Michael by Michael in
一般的な

昨年、世界保健機関(WHO)はテレビゲーム中毒を正式な病気としてリストアップした。現在のコロナの発言はプレイを推奨しています。コースの大幅な変更?

WHOは3月20日、コロナ危機の現状についてのブリーフィングを発表した。テドロス・アダノム・ゲブレイエスス事務局長は、行動規範と危機を無傷で乗り切るためのヒントを説明しています。

この文脈に当てはまる一文があると、ゲームの世界では、”音楽を聴いたり、本を読んだり、ビデオゲームをしたりする “ということに気づかされます。これらの対策は、うつ病や孤立感を防ぐことを目的としています。

病気の代わりに重要な対策?
ビデオゲーム中毒が病気であると宣言されて以来、WHOはビデオゲームに対して非常に保守的な立場をとっていると思い込んでいる人もいます。しかし、マスコミが言うのと同じように、組織の立場は変わっていない。ゲーミング障害」の定義では、生活の他の領域をゲームのためにおろそかにしている人に発症するとされています。

つまり、プレイ時間やプレイ時の感情すらも依存症とは関係ないということです。しかし、正確な定義は事実上あらゆる活動に使用することができるため、ビデオゲームの悪魔化として多くの批判を受けています。

現代でも報酬は重要
ビデオと同様に、WHOは実際には現在の声明で非常に穏健なアプローチをとっています。ギャンブルは、定期的な運動などの他の活動と一緒に、冷静さを保つための一つの方法としてしか見られていません。

とはいえ、今ではゲームも本を読んだり音楽を聴いたりすることでWHOにイコールになっているのは好感が持てます。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply