、コンソールの冷却システムなども紹介されています。これまでのコンソールやPCとは異なり、PS5は空気や水で冷却するのではなく、液体の金属で冷却します。

これは、PS4と同じ廃熱システムにもかかわらず、コンソールをはるかによく冷やすことができ、したがって、また、より高いパフォーマンスで実行することができます。でも、そこまでしてコンソールを開くべきではない。カバー裏のネジに貼ってあるシールを剥がしてしまうと保証が切れてしまいます。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply